スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多度大社

両宮
多度山の自然に抱かれ、ほぼ向かい合う本宮と別宮
名 称
多度大社[たどたいしゃ]
公 式
所 在
三重県桑名市多度町多度字宮地1681
主 神
(本宮)天津彦根命 (別宮)天目一箇命
創 建
不詳
祭 礼
例祭:5月4~5日 夏祭り:7月下旬 ふいご祭り:11月8日 流鏑馬祭り:11月23日ほか
敷 地
29,500坪
神 紋
五七の桐
社 格
式内社(名神大) 旧国幣大社 別表神社
備 考
神宮寺伽藍縁起並資財帳1巻 金銅五鈷鈴 銅鏡30面(国重文)、太刀 短刀(県文)、上げ馬神事(県民俗)
神 徳
産業開発・商工業繁栄・金属工業・農業水産守護ほか

産業開発の神として信仰される北勢第一の社

多度山と鳥居
神奈備・多度山と大鳥居

養老山地の南端、標高403.3mの多度山南麓に鎮座し、本宮に天津彦根命(天照大御神第3皇子)、別宮に御子・天目一箇命をまつる。天照大御神との関係から、伊勢神宮に対して「北伊勢大神宮」と称され、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」と詠われ、朝廷・庶民の信仰を集めた大社である。

神代より神奈備だった多度山に、初めて社殿が築かれたのは5世紀後半。天平宝字7年(763)には日本で3番目の神宮寺が建立され、のちに寺院70坊・僧侶300余名を抱える大寺へ発展した。朝廷の崇敬もあつく、神位昇階、遣使奉幣がくり返され、『延喜式』では桑名郡唯一の名神大社。戦国期、兵火にかかり荒廃したが、桑名藩主・本多忠勝が復興に尽力、旧観へ復した。

於葺門
本宮・別宮前に於葺門

深緑の神域は、緩やかに流れる落葉川の清流に沿って多度山を上がっていく。枝葉のあいだから差す陽はやわらかく、耳にとどく水音が心地よい清浄な境内だ。深部に「多度両宮」の扁額を掲げた於葺門がたち、少しさきで落葉川と交差。対岸では迫る山肌を背に、本宮・別宮両殿がほぼ向かい合って鎮座している。

例大祭は5月4・5日の多度祭。南北朝期に起こったという流鏑馬神事や上げ馬神事、神輿渡御などが催される。とくに著名なのは、県民俗の上げ馬神事。氏子から選ばれた花笠・鎧姿(4日は陣笠・袴姿)の少年騎手6名が、人馬一体となって高さ2m余の絶壁を駆け上がる勇壮な神事であり、上がった頭数で農作物の豊凶を占う。また、11月8日には別宮のふいご祭りが行われる。

境内
参拝者が禊したみそぎ滝と宮川清めの池(境外) 落葉川の御手洗場(境内)
境内
県道5号の大鳥居 上げ馬神事の坂 隣に参道石段
境内
左:本神楽殿、右:参道。本神楽殿より深部は神さびた雰囲気
境内
本宮の多度神社 別宮の一目連神社
境内
本宮脇を流れ落ちる落葉川 本宮となりに磐座 両宮間に注連縄張った岩場

神使の白馬&境内社

神使は白馬。1500年前からここに棲み、多度山の神に人々の祈りを届けているという。「流鏑馬祭り」や「上げ馬神事」など祭礼にも馬関係が多く、なかでも上げ馬神事は、馬の行動から神意を判断して農作物の豊凶を占うもの。また、境内の神馬舎にサラブレッドの錦山号が仕え、白馬舎では神馬を祀っている。

境内
絵馬の図柄も白馬 神馬舎の神馬・錦山号 白馬まつる白馬舎

摂社は、美御前神社、新宮社、一拳社の3社。末社は、神明社、皇子社、雨宮八幡社、藤波社、鉾立社、招魂社の5社。

◆美御前社(うつくしごぜん)=祭神:市杵島姫命。例祭:6月17日。祭神は本宮の御妹神。耳や鼻、帯下の患い治癒に霊験あらたかと信仰され、穴のあいた石を奉納する習慣がある。◆新宮社=祭神:天津彦根命幸魂、天目一箇命幸魂。階段を上がった正面に鎮座。本宮・別宮の幸魂を祀る。◆一拳社(ひとこぶし)=祭神:一言主神。例祭:9月3日。社務所の背後に鎮座。以前は傍らから湧水していたといい、その水は眼病に効験有りと伝えられる。

