大富山 永明寺

記事本文へ
名称
永明寺ようめいじ [山号:大富山だいふさん
所在
静岡県富士市原田1167
宗派
曹洞宗
本尊
聖観世音菩薩
創建
伝:天平勝宝8年(756)
中興
文明4年(1472)
開山
行之正順禅師
本寺
服織洞慶院
寺紋
両山紋
敷地
1万3,740坪
鎮守
白山神社 滝不動 原田稲荷
交通
岳南鉄道岳南原田駅より徒歩9分 駐車場有

室町期の文明4年、曹洞宗へ改宗
東海地方屈指の池泉回遊式庭園

入口
偉容をほこる表参入口

岳南鉄道岳南原田駅から徒歩9分。点在する製紙工場を眺めつつ滝川をさかのぼると、河畔に城壁を想わせる白塀をめぐらして永明寺がたつ。近在する諸山の本寺である。湧水豊かな「水の寺」として知られ、それを活かした回遊式庭園は東海地方屈指と評される。

寺伝によると天平勝宝8年(756)、行基が北の高台に大富山金輪院(真言宗)として開創。下って室町期の文明4年(1472)、行之正順により改宗・改号した。なお、行之正順の招聘は永正2年(1504)ともいわれるが、詩人万里集九が文明17年に「富金山永明禅寺」へ一宿、行之正順と語り合っている(『梅花無尽蔵』)。文明4年が正しいのだろう。

永正2年(1504)今川氏の重臣斎藤加賀守が、高台下の水辺に移して七堂伽藍を建立。以降、歴代領主の庇護を受けて隆昌。盛時は末寺64寺を数え、洞慶院派300余寺の門頭職、総持寺の輪番地法幢格を有するなど、市指折りの曹洞寺となった。

庭園
東海随一とも評される池泉回遊式

白塀つづく高風な表参道をゆくと三門にいたる。端正な薬医門だが、〝いわく付き〟である。むかし、葬儀の列がこの三門から境内に入ると、遺骸が消え、引き返すと元に戻った。そんなことが度重なったため、葬儀の列は裏門を通るようになったと伝えられる。

三門をぬけると正面に本堂がたち、左に原田稲荷堂、右に鐘楼堂。堂宇はたびたび被災し、古色を感じさせる建物はない。いまの本堂は大正13年の再建。

本堂裏には、ランドマークの「富士乱水の庭」。高低差ある裏山の地形と、湧水を用いた池泉回遊式の庭園で、ツツジやサツキを大胆に植栽。立体感ある美しい庭園となっている。また裏山では、石像七福神めぐりを楽しむこともできる。

寺域の東隣には滝不動。不動明王が滝に打たれている。永明寺の元鎮守堂である。むかし、イボに悩んだ娘が願掛けしたところ、不動明王が夢に出現。霊夢にしたがい池水を身体にかけると、イボはきれいに取れたという。ぞくに「いぼ取り不動」。

西隣の鎧ヶ渕は、源頼朝が富士川の合戦のおり鎧を脱いで身体を洗ったと伝わる場所。製紙工場地帯ながら、初夏にはホタルを観賞できる。ここにもフシギな昔話がある。永明寺の小坊主が、落とした山刀を拾うため渕に飛び込んだ。すると底に御殿があり、美しい女性がいた。「鎧ヶ渕の主」である。主から山刀を返してもらった小坊主が寺に帰ると、3年が経過していた、という話。

三門
いわく付きの三門
境内
境内風景
参道
表参道
地蔵
延命子育水子地蔵
仁王
本堂前に仁王像
本堂
寄棟造りの本堂。大正12年再建
鐘楼
鐘楼堂と六地蔵
稲荷
嘉永5年勧請、原田稲荷
庭園
池泉回遊式庭園
七福
裏山。七福神めぐり
白山
裏山。鎮守の白山神社
十三
裏山。十三重塔
鎧渕
境内の西隣に鎧ヶ渕親水公園
不動
境内の西隣に滝不動(元鎮守堂)

