星山・黒田・原田・伝法を歩く

社寺9所お参り。
信孝寺・熊王山神社は初参詣。

午前中は雨空だったため、まったり資料整理。
昼前、止雨したため、いそいそと社寺参詣へ。
これといって計画もないため、
富士宮市星山・黒田をぶらぶら。

その後、夕刻から吉原で所用のため富士市へ行き、
時間調整に2社1寺をお参り。

飯森浅間神社は約2年ぶり。
拝殿の屋根が葺き替えられ(元は瓦葺き)、
壁も補修されてきれいになっていたものの、
樹木が多く伐採されてしまい、なんだか寂しい感じ。
三日市浅間では、可愛いお守りがあったので衝動買い。


倭文神社
富士宮市星山字坊地1。主祭神:健羽雷神、社格:式内社、旧村社。神代、反乱を企てた当地の星神・香々背男を、健羽雷神が討伐。その後、当地に留まった健羽雷神は、倭織・製紙を興して地域発展に寄与したため、守護神として崇め祀られたと伝わる。元浅間大社摂社。(11:48)→掲載


大悟庵
富士宮市星山9。宗派:曹洞宗、本尊:十一面観音菩薩。初め明星山福興寺(大阪久遠寺末)と称したが、兵火に罹って退廃。元亀2年(1571)4月17日、甲斐国深向院3世了月が武田家臣・跡部大炊助に請われ、福興寺跡に伽藍を再建、寺号を大悟庵に改めたという。(12:08)→掲載


星洞山信孝寺
富士宮市星山629。宗派:日蓮宗、本尊:曼荼羅。万治3年(1660)4月、里人・深澤庄右衛門が寺域を寄進して1宇を建立、安居山東漸寺10世日宣が開山となった。宝永4年(1707)、信徒・佐野忠太郎が観音堂を建立、天保12年(1841)に山崩れで壊滅するが、翌年再建。(12:25)


熊王山神社
富士宮市星山字上ノ原186。主祭神:熊王神、旧社格:無格社。創立年月不詳。棟札によると、弘化5年(1848)2月17日に再建している。農林業の神として崇敬され、かつて氏子は年3回、家業を休んで祭祀を行っていたという。昭和27年、倭文神社へ合祀された。(12:35)


鬼子母山自証寺
富士宮市黒田292。本尊:一塔両尊。高原街道沿いに構える日蓮宗寺院。応仁2年(1468)、処刑場だった当地に、里人が仏堂を建てて鬼子母神を祀ったのが起こりと伝わる。天正11年(1583)4月、真野六右衛門が開基となって新たに1宇を建立、日応を招いて寺とした。(13:10)


鷲目山本光寺
富士宮市黒田36。本尊:十界像。文永11年(1274)、イチョウの下で休息をとっていた日蓮に、遠藤夫妻が麦・柏餅・鵞目等を施行。感謝した日蓮、妻女の母乳の出が悪いことを聞くや、これを祈祷で治癒。のちに夫妻の子が日蓮に師事、故事地に本光寺を建立したという。(13:21)


飯森浅間神社
富士市原田字飯森東690。主祭神:木花之佐久夜毘賣命、旧社格:村社。伝承によると、治承4年(1180)の富士川の合戦時、源氏が当社に兵糧を置き兵士に守らせたことから、飯守明神と称するようになった。異説では、河内国の飯守山から飯森明神を勧請した。(14:15)


富知六所浅間神社
富士市浅間本町5-1。主祭神:大山祗命、社格:式内社、旧郷社。富士郡下方を信仰圏とした下方五社の1社。社伝曰く、孝昭天皇2年(前474)に富士山山腹で創祀され、のちに現在地へ遷座。弘仁2年(811)に皇后の安産祈願を奉仕以来、勅願所に定められたという。(14:55)→掲載


