スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀧川神社

記事本文へ
名称瀧川神社たきがわじんじゃ
所在静岡県富士市原田字滝川1309
主神木花之佐久夜毘賣命配神深淵之水夜礼花神
創建伝:孝霊天皇御代例祭5月1日
社地1,817坪神紋丸に棕櫚の葉
社格式内論社(小) 旧郷社摂末山神社
備考社叢(市保存樹林)神徳安産・子宝・火難除けほか
交通岳南鉄道比奈駅より徒歩13分 駐車場無
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 境外社
  5. 関連リンク・参考文献

下方五社の一

富士郡下方に点在している下方五社のひとつで、原田・今泉・吉永・須津の旧郷社。富士山を崇める浅間信仰の古社であり、江戸期まで「新宮」「原田浅間宮」「富士浅間社」などと号した。また竹取の翁をまつるという縁起もあり、別に「父宮」とも雅称された。

丸に棕櫚の葉
  1. 創祀から中世
  2. 江戸期以降
  3. 祭神および本地仏
1.創祀から中世

伝承によると、第7代孝霊天皇の御代(前290~215)に富士山噴火を鎮めるべく創祀され、第12代景行天皇の御代(71~130)日本武尊が東征のさいに参拝したという。『延喜式』神名帳の「富知神社」にあてる説があり、また『駿河国神名帳』にみえる「正三位十八所浅間御子明神」の1社ともいわれる。

別当・富士山東泉院の『東泉院御由緒書』によれば、大同元年(806)に社殿が営まれ、平城天皇から唐本大般若経や行基作の本地仏が寄進された。また源頼朝の崇敬あつく、治承4年(1180)富士川の戦いに際し戦勝を祈願、建久4年(1193)富士の巻き狩り時には黄金の玉を奉納したと伝えられる。黄金の玉は約5寸あり、2重の箱に納められていたものの、明治初年の混乱期に紛失した。

中世

中世になると、「下方五社」「五社浅間」などの名称で多くの史料に現れる。下方五社は、富士郡下方(現富士市)に点在している有力神社5社の古い総称である。富士山東泉院が5社の総別当職を世襲し、神領や社殿の維持管理、祭祀権を握っていた。

東泉院
富士山東泉院跡(いまは日吉浅間神社が鎮座)

下方五社は駿河国主今川氏からあつく崇敬された。古い記録をみると、今川氏親が16世紀前半、「日吉宮(日吉浅間神社)」の再建に尽くした東泉院をわざわざ称えている。さらに今川義元は5社の社殿修理分として米・銭を寄進し、今川氏真も富士川以東における勧進活動の独占権などを与え、下方五社・東泉院を庇護した。

中世の下方五社・東泉院

16世紀中ごろの東泉院および下方五社の知行高は、米方360俵、代方58貫文。下方五社に社人を5人ずつ配属し、東泉院には院主や学頭僧、宮僧5人がつとめていた。

2.江戸期以降
江戸期

豊臣秀吉は天正18年(1582)12月28日、東泉院に下方五社別当領として190石の朱印地を認めた。この朱印高は徳川政権下も同様に継承された。富士郡下で3桁の朱印高を有したのは、別当東泉院、富士山本宮浅間大社村山三坊のみであった。

なお、これらは表高であり、内高は新田開発を積極的に推し進めた結果、享保14年(1729)の検地で600石へ著増。寛保年中(1741~44)の調査では、朱印地そのほか含め808石、さらに別当領66石を有していたという。

流鏑馬神事

寛文11年(1671)5月の『冨士六所浅間宮年中祭礼之大概』を引くと、このころ瀧川神社では正月、4月、5月、9月、11月に大きな神事を行っていたらしい。次に列記する。

「正月十四日新宮社而奉射有的小的射手役新宮之鑰取六所之鑰取両人而勤之大的射手役六所宮神主今宮之」

「四月辰日新宮之祭礼神供御幣同社鑰取勤之」

「五月会祭礼 朔日新宮之祭礼流鏑馬有御幣役鑰取宮仕勤之大名役劔太夫御子新三郎供僧惣社家中勤之其外役数多有之」

「九月十一日新宮之祭礼」

「霜月祭礼之作法四月同」

うち「五月会祭礼」は、富士山本宮浅間大社の流鏑馬祭と繋がりのあった祭礼で、東泉院主催のもと流鏑馬が奉納された。射手は「下方五騎」がつとめ、流鏑馬料55石5斗は浅間大社が負担した。なお、瀧川神社の流鏑馬は明治期に廃絶している。

