スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒竹浅間神社

記事本文へ
社頭の台輪鳥居(大正7年奉献)。奥は神楽殿
名 称
浅間神社 [通称:寒竹浅間神社]
所 在
静岡県富士市富士岡字権現原1484
主 神
木花佐久夜毘賣命
配 神
寒竹権現
創 建
伝:永禄年間或は慶長元年
例 祭
10月17日近く
敷 地
987坪
神 紋
棕櫚の葉
社 格
旧村社
備 考
社叢(市保存樹林)
神 徳
家門繁盛 子孫長久 夫婦和合ほか
交 通
岳南鉄道岳南富士岡駅より徒歩8分 駐車場無

旧称は「子神権現」「寒竹権現」
旧西宗高村(のち旧富士岡村)の村社

社殿
崖面にたつ本殿・拝殿

吉原商高と地続きの小高い地に、木花佐久夜毘賣命を祀る浅間神社がある。境内に、寒中に芽をだす竹が生えていたため、古くは「寒竹権現」といい、いまも「寒竹浅間神社」と呼ばれる。

里人・八郎右衛門が、屋敷神として子の権現――薬師十二神将の子神(『駿河志料』)――を祀ったことに始まるとされ、その時期は永禄年間(1558~69)、あるいは慶長元年(1596)と伝えられる。のち寛文検地のさい、八郎右衛門の後裔が1反9畝26歩の土地を寄進し、1石3斗5升1合が除地となった。

江戸期は「子神権現社」「寒竹(漢竹)権現社」などと称したが、明治4年ごろ浅間神社に改められた。同45年編纂の『吉永村史稿』には「相殿 寒竹権現」とあるから、木花咲耶姫を主神として勧請し、元来の寒竹権現(子の権現)を相殿神としたようだ。

浅間神社になった事由は明らかでない。

ただ、江戸後期の地誌『駿河記』の漢竹権現社項に、興味深い伝承が載っている。「(前略)翁が赫夜比美を竹間にてひろひし其跡なれば之を祀りたるなり」。

中世から江戸期、村山修験系の浅間神社は、赫夜姫を祭神とした。竹取物語のかぐや姫である。村山浅間神社三日市浅間神社などが赫夜姫を祀り、瀧川神社は竹取翁、今宮浅間神社は竹取嫗を祀った。富士山とかぐや姫の関係に注目したのだろう。山伏も存外しゃれている。

察するに、当社は神仏分離のさい、神道系の祭神に改めるよう指導され、そのとき『駿河記』のような伝承を鑑み、浅間社を選んだように思われる。

高台の崖面に境内があり、その中段の狭隘な土地にへばりつくよう社殿がたつ。まわりにはムクやスダジイの古木が力強く葉を茂らせ、すがすがしい森を成している。

木陰になった社殿裏手にまわると、切り立った岩板が屏風ふうに広がる。高さは5、6mあろうか。大正期まで本殿はなく、この岩前に丈5尺6寸、幅2尺6寸の御神体石(いまは本殿のなか)を祀っていたというが、岩板自体に神寂びた趣がある。

なお、社名由来の寒竹は、昭和30年代に枯れてしまった。いまは境内北にふつうの笹竹がいくばくか生じ、往時の名残をかすかにとどめている。

扁額 境内
扁額は「寒竹浅間社」 境内風景。豊かな社叢に抱かれる
燈籠 階段 燈籠
天保13年8月
「金毘羅大権現」
25段の急な階段 拝殿。吊り燈籠
本殿 向拝
流造りの本殿。昭和4年建立 向拝に竜透かし彫り
岩肌 笹竹
本殿後ろは一面、岩肌 境内北側にわずかばかりの笹竹

境内社

子の神
子の権現

境内社は5社。

本社社殿の北側、笹竹が茂った片隅に子の神社。もとはこの神が本社祭神だったという。祭神について、江戸末期『駿河志料』は「薬師十二神将の子神」としているが、同時期の他史料は言及していない。いまは大国主神。

本社社殿の南側に覆屋があり、なかに木製祠が3基ならぶ。左から津島神社(建速須佐之男神、大穴牟遅神)、床浦神社(大国主神、少名毘古那神)、風神社(志那都比古神、志那都比売神)。風神社は寛政7年(1795)の創建。

神域南端には琴平神社(大物主神)。旧無格社。江戸期は「金毘羅大権現」と称した。文化年間(1804~18)創建と口碑され(『富士郡吉永村神社明細』)、浅間神社の鳥居脇の燈籠(天保13年〔1842〕8月)に「金毘羅大権現」とある。雨覆のなかに木造祠があり、小さな自然石を御神体としている。

3社 琴平
津島神社、床浦神社、風神社 琴平神社
参考文献 境内石碑、保存樹林標識、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌編輯、吉永村史稿、富士郡神社銘鑑、富士市の神社、吉永村の沿革史、吉永の郷土誌、吉永地区神社の歴史
(フォト撮影日:平成18年9月16日、21年6月14日、9月20日)

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。