松林山妙永寺
富士市浅間上町10-2。宗派:日蓮宗、本尊:一塔両尊四士。六老僧日持が永仁3年(1295)に立ち寄り、説法を行った霊跡。のちに法華題目堂が建立され、日蓮宗の布教拠点となったという。延宝3年(1675)、日和が本堂・妙見堂・尊神堂を建立、現山寺号を公称した。(15:14)

内房・南松野・岩渕を走る

芝川町内房を中心に社寺9所お参り。
本光寺・竜興寺は初参詣。

午後3時から日本平でJリーグ観戦(清水-札幌)。
それまで時間が空いたので、社寺参詣することに。
白糸方面か内房方面かで悩んだすえ、
ふと芭蕉天神宮を参拝したくなり、内房めぐりに決定。
狭い道が多い内房ということで、久々に二輪で巡りました。

一通り内房を巡ったのち、富士川沿いを南下。
風の宮、明見神社に寄り道し、日本平へ。
試合はユース出身勢の活躍により、清水が3-1勝利♪
残留に一歩前進です。


浅間神社八幡宮
富士郡芝川町内房字相沼3388。主祭神:富士浅間大神・若宮八幡、旧社格:無格社。もとは瀬戸島下流の岩山にあったが、のちに尾崎寺沢山へ遷り、さらに穴山信君が嫡男勝千代丸の武運長久と土地の人身掌握を祈り、字宮へ遷座。現在地は当時の奥宮と伝わる。(07:27)


円行山本光寺
富士郡芝川町内房3816。本尊:一塔両尊四士。落合の山手にある日蓮宗寺院。文禄元年(1592)、羽鮒吉祥寺5世・日泉が木目沼で草創、寛永4年(1627)8月、日悟が山寺号をつけて開山となった。天保8年(1737)山崩れで被災、翌年正月に現在地へ移転。(08:01)


景陽山竜興寺
富士郡芝川町内房3716。宗派:臨済宗妙心寺派、本尊:如意輪観音。興津清見寺4世説心が隠居寺として開山。平安末期(推定)の木造阿弥陀三尊像、室町初期(推定)の厨子は町文。阿弥陀三尊像は明治初期に地内から移され、厨子は説心が清見寺より移したと伝わる。(08:10)


芭蕉天神宮
富士郡芝川町内房。主神:菅原道真・久我長通、旧社格:無格社。建武元年(1334)奉幣使として浅間大社へ派遣された久我大納言は、帰京の途次に疝癪を患い、ここ大晦日で急死。遺言により、大納言が信奉した天神を祀り、そこへ遺体を葬ったと伝わる。幣殿・本殿は町文。(08:31)


内房山祥禅寺
富士郡芝川町内房字廻沢4069。宗派:臨済宗妙心寺派、本尊:聖観音。創立年月は不詳。寺伝によれば禅鉄が開基し、200有余年後に徳林西堂が再興したといい、永禄年間(1558~70)穴山信君が大檀那となって中興、庵号を寺号へ改めた。町文に木造韋駄天立像。(09:52)→掲載


大嵐医王殿
富士郡芝川町内房字大嵐。本尊:薬師如来。大嵐集落の小高い地にあり、大嵐医王殿、大嵐薬師堂など称せられる。万治年間(1658~61)、内房山祥禅寺の別院として開創。堂内中央に本尊の薬師如来、その脇を十二神将が固めている。本尊は33年に1度開帳。(10:05)


長遠山本成寺
富士郡芝川町内房2931。本尊:一塔両尊四士。一切経閲覧のため実相寺滞在中の日蓮に、郡代官の内房殿が帰依、自邸に招いた。内房殿の弟で胎蔵寺(真言宗)住持の東林と仏像は、日蓮に法論を挑むも折伏されて改宗、寺号を久成寺へ改号。のち本成寺へ改めた。(10:25)


