スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星山大悟庵

記事本文へ
名称大悟庵だいごあん [山号:明星山]
所在静岡県富士宮市星山9
宗派曹洞宗本尊十一面観世音菩薩
創建伝:弘仁3年(812)開基俊山霊龍大居士
開山了月玄禅師本寺天澤山深向院
寺紋丸に抱き茗荷 五七の桐鎮守倭文神社 観音堂
備考観音開帳:3月第3日曜日、駿河一国三十三所観音霊場第27番札所 駿河・伊豆両国三十三番観音霊場第20番札所 富士横道観音霊場第35番札所 駿河国地蔵霊場第26番札所
交通JR富士宮駅より徒歩25分 駐車場有
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 末寺
  5. 関連リンク・参考文献

春、十一面観音書画像を開帳

丸に抱き茗荷
五七の桐

富士宮市の南部、星山丘陵の一角に倭文神社、観音堂と甍を並べている曹洞禅刹。本尊は十一面観音。中世から連綿とつづく春の観音画像開帳が近郷近在に知られ、「星山の観音さん」の呼び名で親しまれている。

空海開基の伝承

寺伝によると、はじめは「明星山福興寺」という真言宗寺院(摂津国久遠寺の末)だった。

いわく、弘仁3年(812)空海が南方の明星山清水平で百日行を修めたさい、明星が降ったことから山を明星山、里を星山と名付け、星山に福興寺を建立した。これが大悟庵の起こりという。

明星山福興寺は七堂伽藍を備えるなど隆盛したが、中世兵火にかかり荒廃したという。その跡地に元亀2年(1571)4月17日、甲斐深向院3世了月が甥の武田家臣・跡部大炊助勝資の帰依をうけて伽藍を再建。曹洞宗に改め、大悟庵と号した。

下って天正18年(1590)12月28日、豊臣秀吉から朱印領9石ならびに山林竹木などの諸役免除を安堵された。この朱印は徳川政権下もかわらず引き継がれた。

江戸期は小本山、色衣着用の格。末寺は松林寺(星山/廃寺)、不死山岳松寺(光町)があった。

観音堂

境内の観音堂は、古くから観音霊場として知られ、駿河一国や富士横道など複数の巡礼札所となっている。尊主は大悟庵と同じく十一面観音。3月中旬、裏手斜面で約30m×15mの白布に描いた観音座像を開帳し、檀徒や愛好家らでにぎわいをみせる。

観音画像開帳

なお、観音堂は「倭文神社の本地堂だった」とする説がある。よって開帳される布観音について昭和初期の『大宮町誌』は、「木綿布を以て之を作るは機織の祖神倭文神社に何等かの縁由あるに似たり」と記し、やはり倭文神社との関連性に着目している。

【駿河一国観音霊場27番】御詠歌「富士おろし 迷いの雲も ふき払う 月日とともに おがむ星山」。【駿河・伊豆両国横道観音霊場20番】。【富士横道観音霊場35番】御詠歌「天下る 星の光や よく経ても 消えぬ御法の ためしなるらん」。

倭文神社、観音堂とならぶ

大宮と岩本をむすぶ街道から、星山放水路ぞいに富士川方向へおよそ1km。放水路をふちどるV字谷(星山丘陵)の中段に、緑林を背にした寺域が広がる。市中心部からさほど離れていないものの、一帯は山林と耕作地の比重が大きく、のどかな山里の感が強い。

山寺号を刻んだ門柱の先に観音堂の石段があり、その左手に倭文神社の石段、さらに左へゆけば大悟庵の山門につく。3堂社が横一列に並ぶかたち。山門をぬけるとすぐ後ろに鉄筋コンクリート製の本堂が建ち、さらに裏山が覆いかぶさる風に迫っている。

寺域遠景
寺域遠景。左から大悟庵本堂、庫裏、倭文神社社叢、観音堂
本堂と山門
本堂と山門

観音堂は江戸中期の入母屋造で、桁行3間×梁間4間。象や獅子、亀、菊花などの彫刻が向拝を飾っている。黒味を帯びた木肌は趣があり、鉄筋コンクリート製の大悟庵本堂とは対照的。以前は茅葺きだったが、10年ほど前に銅板葺きへ改められた。

観音堂
観音堂と貞享5年(1688)の石灯籠

境内は丘陵斜面に位置するだけに窮屈な感は否めないが、そのぶん見晴らしはいい。放水路対岸のなだらかな翠黛や、山林の向こうからのぞく富士山を一望できる。また4月下旬になると、住職栽培の牡丹300株が大輪を咲かせ、境内は参詣者で賑わいをみせる。

ぼたん
ぼたん
境内風景
入口
寺域入口
参道
大悟庵参道
眺望
参道からの眺望
眺望
山門前からの眺望
山門
山門
本堂
本堂
本堂と山門
本堂と山門
境内風景
境内風景
観音堂
観音堂。左隣は倭文神社
裏山からの眺望
裏山からの眺望
灯籠
寛文12年(1672)灯籠と小祠
用水路
境内を流れる用水路
石地蔵
石地蔵

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示

不死山岳松寺
立安寺

永禄2年(1559)沼久保で開創された(『にのみや』)。もとは岩本永源寺末だったが、いつしか堂宇大破・不住となった上に本寺から遠く不便だったため、延享元年(1744)星山大悟庵末となり、翌年堂宇を再建。大正年間、現在地へ移転した。◆所在地/富士宮市光町11-25。宗派/曹洞宗。本尊/地蔵菩薩。

参考文献 境内石碑、駿河記、駿河志料、大宮町誌、富士宮市の伝統建築、星山の伝説と歴史、月の輪、季刊わがまち、沼久保区誌、富士山南西麓編 史跡・史話、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典、静岡県宗教法人名簿
(フォト最終撮影日:平成23年4月24日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。