スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香久山妙法寺(毘沙門天)

記事本文へ
名称妙法寺みょうほうじ [山号:香久山こうきゅうざん] [通称:毘沙門天びしゃもんてん
所在静岡県富士市今井2-7-1(毘沙門町620)
宗派日蓮宗本尊一塔両尊
創建伝:寛永4年(1627)開基渡部彦左衛門
開山日深上人本寺身延久遠寺
寺紋日蓮宗橘、毘沙門輪宝鎮守毘沙門堂
備考旧暦正月7~9日:大祭(だるま市)
交通JR吉原駅、岳南鉄道吉原駅より徒歩15分 駐車場有
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 地下洞窟
  5. 大祭(だるま市)
  6. 関連リンク・参考文献

福徳・開運の毘沙門天

日蓮宗橘
毘沙門輪宝

東海道筋の日蓮宗寺院。俗に「毘沙門さん」。正しくは妙法寺といい、「毘沙門さん」は本来、鎮守堂を指すが、みな寺ごと「毘沙門さん」と呼ぶ。旧暦正月7~9日の大祭は「3大だるま市」のひとつとして知られ、露店と参詣者でごった返す境内は、押すな押すなの人の波。

大祭は日本三大だるま市の1つ

妙法寺の開創は江戸初期の寛永4年(1627)。身延山25世日深が田島村に建立し、「田島山妙法寺」と号した。

下って延宝8年(1680)の台風高潮で中吉原宿とともに流されたが、元禄10年(1697)今井村の渡部彦左衛門が、身延山31世日脱らの助力を得て妙祥寺(現・富士市中央町)跡地に移転再建。30年後、境内地8町余りが除地となった。

一方毘沙門堂は、平安末期に富士修験の道場として開かれた説があるものの、詳らかではない。

毘沙門天像の由来も曖昧模糊。江戸後期の『駿河記』は、武蔵国の武家が所有していた霊験あらたかな像を、日脱の弟子日乗が護法神に迎えた、と所載している。そのほか、鎌倉期に安置された、海岸に漂着した像を漁師が祀った、などなど。

徳川家、諸大名が庇護

寺伝によれば江戸期、お万の方や紀州徳川頼宣が深く信仰したことから、徳川家の庇護を受けた。

元禄年間(1688~1704)、江戸城本丸から将軍の武運長久を祈念して御前立毘沙門天像が奉納され、正徳2年(1712)には7代将軍家継の病平癒祈願のため、堀山城守、早川佐渡守、本間豊前守らが御奉書を下附。また、参勤交代で街道を通った諸大名の庇護を受け、寺勢はおおいに隆盛したという。

明治以降は大祭がひろく知られるようになり、東海道本線開通の恩恵も受けて、多くの参詣者で賑わうようになった。明治42年に県知事へ提出した書類に「正月三月両縁日ハ静岡沼津間ニ臨時列車ヲ発スルノ盛況ニシテ…」とみえ、大正期『元吉原村誌』『静岡縣富士郡誌』にも同様の記述がみえる。

大祭中
にぎわう大祭中の境内

アジア各国の様式を取り入れた諸堂

毘沙門天(=インド伝来の神)を祀っているからだろうか。境内の諸施設は神仏、さらにはアジア各国の様式が渾然一体となり、まことに混沌とした景色が広がっている。

まず、旧東海道に面する階段を上がると、石鳥居が参詣者をむかえる。扁額には「南無妙法蓮華経」。日蓮宗の寺なのだから題目は自然だが、鳥居との組み合わせはとてもめずらしい。

石鳥居
東海道に面する階段を上ると石鳥居

参道をすすむと再び階段。左右に毘沙門天ゆかりの虎が座し、上がりきったところに身祓い用の毘沙門天像がたつ。続いて極彩色の中国風香炉が置かれ、奥に和式の毘沙門堂と客殿。毘沙門堂は木造入母屋造りで、向拝の七福神透かし彫りがすばらしい。

毘沙門堂の右手はインド・パキスタン式の本堂・道場がつらなり、左手にはネパール式目玉塔まである。目玉塔地下は延長150mの洞窟となっており、七福神や中国陶器画などが飾られている。

虎像
階段左右に毘沙門天ゆかりの虎像
境内
毘沙門堂、竜神洞、客殿、練成道場
境内風景
境内風景
境内風景
境内風景
参道
東海道に面する参道
鳥居
階段を上ると鳥居
参道風景
参道風景
虎像
毘沙門天ゆかりの虎像
境内風景
境内風景
絵馬
絵馬。だるまがシンボル
銭洗いの池
銭洗いの池
身祓い
身祓い用の毘沙門天
毘沙門堂
毘沙門堂
客殿
客殿、錬成道場
七福神
毘沙門堂の七福神透かし彫り
毘沙門堂内部
毘沙門堂内部
お祓い中
お祓い中
妙法寺本堂
妙法寺本堂
鐘楼堂
鐘楼堂

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示

地下洞窟

毘沙門堂の東隣にネパール式目玉塔がある。地下は延長150mの洞窟となっており、七福神の像や中国陶器画、幸福の鍵、各種絵画などが飾られている。

目玉塔

大祭(だるま市)

大祭の起こりは江戸中期にさかのぼると考えられ、だるま市の始まりは約100年前という。福徳富貴を司る毘沙門天に、縁起の良いだるまを結びつけて売り出した――とか。

こんにちは「日本3大だるま市」の1つとして知られている。期間中、門前の旧東海道は歩行者専用となり、沿道・境内には露店がずらり。終日、売り子の活気あふれる声がひびく。

だるま市
参考文献 駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、郡誌編集資料 元吉原村誌、静岡縣富士郡誌、富士市の寺院、富士市の仏教寺院、静岡県仏教会名鑑、日蓮宗寺院大鑑、日本名刹大事典、吉原宿周辺史跡案内、鈴川の歴史、季刊わがまち、富士市のまつり、ふじ まつりとたべもの、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典
(フォト最終撮影日:平成23年12月4日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。