風の宮
庵原郡富士川町南松野字越越2-1ほか。馬坂の突端にあり、隣接する富士川町都市公園からは街並みと建設中の第2東名を眺望。元禄15年(1703)の『南松野緒神社目録』では「間坂風神」。暴風を防ぐ神として崇敬され、7月25日に五穀豊穣を祈願して祭礼を催す。(11:28)


日向山神社
庵原郡富士川町岩渕1575-2。主祭神:天御中主命、旧社格:無格社。旧称の妙見神社(明見)のほうが通りは良い。伝承によると慶長以前、秀坂長者が愛宕山に勧請。寛文2年(1662)に妙見山へ遷り、明治16年に現在地へ遷座。馬の守護神として信仰されている。(11:54)

八幡宮(下耕地)

記事本文へ
名称八幡宮はちまんぐう
所在静岡県富士宮市青木字下耕地666
主神天照大御神 応神天皇
創建不詳例祭2月15日 10月17日
社地242坪社格旧無格社
摂末石祠5社神徳五穀豊穣・厄除けほか
交通JR西富士宮駅より北西3km 駐車場有

中丸・田子・鮫島を歩く

早朝、富士市の田子浦地区を散策しつつ寺社めぐり。

この辺りは約1年ぶりの再訪です。
中丸から鮫島方向へ旧道を東進し、道沿いの6社寺を参詣。
弁天神社と山神社は初参拝でした。
最後に少し北方の山王さんに行き、8時30分頃終了。
まだまだ暑く、参詣するにはこの時間が限界ですね……。

日中は沼津で所用。
昼食はリコー通りにあるうお亭で、
ランチメニューのスペシャル丼定食(¥995)。
マグロ・ハマチ・エビ・サーモンなどがのり、
ボリューム十分。鮮度良く、味もなかなかです。

↓は駿河湾(06:39)とスペシャル丼定食。


弁天神社
富士市中丸字浜地830-4。主祭神:弁才天、旧社格:無格社。防波堤のすぐ北側、防風林のなかに鎮座する水神で、社殿は駿河湾に向いている。創立年月不詳。明治23年頃、大津波によって流失したが、のちに社殿を見つけ出して再び祀ったという。御神像は八臂の座像。(06:40)→掲載


稲荷神社
富士市中丸字浜地861。主神:宇迦之御魂神、旧社格:無格社。駿河湾に臨む五軒屋地区で祀られ、通称「五軒屋のお稲荷さん」。明治32年に倉稲魂姫命、高龗大神、大山祇大神を合祀。2つの神璽のうち1つは稲荷大社発行。祭礼は田子浦の五大祭りに数えられた。(06:52)→掲載


山神社
富士市田子字道添361。主祭神:大山祇神、配神:菅原道真、旧社格:村社。旧道から北へ参道が伸びており、境内裏手を県道水神田子の浦港線が通る。創立年月不詳。『田子浦の郷土誌』は「創建、天明年間(1781年頃)、小須川畔、天神山より遷座、摂社とする」と所載。(07:11)


鮫島山林正寺
富士市鮫島535。本尊:一塔両尊。防風林の北にある日蓮宗寺院。慶長年間に野中大泉寺12世日鎮が開創(寺伝)、或は貞享3年に日鎮が小庵に山・寺号をつけた(江戸末期の地誌)。明治32年に津波で堂宇流失、昭和6年に再建。境内に海嘯碑、七面堂がたつ。(07:25)


稲荷神社
富士市鮫島字東浜添568-4。主神:宇迦之御魂神、旧社格:無格社。駿河湾沿岸、浜保育園北隣に鎮座。創立年月不詳。現存最古の記録は弘化5年(1848)の棟札で、「南無正一位稲荷大明神」とある。近年、大山咋神・八大竜王を合祀。祭礼は2月初午、お日待ち。(07:35)