明治期以降

明治初期、政府は神仏判然令を発した。これを受けて東泉院住職は復飾して六所氏を名のり、神官となった。下方五社は仏教色を取り除いて神道へ復し、当社は明治6年5月に「滝川神社」へ改称、同8年2月に原田・今泉・吉永・須津の郷社となった。

大正4年に本殿や拝殿を改築、昭和49年に大昭和製紙の齊藤了英氏の寄進により拝殿・幣殿を鉄筋コンクリート製に改めた。

祭神および本地仏
東泉院御由緒書

別当東泉院の『東泉院御由緒書』には、おおむね次のように記されている。

「富士山は三国無双の名山にして国家擁護の霊神ゆえ、浅間宮を数か所に祀って祈祷する必要がある。東泉院が別当をつとめる五社浅間のうち、父宮、母宮六所浅間宮は富士浅間赫夜姫誕生地により、これを祀る」

中世から江戸初期、浅間神社の祭神(=富士山の神)は「赫夜姫」と考えられた。『竹取物語』のかぐや姫である。中世にさかのぼる『神道集』『富士山大縁起』『源氏物語提要』などに記述がみえ、広く知られていた説らしい。こんにちのように富士山の神=木花之佐久夜賣命が定着したのは、江戸中期以降のことだった。

『東泉院御由緒書』もそれを踏襲し、富知六所浅間の祭神をかぐや姫とし、瀧川神社を竹取の翁を祀る社=父宮、今宮浅間を竹取の嫗を祀る社=母宮と表記している。ほか、地誌『駿河記』などにも「号父の宮」と注記があるから、この縁起は割と流布されていたようだ。

『東泉院御由緒書』は続いて、

「大同元年(806)に5社の社殿を造営したさい、平城天皇から唐本大般若経や行基作の本地仏が寄進され、のち嵯峨天皇から空海作の五大尊不動明王が寄進された。嵯峨天皇のころから年2度の勅使下向が始まり、南北朝のころ一時中断したが、駿河国主の今川範国が勅使代として復活させた。5月の神事では、1~3日にかけて父宮、母宮、六所浅間宮で10騎による流鏑馬を執行する」

と記す。唐本大般若経や本地仏、五大尊不動明王は『富士山大縁起』にも記述があるものの、残念ながら散逸している。祭礼に関しては実際、明治維新まで駿河国惣社(静岡浅間神社)より国方奉幣使が参仕し、奉幣していた。

五社記

中世後期以前の内容と考えられている『富士山大縁起』の「五社記」には、

一  日吉宮 卯日 八幡 金色幡 朝日
二  新宮 辰日 愛鷹 赫夜妃誕生之処
三  今宮 巳日 犬飼神
四  六所宮 午日 浅間 惣社
五  新福地宮 申日
同  大宮 申日 (※備考:金剛界 千手観音)
   山宮 未日 (※備考:不動尊)

とある。これは、4月・11月の神事順を示している。日吉=日吉浅間神社、新宮=瀧川神社、今宮=今宮浅間神社、六所宮=富士六所浅間神社、新福地宮=入山瀬浅間神社を指し、大宮は富士山本宮浅間大社、山宮は山宮浅間神社を指す。日吉から山宮まで、繋がりある神事として行なわれていたようだ。

続いて、次のように列記されている。これは下方五社の本地仏を示している。

日吉本地 浅間宮 八幡宮
愛鷹宮
阿弥陀 観音 勢至
新宮本地 初名新山今名
愛鷹山新宮
毘沙門 千手 薬師
今宮本地 初名今山今名愛鷹山今宮
(※『富士山大縁起抜書』)
不動 薬師
六所本地 惣宮 金剛界大日
新福地本地 福地宮
浅間宮
薬師

