スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七間町 別雷神社

拝殿
「安倍の市」の守護神
名 称
別雷神社[わけいかづちじんじゃ]
所 在
静岡県静岡市葵区七間町14-6
主 神
別雷神 玉依姫命
配 神
保食命 大山咋命 火之迦具突知命 大穴貴命 少彦名命 猿田彦命
創 建
伝:応神天皇4年4月
例 祭
5月14日
敷 地
314坪
神 紋
二葉葵
社 格
式内社 旧郷社
神 徳
祈雨止雨、厄除、農業守護他
交 通
JR静岡駅より徒歩15分 駐車場無

「安倍の市」の守護神
府内の文庫・町会所が置かれた

外観
青葉通りに面する

「焼津辺に わが行きしかば 駿河なる 安倍の市道に 逢いし児らはも」――『万葉集』に収蔵された春日蔵首老の1首である。「安倍の市」は往古、静岡市中心街の七間町、人宿町、梅屋町、上石町辺りにあったとされる物資交流の市。七間町鎮座の別雷神社は、この市の守護神として奉齋されたと伝えられる。

社伝によれば、応神天皇4年(273)勅によって創建され、大宝3年(703)に安倍の市の守護神となった。中世、諸武将があつく尊信。武田氏は永禄年間(1558~70)に社殿を再建、徳川家康は慶長年間(1596~1614)に宝刀を寄進した。江戸期は「正一位稲荷社賀茂神社」「兩祖大明神」などと称し、府中96か町の産土として崇敬され、境内に府内の文庫、町会所が置かれた。

拝殿
2階建ての鉄筋コンクリート製社殿

神域は青葉通りに面する。ビルの谷間に埋もれた境内は薄暗く、脇の小道は雑多な雰囲気ただよう「いかづちおでん街」。石鳥居をくぐると、それほど広くはない境内に、大きな2階建て社殿。1階は社務所、正面階段を上がると拝殿設備だ。賀茂系の神社に相応しく神紋は二葉葵。狛犬や賽銭箱などに刻まれている。

例大祭は毎年5月中旬(13日前夜祭、14日本祭、15日御儀)。本社筋にあたる京都上下賀茂社の祭礼にちなみ、「葵祭」あるいは「賀茂祭」と呼ばれ、中心繁華街で神輿渡御などが行なわれる。昭和初期編さんの『静岡縣神社志』によれば、上下賀茂社が社殿・祭具などに桂・葵を挿し飾る風習を踏襲。賀茂別雷神社より桂・葵を取り寄せ、参列者の胸につけたという。

鳥居 狛犬 手水
鳥居及び参道 狛犬。下部に神紋 手水舎
扁額 賽銭 神座
拝殿扁額 神紋つき賽銭箱 拝殿内部
境内 本殿
拝殿からのぞむ境内 流造りの本殿

由来端緒

式社「大歳御祖神社」の論社。一説には『三代実録』所載の「元慶2年4月14日、授駿河國正六位岐都宇神火雷神並従五位下」に該当するとも。社伝によれば、応神天皇4年4月、勅により創建され、大宝3年(703)に物資交流の市「安倍の市」の守護神となった。宝亀3年(772)4月28日、光仁天皇から堤中納言をもって官幣、疫病除け・雷除けの御勅書を賜り、神位昇階(『類聚國史』)。

中世、諸武将が尊信。文安2年(1445)8月、足利将軍は有度郡三澤郷、遠江国浜名郡坂上郷、三河国碧海郡那谷踏郷を寄進(『室町殿日記』)。武田信玄は永禄年間(1558~70)に社殿再建。同家の朱印状に、元亀元年(1570)6月の神領安堵状(雷宮屋敷1間並びに神領5貫文)、天正9年(1581)10月の武運長久祈願文。穴山梅雪は直筆の三十六歌仙を奉納したといい、徳川家康は慶長年間(1596~1614)に備前長船作の宝刀を寄進。旧神領は40石。

江戸期、社殿修理は駿府城代・城番・加番・勤番・代官その他氏子の寄附でまかなった。また、社中に府内の文庫があり、駿府総町中の会所となっていた。別当は龍相山雷電寺(当山派修験)。本地堂に本尊文殊菩薩、観音堂に楊柳観音が安置されていたが、明治期の神仏分離令で他所に移された。

社号の変遷

現在、別雷神社と称し、別雷神・玉依姫命を主神とする賀茂系の社である。ただ、江戸期の地誌『駿河記』は「正一位稲荷社賀茂神社2座。一云大歳御祖神社。また兩祖大明神と唱、或は雷神と云」と紹介。明治末期の『明治神社誌料』も「舊と雷社と称す、又加茂稲荷社、別雷社、稲荷大明神、加茂大明神、雷神、兩社大明神とも」と載せている。

江戸後期の地誌『駿河國新風土記』や『駿河記』『駿国雑誌』は、当社を式内社「駿河國 安倍郡 大歳御祖神社」にあてた。『駿河記』は、まず市場の守護神たる大歳御祖神(神大市姫命)が祀られ、後世、稲荷社と呼ばれるようになった。そこへ、有度郡加茂村で祀られていた賀茂神社を合祀した、とする。

他方、『式社備考』や『式社略記』は、中古に有度郡加茂村から遷座し、のちに稲荷社を併祀した、とする。他には、同じ式内論社の大歳御祖神社(奈吾屋明神)から勧請されたとし、『駿河国神名帳』の「従五位上奈吾屋火雷地祇」にあてる説もある。

参考文献 駿河記、駿河国新風土記、駿国雑誌、明治神社誌料、静岡縣神社要覧、静岡縣神社志、静岡市史、静岡中心街誌、全国神社名鑑、神道体系、式内社の研究、しずおか町名の由来、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典
(フォト撮影日:平成18年6月3日、20年1月19日、21年1月17日)

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。