スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東比奈 諏訪神社

記事本文へ
御神体石と御神木
名 称
諏訪神社すわじんじゃ
所 在
静岡県富士市比奈字禰宜の前1506
主 神
健御名方富神
配 神
大山祇神
創 建
不詳
例 祭
10月16・17日近く
敷 地
280坪
社 格
旧村社
備 考
社叢(市保存樹林)
神 徳
五穀豊穣、盛業繁栄ほか
交 通
岳南鉄道岳南富士岡駅より徒歩6分

神体石とシイの古木をまつる
例祭には荒々しい「大龍の舞」奉納

社頭
社頭風景。社叢は市保存樹林

吉永第一小学校の東で根方街道を北へ折れ、校庭を横目に細道を100mほど辿ると諏訪神社の木立が現れる。小学校の鬼門にあたり、同校の鎮守風な立地。吉永第一小は明治6年に比奈医王寺で開校し、同36年に現在地へ移転した。移転地選定では、諏訪神社の位置を考慮したのかもしれない。

神池にかかる小橋をわたり鳥居をくぐると、平らな土の境内がひろがる。神域を縁取るように古木が並ぶものの、真ん中部分は空がぬけて明るい。鳥居から拝殿の間はちょっとした広場。子供たちのかっこうの遊び場らしく、男の子たちが缶蹴りに興じていた。未舗装なのは、子らが駆け回ることを考慮しているのだろう。

立派なコンクリート製拝殿の裏手に、御神体の立石と御神木のシイが祀られている。神体石まわりには円形石も10個ばかりゴロゴロ。むかしから本殿はなく、立石を御神体としてきた。境内社の風神社や疱瘡神も自然石をもって御神体としている。

岩座
神体石と円形石

創祀年月は詳らかでない。

伝承では、源頼朝が富士川の合戦のさいに参拝して金穀を献じたといい、諸郷土誌は安元年間(1175~76)創建(伝)としている。もっとも、この類の社伝は当地域ではありふれたもので、むろん真偽は分からない。

確かなところでは、境内に「諏訪大明神」と刻まれた享保20年(1735)、寛保2年(1742)の石灯籠がある。また、幕末の『駿河志料』には「祠なく、長2尺5寸程の石を建、左右に經23寸、或は56寸許の圓石を置」とあり、いまと変わらない様相だったことがわかる。

諏訪信仰の本源は、長野県の諏訪大社。全国の分社は5千社とも、1万社ともいわれる人気の高い信仰である。けれど富士地区では希少で、法人登記社は当社を含めてわずか2社。シェアは1%にも満たない。

いわば信仰圏から外れた比奈の地に、どのように諏訪社が祀られたのだろうか。諏訪神を信仰した武田氏が駿州を支配した16世紀後半に建てられた、あるいは甲信から移住した人が勧請した――あたりか。近くの医王寺に武田家臣山本勘助の供養碑があるし、武田関係と何かしら関わりがあったことは想像に難くない。

神池 鳥居 公孫樹
社頭に神池 橋を渡ると明神鳥居。かたわらに大きなイチョウ
境内 境内
土の境内。子らが元気に遊んでいた
拝殿 岩座
昭和41年竣工の拝殿 本殿はなく、立石とシイをまつる
狛犬 灯籠 シイ
昭和41年奉献 寛保2年、享保20年 歳月を感じさせるシイ
大龍 大龍
例祭で奉納される大龍の舞。スサノオとヤマタノオロチの神話を元にする

境内社・境外社

境内社は4社。

諏訪神社岩座の東隣に天神社。祭神は菅原道真。トタン屋根の覆屋に木製祠が祀られている。以前は古くなったひな人形が納められ、どんど焼きや例祭のとき境内で燃やしたという。なお、岩座西隣にも覆屋があり、天王祭の神輿を安置している。

岩座を囲う玉垣の外、東側に山神社(旧無格社)がある。祭神は大山祇神。字禰宜前1543番地(吉原商業高の西側)から遷座。昭和初期の『富士郡神社銘鑑』には「創建年月不祥、境内53坪、崇敬者32名」とある。玉垣の西側には風神社。祭神は志那都比古神、志那都比売神。自然石を御神体にしている。

諏訪神社拝殿の東側に疱瘡神(最近、玉垣外側に移動)。祭神は疱瘡神。円形の自然石を神体とする。むかしは諏訪社神域の手前東側に祀られていた。

天神 風神
天神社 風神社
山神 疱瘡
山神社 疱瘡神
境外社

字山神戸1674番地(吉原商業高の入口)に山神社がある。祭神は大山祇神、旧社格は無格社。文政年間(1818~30)建立と口碑され、『富士郡吉永村神社明細』に「境内47坪、崇敬者10戸」、『富士郡神社銘鑑』に「崇敬者53人」と載っている。明治40年、諏訪社に合祀。

山神 山神
参考文献 保存樹林標識、拝殿落成石碑、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、富士郡吉永村神社明細、吉永村史稿、富士郡神社銘鑑、吉永村の沿革史、富士市の神社、吉永地区神社の歴史、富士市のまつり、富士の郷土刑能 大龍の舞
(フォト撮影日:平成19年12月1日、20年12月27日、21年9月20日、10月3日)

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。