スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下方五社

記事本文へ

下方五社は、駿河国富士郡下方庄(現・富士市)に点在している有力神社5社の総称。いずれも浅間神社であることから「五社浅間」ともいう。かつては富士山東泉院が総別当職をつとめ、神領や社殿の維持管理、祭祀にあたっていた。

丸に棕櫚の葉
  1. 下方五社
  2. 下方五社の歴史
  3. リンク
下方五社

下方五社(五社浅間)は、次の5社を指す。富知六所浅間神社瀧川神社今宮浅間神社日吉浅間神社入山瀬浅間神社

古くは神仏習合の社だったが、廃仏毀釈のさい仏教色は一掃され、こんにちは純然たる神社となっている。

富知六所浅間神社

通称、三日市浅間神社。社伝によれば孝昭天皇2年(前474)富士山腹で創祀され、のち現在地へ遷座。弘仁2年(811)皇后の安産祈願を奉仕以来、勅願所に定められたという。領主の庇護をうけ、とりわけ今川氏の崇敬はあつかった。◆所在地/富士市浅間本町5-1。主祭神/大山祗命。社格/式内社、旧郷社。

富知六所浅間神社
瀧川神社

創祀は詳らかでないが相当の古社とされ、源頼朝が約5寸の黄金の玉を奉納したと伝えられる。江戸期まで「浅間神社」「富士浅間社」「新宮」などと称したほか、竹取の翁を祀り「父之宮」とも号した。社領は五社別当領から12石。◆所在地/富士市原田字滝川1309。主祭神/木花之佐久夜毘賣命。旧社格/郷社。

瀧川神社
今宮浅間神社

富士山溶岩流跡に鎮座。今宮・神戸・一色の産土神。『駿河国神名帳』に列する「正三位十八所 浅間御子明神」の1柱と目される。古くは神宮寺を備え、摂社40社を管掌、服織庄(静岡市)にも神領を有した。武田氏の兵火にかかり衰微。◆所在地/富士市今宮字西村387。主祭神/木花之佐久夜毘買命。旧社格/村社。

今宮浅間神社
日吉浅間神社

下方五社別当職だった東泉院の跡に鎮座し、俗に「とうせんげん」。今川氏や徳川氏ら権勢者から崇敬され、今川氏親は日吉社再建に尽力した東泉院を称え、徳川家康は慶長20年(1601)に奉幣したという。江戸期は神領15石9斗。◆所在地/富士市今泉1436。主祭神/木花咲耶姫命・大山咋神。旧社格/村社。

日吉浅間神社
入山瀬浅間神社

『駿河国神名帳』に列する「正三位浅間御子明神」と目される。大同元年(806)に下方五社が再建されたさい、大般若経を奉納されたと伝え、かつては応永2年(1395)銘の鰐口を所蔵。江戸期は、例祭に国方奉幣使が参仕した。◆所在地/富士市入山瀬字久保上344。主祭神/木花之佐久夜毘賣命。旧社格/村社。

入山瀬浅間神社
下方五社の歴史

次に、下方五社の歴史を探ってみよう。5社それぞれに社伝はあるが、ここでは下方五社の総別当職をつとめた富士山東泉院の『東泉院御由緒書』『五社記』に焦点をあてる。

東泉院御由緒書

『東泉院御由緒書』は、

「富士山は三国無双の名山にして国家擁護の霊神ゆえ、浅間宮を数か所に祀って祈祷する必要がある。東泉院が別当をつとめる五社浅間のうち、父宮、母宮、六所浅間宮は富士浅間赫夜姫誕生地により、これを祀る」

と、紹介している。注目は、父宮、母宮、赫夜姫のくだりだろう。

中世から江戸初期、浅間神社の祭神(=富士山の神)は「赫夜姫」と考えられた。『竹取物語』のかぐや姫である。中世にさかのぼる『神道集』『富士山大縁起』『源氏物語提要』などに記述がみえ、広く知られていた説らしい。こんにちのように富士山の神=木花之佐久夜賣命が定着したのは、江戸中期以降のことだった。