末寺・孫寺

盛時は末寺64か寺を数えたという。いまは7か寺が存続している。

(1)は現存末寺のリストで、その下に末寺および富士地区所在の孫寺を並べた。

(2)は、江戸中期の『延享度曹洞宗寺院本末牒』に載る末寺・孫寺。廃寺は、寺名をアミとした。なお、喜相院と霊仙寺は合併して新たに瑞雲寺が開創された。

(1) 存続している末寺
寺名住所 地区
保寿寺  〔山号〕 富士山静岡県富士市伝法1661  伝法
天徳院  〔山号〕 神谷山静岡県静岡市葵区大岩3-30-34  静岡市
保泉寺  〔山号〕 開富山静岡県富士市吉原4-2-41  吉原
玉泉寺  〔山号〕 瑞龍山静岡県富士市比奈1354  吉永
慶昌院  〔山号〕 天念山静岡県富士市中里2446  須津
福聚院  〔山号〕 円通山静岡県富士市増川599  須津
善応院  〔山号〕 稲取山静岡県賀茂郡東伊豆町稲取400-2  東伊豆町
富士山保寿寺
保寿
富士市伝法1661。宗派:曹洞宗、本尊:延命地蔵。古くは田子浦地区にあって法條寺(真言宗)といった。文亀3年(1503)に改宗改号。徳川氏より崇敬された。伝説によれば天正15年(1587)家康の命をうけた2世が三股淵の毒蛇を修伏したといい、毒蛇の鱗を所蔵する。
神谷山天徳院
保寿
静岡県静岡市葵区大岩3-30-34。宗派:曹洞宗、本尊:十一面観世音菩薩。静岡浅間神社神職・新宮中村氏の菩提所。元亀年間(1570~73)、新宮左近将監正清が建立、永明寺3世不巖守存を開山に招いた。のち衰微したものの、駿府城家老矢代氏が中興した。
開富山保泉寺
保泉
富士市吉原4丁目2-41。本尊:阿弥陀如来。吉原本町通りの中央駅交差点から北100mに位置する曹洞禅寺。慶長16年(1611)元吉原で開創、のち現在地へ移転した。かつて境内に「御守殿」があり、徳川家康ほか、2代・3代が上洛のおりに休憩したと伝わる。
瑞龍山玉泉寺
保泉
富士市比奈1354。宗派:曹洞宗、本尊:延命地蔵菩薩。伝承によると、元慶2年(878)頃に空海が開創、寛永年間(1624~44)に改宗。江戸期の寺領は朱印地6石1斗。第2次大戦後、大昭和製紙(現日本製紙)創業者・斉藤氏の寄進によって境内整備がすすんだ。
天念山慶昌院
慶昌
富士市中里1446。宗派:曹洞宗、本尊:地蔵菩薩。寺伝によれば、弘仁10年(819)空海が富士登山のおり、里民の請いに応じて小庵を建て天念寺と名付けた、とある。寛文年間(1661~73)巨山存鯨が再興、慶昌院と改めた。江戸期は除地2石8斗4升2合。
圓通山福聚院
福聚
富士市増川599。宗派:曹洞宗、本尊:準提観音。寺記は奈良期に行基が開創したと伝え、本尊も行基作とする。元禄12年(1699)原田永明寺14世覚誉長円が再建し、曹洞宗に改宗。江戸期は境内20間半×15間、除地7石8斗7升4合。「増川の井」があった。
稲取山善応院
保寿
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取400-2。宗派:曹洞宗、本尊:木造十一面観世音菩薩。往古は真言宗で、稲昌寺と称した。慶長7年(1602)に焼失後、現在地そばにあった観音堂に寺設備を移転し、永明寺7世大室存道を招いて改宗・改号。昭和初期、現在地へ移転した。
薬師堂
薬師
富士市宇東川西町。呼子坂の約50m東を北へゆくと、斜面に小堂が建っている。もとは北滝川町にある大富山永明寺の末寺で、江戸末期の地誌『駿河国新風土記』に「薬師堂 薬王寺 永明寺控」、同じく『駿河志料』に「薬師堂 薬王寺と云」と載る。堂内に厨子と十二神将。