愛宕神社
富士市鮫島字西浜添520-1。主神:火産霊神、旧社格:無格社。駿河湾沿岸、防風林の北側に鎮座。元は鮫島日吉神社そばにあり、除地8斗。寛文年間(1661~72)或は寛政年間(1789~1801)に遷座。境内に13基の石仏・石塔が並び、神仏習合の名残とどめる。(07:56)


日吉神社
富士市鮫島字蓮沼416。主祭神:大山咋神、旧社格:村社、旧社領:除地1石4斗。鮫島の産土神で、通称「山王さん」。当地は吾妻鏡に見える源頼朝の御家人・鮫島四郎宗家の出生地であり、当社は鮫島氏の氏神と伝わる。異説では武田配下の郷士加藤氏の氏神とも。(08:15)

柚木・松岡を歩く

早朝、さんぽの道すがら社寺6所参詣。
(富士市西部の柚木~松岡)
すべて再訪です。
↓は雁堤からの富士山(05:32)。

天白神社
富士市柚木字本田206。主神:天白神、旧社格:村社。JR柚木駅徒歩1分。口碑曰く、天降った1寸8分の米3粒のうち1粒を天白と名付けて祀ったのが始まり。戦国期以降、郷士外木氏から庇護され、天正・慶長・寛永・寛文・宝暦年間に社殿の造営・修復が行われている。→(05:23)

雁堤
富士川東岸の堤防。雁が連なって飛んでいるように見えることが名称由来。かつて富士川は、幾筋もの支流を形成しながらもっと東を流れ、頻繁に水害を起こしていた。17世紀初頭、古郡重高が治水事業に着手、孫・重年まで50年余をかけて全長2.7kmの大堤防を築いた。→(05:30)

護所神社
富士市松岡舟場堤敷の内。主祭神:人柱。雁堤上に鎮座し、人柱となった人物を祀る。伝承によると「雁堤築造中、たびたび洪水があり、作業は一向に進展しなかった。そのため、富士川を渡った千人目を人柱にすえ、神の加護にすがった」。社殿のほか人柱供養碑がある。→(05:31)

山神社
富士市松岡字舟場堤敷之内。主祭神:大山祇神・宇迦之御魂神、旧社格:無格社。雁堤の斜面に鎮座し、堤防を背にする。西隣には三光製紙工業の工場。創建年月・云われは不詳。現在の社殿は平成7年の造営、境内に道祖神と立石がある。祭礼は1月15日、10月17日。→(00:35)

水神社
富士市松岡字船場1816。主祭神:弥都波能売神、旧社格:村社。富士川橋のたもとに鎮座。正保3年(1646)、古郡重政が堤防完成を願い社殿造営。もとは西岸にあったが、雁堤築造によって川筋が移ったため、東岸に属するようになった。以南地域に多く分社された。(05:42)→掲載

三重稲荷神社
富士市松岡。主祭神:宇迦之御魂神。富士川橋の南方約300m、朱の鳥居が連なるお稲荷さん。四丁河原下区のほか南・西・上区で祀り、祭礼は2月初午。神徳は家内繁栄・病気平癒などで、とくに子どもの夜泣きに功徳有りと信奉されている。社殿のほか小さな石祠が2基。→(05:47)

香徳山梅岡寺
富士市松岡1629-4。宗派:黄檗宗、本尊:虚空蔵菩薩。宝永5年(1708)開創、開山超宗元格禅師、開基久保田与治平。口碑曰く、富士川橋のなかった時代、増水による川止めで困った旅人がいると、無料で宿泊させたという。境内に享保2年建立の六斉念仏塔がある。→(05:52)

室野 子神社

社叢
子神社の鎮守の森
名 称
子神社[ねのじんじゃ]
所 在
静岡県富士市木島字室野
主 神
大己貴命
創 建
不詳
例 祭
陰暦9月18日
敷 地
144坪
社 格
旧無格社
神 徳
五穀豊穣、商売繁盛ほか
≪PREV
ブログ内検索
エントリーリスト
2008年09月のエントリー
←前
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter(休止)
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録