スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼津神社

境内
深緑と白砂のコントラストが印象的な境内
名 称
焼津神社[やいづじんじゃ]
所 在
静岡県焼津市焼津2-7-2
主 神
日本武尊
配 神
吉備武彦命 大伴武日連命 七束脛命
創 建
伝:反正天皇4年(409)
祭 礼
大漁祈願祭:1月1日 御注連下し祭:8月1日 御沓脱祭:8月12日 御神楽祭:8月12日 例大祭:8月13日ほか
敷 地
3,655坪
神 紋
三つ巴 五三の桐
社 格
式内社 旧県社 別表神社
備 考
焼津神社獅子木遣り(県民俗)
神 徳
漁業守護、諸願成就ほか

日本武尊東征の伝説地

社頭
社頭風景

漁業・水産加工業で知られる水産都市、焼津。古くから漁が盛んなこの街で、漁業に霊験あらたかと信仰を集めるのが、「入江さん」こと焼津神社である。日本武尊東征のおり、当地の豪族の火攻めに際し、向かい火を放って窮地を脱した故事が焼津の地名由来とされ、その事跡に日本武尊と随行者を祀っている。

『総国風土記』によると反正天皇4年(409)の創祀で、『延喜式』神名帳に「益頭郡 燒津神社」、『駿河国神名帳』に「正四位下 燒津明神」と所載。室町期以降、「入江大明神」の称号で氏子・漁民から尊信され、また武神を祀ることから今川・徳川両氏ら武門の庇護もあつかった。今川氏親は神領500石を寄進したと伝わり、徳川家康は神領70石寄進のうえ、本殿を再建した。

拝殿
白砂が敷きつめられた広い参道

県道沿いの大鳥居をくぐると、広く明るい境内。掃き清められた白砂利の参道が緑豊かな社叢に映え、じつに清爽な風景である。緩やかに左へ曲がりつつ100mほど行くと、控えめな色合いの木造社殿。傍らでは御神木が威風堂々とそそりたち、裏参道には「大漁満足」を祈願した江戸期奉納の常夜燈が点在している。

「東海一の荒祭り」で知られる例祭は8月12・13日。12日に御神楽祭や碁石御供、総代2名が幼児を持ち上げて転がす「神ころがし」(国選択)が行われる。13日には、白装束の男衆が神輿2基を担ぎ、「アンエットン」の掛け声とともに激しくもみあう勇壮な神輿渡御。行列の先頭は雌雄2頭の獅子頭で、続いて手古舞姿の少女たちが、獅子の胴を支えながら獅子木遣り(県民俗)をうたう。

境内
鳥居及び参道 御神木 日本武尊像
拝殿 本殿
昭和9年再建の入母屋造り拝殿 本殿は流造り。文化14年(1817)再建
裏参道
裏参道。鳥居と玉垣、大漁満足祈願の常夜燈(入江大明神銘。慶應2年、同、寛政10年)

旧跡(御沓脱)および摂末社・境内社

御沓脱
御沓脱

焼津神社の北東300m、住宅地の一角に「御沓脱」がある。日本武尊が東征のおりに御沓を脱いで休息をとった場所と伝わり、このとき老女が小麦飯を奉じたという。

摂社は、境内に市杵島姫命社(市杵島姫命)、飛地境内に須賀神社(須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命、及び明治42年5月合祀の三峰神社)。末社は13社で、浅間神社(木花開耶姫命)・竈神社(奥津彦命・奥津姫命)・天王社(健速須佐之男命)・八幡社(誉田別命)・橘姫社(橘姫命)・春日社(建御雷神・經津主命・天児屋根命・比売神)・稲荷社(宇迦之御魂神)が七社合殿、市神社(猿田彦神)・天神社(景行天皇)・天白神社(大日霊尊)・藤之宮神社(宇迦御魂命)・王子神社(日本武尊王子)が五社合殿、それに稲荷神社(祭神:宇迦之御魂)。