富洞山碧雲寺
碧雲
富士市厚原52。宗派:曹洞宗、本尊:釈迦牟尼仏。元和3年(1617)行舟全順が草創。慶安2年(1649)保寿寺5世江国快村が寺域拡張。安政元年(1854)の大地震で堂宇倒壊。慶応元年(1865)に再建。本尊は島田市智満寺にあった釈迦牟尼仏3体のひとつという。
般若山安養寺
安養
富士宮市杉田489。本尊:阿弥陀如来。俗称「狸寺」。寺伝によると延歴3年(784)に開創、元享元年(1321)に臨済宗となり、元享元年(1321)に今川義元が曹洞宗へ改めた。戦国期、地頭富士図書助(浅間大社神職)が畑・山林・屋敷を寄進、江戸期は朱印高7石。
浄巖山宗清寺
宗清
富士市中之郷3762。宗派:曹洞宗、本尊:虚空蔵菩薩。慶長2年(1597)浄岩守清が一宇を建立、安養寺4世太嶽宗伯を招いて開山。数年間は新寺と呼ばれたが、のち宗伯と守清の1字をとって宗清寺とした。宗伯は荒廃していた宇多利神社を再建、別当寺となった。
鷹丘山曽我寺
光福
富士市久沢230-1。宗派:曹洞宗。『曽我物語』曽我兄弟の菩提所として知られる。古くは福泉寺といったが、昭和になって通称の曽我寺に改称。もとは凡夫川上流にあったが、洪水で流失し現在地に移転再建。天明年間(1781~88)安養寺15世逸峰大俊が再興。
芙蓉山立安寺
立安
富士市中央町2-4-31。宗派:曹洞宗、準提観世音菩薩。寛永2年(1625)5月、保泉寺2世吟守が江戸の材木商とともに「芙蓉山龍安寺」として開創。のち宿の所替えにともない現在地へ移転。江戸期は除地3反7畝。保泉寺の隠居寺的な位置づけだったようす。
(2) 『延享度曹洞宗寺院本末牒』 永明寺末寺・孫寺
寺名
廃寺
現住所
備考
保壽寺富士市傳法御朱印8石1斗余
   泉龍寺清水区蒲原除地5畝歩
   碧雲寺富士市厚原除地2反余
      碧松寺富士市厚原
   臨川寺富士市傳法除地8畝20歩
   安養寺富士宮市杉田御朱印7石
      宗清寺富士市中之郷除地3畝20歩
         萬福寺富士市中之郷
      福泉寺(現曽我寺)富士市久沢除地1反6畝歩
      松月院富士宮市神成除地1反4畝12歩
      林蔵寺富士宮市粟倉
      光福寺富士市久沢
      瀧泉寺富士宮市杉田
      靈擡院富士宮市杉田
   保昌寺富士市傳法除地2反6畝歩
   永昌寺富士市傳法除地7畝25歩
   光源寺富士市依田原除地2反9畝3歩
天徳院葵区大岩除地高3石余
   桂林寺葵区池谷除地1斗3升
   竹林寺葵区南寺中除地
   乾楽寺葵区羽高除地2畝12歩
   喜相院霊仙寺と合併、瑞雲寺創葵区北寺中除地
   靈山寺(霊仙寺)葵区北寺中除地
   東林寺葵区東除地1反
   富慶寺(冨慶寺)葵区松富除地4反5畝17歩
   養秀寺葵区下除地8畝21歩
   玉峯寺(玉寶寺)葵区俵峰寺中除地
   大仙寺葵区中之郷寺中除地
保泉寺富士市吉原除地高3反3畝歩
   立安寺富士市吉原除地5反4畝3歩
   寶福寺富士市依田原除地4畝20歩
   清松院富士市大野新田除地2反11歩
玉泉寺富士市比奈御朱印6石1斗
   大福寺富士市比奈除地3斗7升3合
   持錫庵富士市比奈
   庚守庵富士市比奈
慶昌院富士市中里除地2石8斗4升2合
   正永寺富士市川尻除地3斗3升4合
福聚院富士市増川除地1石8斗7升4合
薬王寺(現薬師堂)富士市原田
常徳庵富士市原田
西光庵富士市比奈
光相庵富士市富士岡
清涼寺富士市原田
地蔵院富士市原田