摂社 摂社 摂社
女神に相応しい華やかな社殿の美御前社。穴のあいた石を奉納
摂社
摂社・新宮社 摂社・一拳社

◆神明社=祭神:天照大御神。例祭:10月17日。於葺門の左後ろに鎮座。◆皇子社=祭神:正勝吾勝勝速天之忍穂耳命、天之菩卑能命、活津彦根命、熊野久須毘命、多紀理毘賣命、多岐津比賣命。例祭:8月8日。祭神は、本宮及び美御前社祭神の兄弟神(天照大御神と須佐之男命の御誓約で出現した神々)。◆雨宮八幡社=祭神:天之水分神、国之水分神、品陀別命。例祭:7月16日。手水舎隣に鎮座。大正6年、水分神社と八幡社を合祀。◆藤波社=祭神:須佐之男命、大穴牟遅命、少彦名命。例祭:4月18日。神馬舎隣に鎮座。◆鉾立社=祭神:天久之比乃命。境内入口に鎮座。祭神は本宮の御子神。(桑名宗社の祭神)◆招魂社=祭神:3,716柱の英霊。例祭:4月3日、10月3日。

末社
末社・鉾立社 末社・藤波社 末社・雨宮八幡社
末社
末社・皇子社 末社・招魂社 末社・神明社

由来端緒

本宮の多度神社(天津彦根命)と、別宮の一目連神社(天目一箇命)、それに3摂社・6末社で構成。天津彦根命は、天照大御神の第3皇子で、北勢地方を拓いた桑名首の祖神(『新撰姓氏録』)。天目一箇命は、天津彦根命の御子で、『古語拾遺』によると伊勢忌部氏の祖神。時に応じて「一目竜」と呼ばれる龍神に姿をかえ、天高く昇って慈雨を恵むと信仰されているため、神殿に扉を設けていない。多度大社は、かつて「多度両宮」「多度大神宮」などと称したほか、天津彦根命と天照大御神の関係により、伊勢神宮に対して「北伊勢大神宮」と称され、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」と詠われた。

神代より背後の多度山(標高403.3m)を神奈備として崇め、5世紀後半、雄略天皇の御代に初めて社殿が建立されたと伝わる。社域東方の磐境から銅鏡30面が発見されており、この磐境が最古の鎮座跡と推測されている。『多度神宮寺伽藍縁起並資財帳』によれば、神仏習合思想の起こりによって天平宝字7年(763)、私度僧満願が日本で3番目となる神宮寺(法雲寺)を建立。のちに国分寺に準ずる扱いを受けて発展、寺院70坊に僧侶300余名を抱える大寺となった。神・寺領は伊勢国桑名郡・三重郡から尾張国海部郡にわたったという。

朝廷の崇敬もあつく、嘉祥3年(850)9月10日に宮社、同10月9日には名神に選ばれ、『延喜式』神名帳では明神大。後一条天皇の御代、東海道六社(多度・熱田・浅間・三島・香取・加島)に数えられ、天皇即位後の寛仁元年(1017)10月20日には一代一度の大奉幣に預かっている。神階は延暦元年(782)10月に従五位下へ進み、天長10年(833)4月正五位下、承和6年(839)12月正五位上、承和11年(844)6月従四位下、貞観元年(859)正月27日正三位、翌2年17日従二位、同5年6月26日正二位、建仁元年(1201)2月従一位。弘長元年(1261)には正一位に昇叙している。

中世になると社勢はいくぶん衰えるが、それでも国司北畠氏の加護を受けるなど、まずまず順風だったようす。ところが元亀年間(1570~73)、織田信長と長島一向宗徒が対立。このとき、宗徒に組した土豪・社寺たちが多度大社で信長調伏を祈願したため、織田勢の報復を受けて社寺ともに焼失、社頭は荒廃した。下って慶長6年(1601)、桑名藩主となった本多忠勝が復興に着手、神領30石を寄進するとともに神事も再興。以後、歴代藩主のあつい庇護を受けて旧観へ復した。明治6年に県社へ列格、大正4年に国幣大社へ昇格。

参考文献 公式パンフレット、境内掲示板、明治神社誌料、日本社寺大觀神社篇、神社事典、全国神社大要覧、全国神社名鑑、神詣で、角川日本地名大辞典、日本歴史地名体系
(フォト撮影日:平成17年12月18日、19年1月13日、20年10月4日)

トラックバック

- 2013年11月26日 15:40

-

管理人の承認後に表示されます

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。