境内社は3社。焼津天満宮(菅原道真公)、焼津御霊神社(第2次大戦前の焼津市出身戦没英霊2,500余柱)、郷魂祠(皇道産業焼津践団〈鰹節加工船団〉の殉職者300余柱)。ほかに本殿後方、市杵島姫命社後方にひとつずつ祠が祀られている。

須賀
飛地境内摂社の須賀社?。境内に市保存樹のクロマツ
境内
摂社・市杵島姫命社。灯籠は文化5年6月銘 末社・七社合殿
境内
末社・五社合殿 末社・稲荷神社 境内社・焼津天満宮
境内
境内社・焼津御霊神社 境内社・郷魂祠 小祠2棟

由来端緒

記紀にみえる日本武尊東征の事跡(囲み参照)に尊を祀り、随行した吉備武彦命・大伴武白連命・七束脛命を併祀している。『総国風土記』によれば反正天皇4年(409)の創祀で、『延喜式』神名帳に「益頭郡 燒津神社」、『駿河国諸郡神名帳』には「正四位下 焼津明神 坐益頭郡」と所載された。往古は東南数kmの地に鎮座していたが、しだいに海へ変じたため現在地に遷ったと伝わる。また、諸文献には宝珠「水石・火石」の存在が記され、これは日本武尊が所持していたもので、一説に摂社弁財天(市杵島姫命社)の神体だという。

「焼津」の地名は、『古事記』『日本書記』の日本武尊東征伝説に起因する。『日本書記』いわく、当地に至ったさい火攻めにあった日本武尊は、「天叢雲剣」で草を薙ぎ払い、向い火を放って窮地を脱した。以来、天叢雲剣は「草薙剣」、当地は「焼津」と名付けられた。(『日本の神々 神社と聖地』は、焼津周辺は天然ガスの埋蔵地なので、古代噴出したガスに引火、燃え続けたことから「焼津」と名付けられ、それが記紀の説話に繋がったのではないか、と推測している)

室町期以降、「入江大明神」と称され、この称号は明治初期まで継続した。武神を祀っているためだろう、武門から崇敬され、とくに今川・徳川両氏からあつく庇護されている。今川氏親は社領500石を寄進したと伝わり、今川氏真は永禄4年(1561)6月11日、神田耕作の百姓が社殿修理費用を納めず、神主鈴木次郎左衛門が借銭して造営したことを「神妙之至」と称え、借銭分の本利を加算して徴収することを認めている。徳川家康は慶長7年(1602)12月10日に焼津郷70石を寄進、翌年には本殿を再建した。

また、漁業に霊験あらたかと氏子の崇敬もあつく、神鏡8面や猿田彦能面、大漁満足祈願の常夜燈など、多くの奉献記録が残されている。興味深いところでは、嘉永7年(1854)正月、外国船が沖合いに出没したことを受けて、氏子地域6か村(城之腰・鰯ヶ島・北新田・焼津・焼津北・新屋)の村役人が、「神仏信心のほか手だてなし」と1月22日から24日まで2夜3日のあいだ拝殿へ参籠、外国船再来を防ぐよう祈祷している。社僧寺は真言宗入江山長福寺。

明治天皇御東幸のおり、官幣使差立の先触状があったものの、官道より遠隔のため沙汰止みとなる。明治6年3月郷社、同16年6月県社に昇格。昭和41年7月、別表神社となった。

参考文献 境内掲示板、焼津神社略記、東海道名所図会、駿河記、駿國雑志、修訂駿河国新風土記、駿河志料、明治神社誌料、静岡県志太郡誌、静岡縣神社要覧、静岡縣神社志、日本社寺大觀神社篇、全国神社名鑑、神道体系、神社事典、神道事典、式内社の研究、日本の神々 神社と聖地、焼津市誌、焼津市史、島田市史、静岡大百科事典、静岡県子ども民俗誌、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典
(フォト撮影日:平成18年~20年。最終10月13日)

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。