由来端緒

寺伝によると、奈良期の天平勝宝8年(756)行基が北の高台に開創し、大富山金輪院(真言宗)と称した。室町期の文明4年(1472)行之正順が曹洞宗へ改め、一時は富金山永明寺(『梅花無尽蔵』)、のち大富山永明寺へ改めた。

永正2年(1504)、今川氏親の重臣・丸子城主斎藤加賀守安元が、高台下の水辺に移し、七堂伽藍を建立した。永明寺と斎藤加賀守の関係は詳らかでない。ただ、原田の字名に「斉藤」がある。『駿河記』の原田村項にも小地名として載り、「里民次右衛門居屋敷を加賀どの屋敷と称す。是は斎藤加賀守安元の古屋敷なるべし」と付記。室町期、一帯は斎藤加賀守の所領だったかもしれない。

行之正順と万里集九

五山文学の代表的詩人である禅僧・万里集九は、文明17年(1485)江戸城主の太田道灌に招かれ、美濃国鵜沼から武蔵国江戸へおもむいた。道中を日記形式で記録しており、そのなかに「富金山永明禅寺」へ宿泊したことが記されている。9月26日のことである。万里集九は寺主行之正順と語り合い、求めに応じて達磨画へ号を与えている。

また明応4年(1495)、行之正順は越前国龍沢寺の住職を退き永明寺に帰る途次、万里の庵に立寄っている。このとき万里は、行之正順に同伴した永明寺僧徒の求めに応じ、即席で詩を詠んでいる。(『梅花無尽蔵』)

戦国期以降、歴代領主の庇護を受けて寺運は隆盛。一時は末寺64か寺を数え、洞慶院派300余寺の門頭職、大本山総持寺の輪番地法幢格を有した。

今川義元は永禄2年(1559)6月8日、田地8石を安堵し、門前5軒の棟別役などを免除。今川氏真は永禄3年(1560)4月22日に上記を重ねて安堵し、同5年9月13日には制札を与えている。武田勝頼、徳川家康、豊臣秀吉、徳川家光もこれに準じ、それぞれ天正元年(1573)11月、同11年10月、同18年12月、寛永18年(1642)6月に寺領を安堵。江戸期は5年に1度、色衣着用での年頭登城を許された。

江戸中期の享保5年(1720)、16世寂峰隆照の代に火災で七堂伽藍、什宝・什具を焼失。17世大秀選龍の代に再建したが、天保7年(1836)の暴風雨、安政元年(1854)の大地震で堂宇大破。さらに明治32年に本堂を焼失、寺財政は困窮した。

しかし、近隣製紙工場への所有地貸与や境内湧水供給などでこの危機を乗り越え、檀徒協力のもと大正13年に本堂、庫裏を再建。戦後、湧水庭園を改良して東海随一と称される「富士乱水の庭」を整備、高風な寺観を整えた。

参考文献 境内石碑、大富山永明禅寺史、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌編輯、郡誌編集資料、静岡縣安倍郡誌、原田村沿革誌、富士市の寺院、富士市の仏教寺院、日本名刹大事典、全国寺院名鑑、月の輪、久住山洞慶院史典、万里集九、梅花無尽蔵注釈、戦国大名家臣団事典東国編、鎌倉・室町人名事、静岡市史、麻機誌、静岡県宗教法人名簿

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録