スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子安神社(大岩)

記事本文へ
名称子安神社こやすじんじゃ
所在静岡県富士宮市大岩字峰谷戸399
主神子安神(木花開耶姫命)
創建不祥例祭9月9日(陰暦)
社地374坪社格旧無格社
摂末天満宮神徳子授け・安産・育児ほか
交通R富士宮駅より北東2.7km 駐車場有
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献

大岩の地名起源

富士山南西麓、傾斜続きの大岩地区に鎮座。境内の大岩を磐座とした大岩信仰に端を発し、かつては「大岩御前社」と称された。創祀は詳らかでないが、『駿河国神名帳』に列する「従五位上 富士郡 大石地祇」と目される古社で、大岩地区の地名は当社を源にする。

旧称「大岩御前」

現存する棟札・木札をみると、享保2年(1717)9月の法華曼荼羅が古く、「天長山久遠寺工安全判 日生」と記されている。つづく明和9年(1772)9月の宮殿再建棟札も法華曼荼羅の形式で、社名は「大岩御前」、法主は「久遠寺塔中本浄坊住 寂照坊日報」。江戸期は、小泉久遠寺が祭祀その他に関わっていたらしい。

文献に目を転じると、江戸後期の『駿河記』に「大岩御前社 犬飼明神也。或子安明神と云。社の後に巨巌石一あり。村名此名を負うふなるべし」とある。『駿河志料』にも「大岩御前社」と載り、『駿河記』と同じく「当社の後に巨巌あり、故に村名にも、社号にも然称す、古社なるべし、一に犬飼明神、或は子安明神と云、祭神未詳」と続ける。

ところが明治中期の『神社明細書』では、社名は「子安神社」に改められている。昭和初期の『富士郡神社銘鑑』も「子安神社」で、祭神子安神、境内374坪、拝殿2間四方、雨覆1間3尺×2間、本殿1尺8寸×1尺3寸5分、例祭9月9日(陰暦)、崇敬者22名と所載。明治以降、社名を「子安神社」に定めたようだ。

祭神

往古は神名などなく、ただ純粋に境内の大岩を祀っていたに違いない。これは古い自然信仰のかたちであり、市内では山本の石之宮神社などもこれにあたる。

石之宮神社

やがて大岩御前社の神は「犬飼明神」「子安明神」(『駿河記』『駿河志料』)などと考えられるようになり、明治以降は「子安神」に一本化されたようだ。(明治期の『神社明細書』は「祭神不詳」、昭和初期の『富士郡神社銘鑑』は「子安神」)

さらに戦後の宗教法人申請関係文書になると、「木花開耶姫命」を祭神としている。(一般的に子安神と木花開耶姫命は習合している)

ちなみに犬飼明神は、富士地域では『竹取物語』の嫗をさすことが多い。犬を愛でたことが由来という。

本殿後ろに磐座まつる

神域はJR富士宮駅から北東へおよそ3km。閑静な住宅地にまぎれるように鎮座している。勾配のきつい傾斜地に堅牢な石垣をつくり、石段をもうけ、高みに社殿を建造。ヒノキなどの細高い樹木が間隔をあけてたち並び、ほどよい社叢を成している。

鳥居をくぐり石段をあがると鉄筋コンクリート製の拝殿がたち、背後の石垣上に本殿がある。拝殿は公会堂風の味気ない建物だが、本殿は神社然とした流造で、赤白の塗装がまこと色あざやか。石段の左右や社殿前には江戸期奉献の灯籠が3対残る。

境内風景
境内風景
灯籠
嘉永4年、文政3年灯籠
本殿
本殿

磐座の大岩は、本殿すぐ後ろの斜面にどっかりと鎮座。高さは2.5mほどあろうか。樹下のため暗い青色に陰り、ところどころに緑色の苔が付着し、細い注連縄がぐるりと張られている。寄りかかる木と一体化し、いかにも神寂びていて美しい。

磐座
地名由来の磐座

余談だが、改称はよくよく惜しい。旧称の方がよほど体を表し、かつ雅やかである。さらにいえば社殿も無粋。例えば拝殿を割拝殿にし、本殿を除いて磐座の前に石祠を祀る。これだけではるかに神々しくなると思うのだけど。一神社ファンからすると、重ね重ね惜しい。

境内風景
遠景
遠景
道祖神
社前に双体道祖神
境内
境内風景
拝殿
拝殿
灯籠
宝暦12年灯籠
本殿
本殿
灯籠
文化8年、同9年灯籠
本殿
本殿
鰐口
鰐口
磐座
磐座
天満宮
境内社の天満宮

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 境内石碑、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、旧富士根村沿革誌、富士郡神社銘鑑、富士宮市の棟札集成、富士宮市の伝統建築、大岩三区区誌、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典
(フォト最終撮影日:平成21年9月6日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。