瀧川神社を「新宮 辰日 愛鷹 赫夜姫誕生之処」とし、その本地仏は「初名新山今名愛鷹山新宮 毘沙門・千手・薬師」と載せている。

「新宮」は瀧川神社の旧称のひとつで、「辰日」は祭日。「愛鷹」は祭神であり、縁起では竹取の翁を指す。つまり、瀧川神社はかぐや姫の生誕地であり、竹取の翁を祭神にしていた。先に触れた『東泉院御由緒書』の「父宮」は、この竹取の翁に由来する。

滝川観音堂

瀧川神社の後方に観音堂があり、千手観音(市文化財)が祀られている。いまは妙善寺(臨済宗妙心寺派)が管理しているものの、同寺建立前は村山系の修験が関わっていたらしい。

千手観音

この観音堂は、鎌倉期の文保元年(1317)10月11日に再建されている。この時の大発願主は頼尊だった。

頼尊は富士山の修験者で、「般若上人」とも呼ばれた。俗名は分からないが、『富士大宮司系図』によると浅間大社大宮司・富士直時の従兄弟にあたる。鎌倉期に富士行を興し、一般人にも登山を勧めたとされ、村山修験の中興の祖。村山と同じく本山派修験に属した須津多門坊の開祖頼尊や、東泉院の『富士山大縁起』を書写した正別当頼尊も同一人物と目されている。

瀧川神社は、頼尊ゆかりの東泉院が管掌した古社である。しかも「千手」を本地とした。神社と観音堂の位置関係や縁起を鑑みれば、観音堂はかつて瀧川神社の本地堂だったのではなかろうか。

緑濃い社叢に包まれ

岳南鉄道比奈駅で降車。根方街道を越えて御崎坂と呼ばれる傾斜のきつい坂を上ると、やがて瀧川神社の森が見えてくる。駅から徒歩10分といったところ。裏手に滝川観音堂、東隣に吉原第三中学校があり、東150mには『竹取物語』由来と伝える竹採公園がある。

境内はクスやスダジイ、イヌマキなどの緑濃い社叢(市保存樹林)に包まれ、神域独特の厳かさを保っている。ただ、さほど広くはない。諸施設に貸与され、神社そのものはずいぶん狭まったようだ。往古はもっと広く、おそらく隣り合う中学校の地も含まれていたに違いない。

鳥居
明神鳥居。春日製紙工業社長の寄進

樹下の明神鳥居をくぐり、広く短い参道を歩くと空がぽっかりとひらけた。日がさんさんと差している。そこに灯籠、手水舎、狛犬、そして社殿が建つ。いずれも昭和期造立と新しく、大昭和製紙(現日本製紙)や春日製紙工業など地元製紙会社による奉献物が多い。

境内風景
境内風景。社殿は大昭和製紙社長の寄進
灯籠
灯籠。昭和58年、大昭和製紙奉献

神域の後方には滝川観音堂と妙善寺がある。観音堂は室町期には存在し、のち妙善寺が寄りそうように建った。「縁起」で触れたが、観音堂は当社の本地堂だったに違いないとわたしはみている。御堂の後ろの山神社(祭神/大山祇神)は瀧川神社の境外社だ。

山神社
山神社
境内風景
社頭
社頭風景
参道
表参道
灯籠
灯籠
手水
手水舎
境内
境内風景
狛犬
狛犬。昭和56年生まれ
拝殿
拝殿。昭和49年改築
拝殿
齊藤了英大昭和製紙社長の寄進
千鳥破風
千鳥破風
本殿
本殿覆屋

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
山神社

瀧川神社の北200m、原田字大金免1852番地に鎮座している。南は臨済宗妙善寺と接し、北は東名高速に面する。祭神は大山祇神、旧無格社。口伝によると享保年間(1716~35)の創祀で、旧暦9月17日が祭礼日だった。勾配のきつい坂道に石垣があり、その上に鬱蒼とした社叢が広がっている。

山神社
山神社
参考文献 駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌、明治神社誌料、郡誌編集資料原田村、原田村沿革誌、静岡縣富士郡誌、富士郡神社銘鑑、静岡縣神社要覧、静岡縣神社志、淺間神社の歴史、全国神社名鑑、富士市の神社、富士市のまつり、富士山縁起の世界、角川日本地名大辞典、日本歴史地名体系、富士山東泉院頁での参考文献
(フォト最終撮影日:平成24年11月25日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。