スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山本宮浅間大社の石灯籠

写真一覧へ

◇・・・富士山本宮浅間大社境内に、古い石灯籠がいくつか残されている。楼門前の1対が最も古く、寛文12年(1672)。境内社厳島神社の灯籠が貞享元年(1684)で、それに続くのが写真の灯籠。元禄5年(1692)に奉献され、銘は「富士淺間大菩薩」。

◇・・・浅間大社が祀る富士山は日本有数の神山であり、この山に坐す神は「浅間大神」という。その一方、昔の富士山は神仏が混淆した霊場でもあった。仏教優位の考えでは、富士の神は「浅間大菩薩」と呼ばれ、その本地(本来の姿)は大日如来などとされた。

◇・・・浅間大社もしかりで、かつて社僧が神前で奉仕し、境内には三重塔や大日堂、護摩堂、阿弥陀堂、経蔵などが並んでいた。これら仏堂は大地震や廃仏毀釈で失われ、遺構はほとんど残されていない。石灯籠は、神仏習合時代を物語る数少ない遺産のひとつである。

スポンサーサイト

松山神社(西町)

記事本文へ
名称松山神社まつやまじんじゃ
所在静岡県富士宮市西町10-6(旧:大宮字松山町899)
主神大国主神配神庚申神
創建不詳例祭陰暦7月15日
社地15坪社格旧無格社
神徳不詳
交通JR西富士宮駅より徒歩4分 駐車場無

根原関

記事本文へ

根原(富士宮市)は、駿河と甲斐の国境に位置する交通の要衝。両国をむすぶ甲州街道(駿州中道往還)が通り、昔は関所が設けられていた。駿河国守護今川氏の支配だったが、権勢のうつろいにともない支配権は武田氏、徳川氏と変遷した。

浅間御子明神

記事本文へ

『駿河國神名帳』に「淺間御子明神」なる神々がたくさん列記されている。いずこの神か探ってみた。

三股淵の生けにえ伝説

記事本文へ

田子の浦港(静岡県富士市)の奥、沼川と和田川(生贄川)が合流する場所を「三股淵」といった。竜蛇が住まい、少女を生けにえとしてささげていた、という伝説がある。「生贄淵」とも呼ばれた。

富士山本宮浅間大社 随身像

備考

◇・・・富士山本宮浅間大社楼門に1対の随身像が安置されている。富士宮市文化財(平成5年指定)。ただし、木格子+ガラスでなかば隠れ、人目にはほとんど触れていない。その存在自体、さほど知られていないのではないだろうか。

◇・・・背に「慶長十九年(1614)二月」の銘があり、左像は「甲州河内下山住番匠石川清助作」、右像は「大工 山城國上原住櫻井三蔵作」。色彩あざやかな束帯姿である。面立ちは割合おだやかで、ともに髭をはやし、左像のそれは白く、右像は黒い。

富士山本宮浅間大社 拝殿・幣殿

記事本文へ

浅間大社の表参道をゆくと楼門が現れ、これを入ると拝殿や本殿がたつ。いずれも丹塗りの美しい社殿だ。本殿は国重文、楼門・拝殿・幣殿・透塀は県文指定。先の「御鎮座1200年記念事業」で鮮やかな色彩を取り戻し、玉砂利の白によく映えている。

山宮浅間神社と風の神

記事本文へ

山宮浅間神社には本殿がない。普通の神社で本殿に相当する場所は遥拝所(磐境)となっており、そこから神奈備たる富士山を遥拝し、祭祀を行っている。これは、古い自然信仰の形態を色濃くとどめたかたち、とされる。

一方で世間は、本殿を備えない理由を次のように伝えてきた。

米之宮浅間神社 馬弓神事

写真一覧へ ◇…米之宮浅間神社で1月3日、恒例の「巻藁礼射」「馬弓神事」が行われ、流鏑馬などが披露された。
◇…馬弓神事は、紅葉台木曽馬牧場(山梨県・鳴沢村)が和種馬の保存・繁栄を願い、毎年奉納している。正午、拝殿前で武士装束の牧場関係者と和種馬5頭、神社関係者ら参列のなか、厳かに神事を執行。続いて境内西側へ会場を移し、歩射や天長地久の儀式後、約13m×約20m四方の馬場で流鏑馬を奉納した。烏帽子・直垂装束の射手が走る馬上から的を狙って矢を放ち、みごと命中すると、見守っていた初詣で客から歓声と拍手が上がっていた。(→09年版

阿幸地 悪王子神社

記事本文へ
名称
悪王子神社あくおうじじんじゃ
所在
静岡県富士宮市阿幸地町747
主神
火之御子神
創建
伝:貞観5年(863)
例祭
11月3日
敷地
878平米
神紋
丸に棕櫚の葉(幕)
社格
旧無格社
摂末
石祠、稲荷社、山神社
備考
浅間大社元末社
神徳
火伏せ・火難除けほか
交通
JR富士宮駅より徒歩15分 駐車場無
NEXT≫
ブログ内検索
エントリーリスト
表示中のエントリー
→次
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。