『東泉院御由緒書』もそれを踏襲。六所浅間宮の祭神をかぐや姫とし、瀧川神社を竹取の翁を祀る社=父宮、今宮浅間神社を竹取の嫗を祀る社=母宮と表記している。

さらに、次のように続ける。

「大同元年(806)に5社の社殿を造営した際、平城天皇から唐本大般若経や行基作の本地仏が寄進され、のち嵯峨天皇から空海作の五大尊不動明王が寄進された。嵯峨天皇のころ年2度の勅使下向が始まり、南北朝のころ一時中断したが、駿河国主今川範国が勅使代として復活させた。5月の神事では、1~3日にかけて父宮、母宮、六所浅間宮で10騎による流鏑馬を執行する」

唐本大般若経や本地仏、五大尊不動明王は『富士山大縁起』にも記述があるものの、散逸している。勅使代に関しては実際、明治維新まで富知六所浅間神社の祭礼に、駿河国惣社(静岡浅間神社)より国方奉幣使が参仕していた。

五社記

中世後期以前の内容と考えられている『富士山大縁起』の「五社記」には、

一  日吉宮 卯日 八幡 金色幡 朝日
二  新宮 辰日 愛鷹 赫夜妃誕生之処
三  今宮 巳日 犬飼神
四  六所宮 午日 浅間 惣社
五  新福地宮 申日
同  大宮 申日 (※備考:金剛界 千手観音)
   山宮 未日 (※備考:不動尊)

とある。これは、4月・11月の神事順を示している。日吉=日吉浅間神社、新宮=瀧川神社、今宮=今宮浅間神社、六所宮=富士六所浅間神社、新福地宮=入山瀬浅間神社を指し、大宮は富士山本宮浅間大社、山宮は山宮浅間神社を指す。日吉から山宮まで、繋がりある神事として行なわれていたようだ。

続いて、次のように列記されている。これは下方五社の本地仏を示している。

日吉本地 浅間宮 八幡宮
愛鷹宮
阿弥陀 観音 勢至
新宮本地 初名新山今名
愛鷹山新宮
毘沙門 千手 薬師
今宮本地 初名今山今名愛鷹山今宮
(※『富士山大縁起抜書』)
不動 薬師
六所本地 惣宮 金剛界大日
新福地本地 福地宮
浅間宮
薬師

注目は富士六所浅間神社の注釈「惣宮」。

先の神事順にも「惣社」とあるが、惣宮や惣社は、特定地域の神社祭神を一か所に勧請・合祀した社のことである。

富士六所浅間神社の場合、社名の「六所」を「6社から勧請・合祀した」と解釈すれば、前述の「日吉宮」「新宮」「今宮」「新福地宮」「大宮」「山宮」が該当社に浮かび上がる。

それを裏付けるように現在、富士六所浅間神社の配神である大山咋神・深渕之水夜禮花神・阿波乃神・高龗神・木花之佐久夜賣命は、それぞれ「日吉宮」「新宮」「今宮」「新福地宮」「大宮」「山宮」の各社で祀られている。

大山咋神 日吉宮(日吉浅間神社)
深渕之水夜禮花神 新宮(瀧川神社)
阿波乃神 今宮(今宮浅間神社)
高龗神 新福地宮(入山瀬浅間神社)
木花之佐久夜賣命 大宮(浅間大社)、山宮(山宮)
※山宮は大宮の旧跡=同神

富士六所浅間神社は、これら神社祭神を合祀し、「惣社」としての性格を備えていたのだろう。江戸期まで、富士山本宮浅間大社の大祭に参仕した国方奉幣使が、その往き帰りに富士六所浅間神社へ参仕していたことも、同社が富士郡において重要な立場にあったことを示している。

参考文献 駿河記、駿河志料、浅間神社の歴史、富士市の神社、行人塚、富士市立博物館「六所家総合調査速報展」、六所家総合調査だより、富士山縁起の世界、下方五社各社頁での参考文献
(フォト最終撮影日:下方五社各社頁と同じ)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。