スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日の道しるべ

追記

◇・・・JR芝川町からおよそ8km。山深い大晦日(富士宮市内房)の道ばたに、古い道しるべがある。素朴な自然石に「左天神 ミち 右由井」と大きく刻まれている。建立年月は「弘化三丙午卯月日(1846年4月)」、石工は信州高遠荊口の与吉衛。

◇・・・銘文の「天神」は大晦日の産土神・芭蕉天神宮で、「由井」は東海道由比宿を指す。道しるべのたつ道は、由比と大晦日―やその先の大宮、甲斐―をむすぶ内房街道(入山街道)。いまでこそ人の往来はまれだが、往時は「塩の道」として重宝され、行商の人馬たちが盛んに往来していたらしい。

スポンサーサイト

大晦日の猿田彦太神塔

追記

◇・・・富士宮市内房の山間部、芭蕉天神宮の参道に猿田彦太神塔がある。高さ約54cm、幅約19cmの角柱型文字塔で、文政5年(1822)7月16日の銘がある古い塔だ。参道脇の草むらに隠れ、まったく目立たない。

◇・・・猿田彦は『記紀』に登場する国津神で、邇邇芸命を道案内したことから「導きの神」「道の神」として信仰されている。芭蕉天神宮のそばには由比から大宮、甲斐へ至る「塩の道」が通り、塔の側面には「東海道由比宿江二里半」「内房本村つる橋 當國一ノ宮大宮浅間 富士郡 甲府 身延」の銘文がある。道案内の神として祀られ、往時は道標も兼ねていたのだろう。

富士山本宮浅間大社の石灯籠

写真一覧へ

◇・・・富士山本宮浅間大社境内に、古い石灯籠がいくつか残されている。楼門前の1対が最も古く、寛文12年(1672)。境内社厳島神社の灯籠が貞享元年(1684)で、それに続くのが写真の灯籠。元禄5年(1692)に奉献され、銘は「富士淺間大菩薩」。

◇・・・浅間大社が祀る富士山は日本有数の神山であり、この山に坐す神は「浅間大神」という。その一方、昔の富士山は神仏が混淆した霊場でもあった。仏教優位の考えでは、富士の神は「浅間大菩薩」と呼ばれ、その本地(本来の姿)は大日如来などとされた。

◇・・・浅間大社もしかりで、かつて社僧が神前で奉仕し、境内には三重塔や大日堂、護摩堂、阿弥陀堂、経蔵などが並んでいた。これら仏堂は大地震や廃仏毀釈で失われ、遺構はほとんど残されていない。石灯籠は、神仏習合時代を物語る数少ない遺産のひとつである。

岩本山実相寺の雷神塔

記事本文へ

実相寺の仁王門前に雷神塔がある。門前にひろがる方丈池の端っこに、人目を避けた風にひっそりと鎮座。まるで目立たない。高さ約110cm、幅約50cmの自然石に、「雷神」と力強く彫られている。

飯森浅間神社の狛犬

写真一覧へ ◇…宇東川の産土神である飯森浅間神社の表参道で、1対の狛犬が参拝人を迎えている。白御影石製、高さ約75cm、幅約60cm。昭和19年11月に奉献され、平成17年に劣化した基壇を新調している。
◇…さほど古いものではなく、形状も量産型。ただ、吽形は角を生やしている。富士地区で角(宝珠)付きは大変めずらしく、北松野神明宮や岩淵新豊院など数点しか存在しない。
◇…狛犬は神前守護の役割を担う。一般的に阿吽1対で、中には雌雄1対もある。本来、角付きと角無しが1対となり、角付きを「狛犬」、角無しを「獅子」と呼んだ、という説がある。

町屋原の石仏七観音

石仏

◇…清水区由比の桃源寺本堂前に、石仏七観音(町文)が並んでいる。
◇…文化12年(1815)、信州高遠の石工・北原佐吉による作品。基壇上に敷茄子台と蓮弁をかさね、その上に舟光背型の観音をのせる。向かって左から不空羂索、如意輪、准胝、十一面、馬頭、聖、千手の7体で、経軌に忠実な造り。
◇…いずれも頭部が大きく、どことなく幼くてやさしい表情。胴部はなめらかな曲線が印象的で、衣や手足も丸みを帯びてふんわりとした感じ。

下条の馬頭観音

観音 ◇…下条に鎮座する旧郷社・日吉神社の東方50m、用水路のほとりにたたずんでいる。背後は水田、農村を連想させるのどかな風景。
◇…基壇込みで高さ約106cm、幅約37cm、奥行き38cm。宝暦13年(1763)造立の舟光背型。馬頭らしきもの…(欠損し全容はつかめず)を冠しているので、馬頭観音か。
◇…基壇の上に蓮華座をおき、さらに蓮をあしらった台をはさんで本体が重なる。やや膝を曲げ、手は合掌姿勢。頭部は丸みをおびた輪郭で、弓形の眉にすっきりとした鼻筋、唇はぼてっと厚みがある。じゃっかん憤怒相だが、なかなか男前である。

丘路八幡宮の力石

丘路八幡宮の力石

◇・・・旧青見村の氏神、丘路八幡宮の境内に力石(ちからいし)と呼ばれるふたつの自然石がならぶ。左側は28貫(105kg)、右側は32貫(120kg)もある。

◇・・・力石は古来、農業・漁業の吉凶を占う儀式に用いたものが起源――ともいわれるが、その実よく分かっていない。全国の寺社に点在しており、江戸中期~大正期にかけてもっぱら祭りの余興に青年たちが担ぎ上げて力を競ったため、力石と呼ばれる。丘路八幡宮の大きい石には、担ぎ上げた3人(青見の熊吉、大中里の小野田清、山本の望月勇次郎)の名が刻まれている。

貴船町の道祖神

道祖神

◇…富士宮市貴船町5-5。一帯の氏神で、地名由来にもなった貴船神社の鳥居脇に、ベンガラ色に塗装されためずらしい道祖神がある。
◇…舟光背型の双体道祖神。自然石製の基壇上、高さ約45cm、幅約37cm。銘は見当たらない。じゃっかん上背のある左像が男神、なにか持っている(徳利?)右像が女神だろうか。ともに丸顔、表情は磨耗してうかがえない。

吉原の庚申塔

庚申塔

◇…富士市吉原1丁目。身代わり地蔵尊で知られる陽徳寺の境内。茂った植え込みのあいだ、背後の建物にもたれかかるように、ひっそりと建っている。
◇…笠付き角柱型の文字庚申塔。高さ約132cm、幅約41cm。正面中央に「庚申塔」と刻まれ、下部には三猿があしらわれている。
◇…境内には文政6年(1823)の名号塔や寛政5年(1793)の供養塔も残る。
NEXT≫
ブログ内検索
エントリーリスト
石造物のエントリー
→次
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。