スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不二山 金正寺

記事本文へ
名称
金正寺きんしょうじ [山号:不二山ふじさん
所在
静岡県富士市平垣本町10-4-7
宗派
曹洞宗
本尊
釈迦牟尼仏
創建
宝暦13年(1763)
開基
日向大和守、松永安兵衛
開山
本戒定源和尚
本寺
寺紋
梅鉢
鎮守
稲荷社
交通
JR富士駅より徒歩10分 駐車場有

江戸中期の宝暦13年再興
豪農松永氏の菩提寺

山門
往来に面する山門

金正寺は民話「金正寺の猫」に登場する曹洞禅刹。山号は不二山。

寺伝によれば、戦国期に僧玉隠が真言宗金正院として開き、宝暦13年(1763)荒廃した寺を成安寺15世本戒が曹洞宗金正寺として再興した。中興開基は領主日向氏ならびに松永安兵衛。

中興開基の松永家は平垣村の豪農。県下有数の大地主だったといい、明治初期の文書によれば富士郡下の所有地は1,344石。金正寺の西隣、フジホワイトホテルがたつ一帯に屋敷を構え、江戸期は旗本日向氏の知行地(平垣ほか郡下6か村)の管理を請負、屋敷内に陣屋を置いた。かなり大きな屋敷だったらしく、明治元年の天皇行幸では休息御座所に選ばれている。現在、一部を広見公園で移築公開(市文化財)している。

維新後は戸長や郡会議員、貴族議員に就く一方、小学校建設に資金提供し、製紙工場や富士停車場(富士駅)の誘致にも尽力。富士市の近代化を後押しした。

鐘楼
本堂
参道および本堂

金正寺は再興以降、松永氏の菩提寺として発展してきた。

沿革をたどると、享和2年(1802)11月に法地格へ昇進し、嘉永3年(1850)5月9日に随意会地、明治33年に片法幢会地、大正9年2月に常恒会地へ昇進している。いずれも松永氏の尽力によるところが大きかったという。

江戸後期の諸地誌に「不盡山金正寺」「不尽山金正寺」と載り、2石3升3合の除地があった。大正初年の『加島村誌』には境内450坪とあり、「志太郡葉梨村(現藤枝市)ニ善昌寺トイフ末寺アリ」とある。いま善昌寺は廃されているようだ。

旧東海道と富士本町通りの交差点から東海道を西へ歩くこと1、2分。富士大橋通りとの辻で、栄立寺と向かい合っている。富士大橋通りは信号の間隔が狭く、車が繋がりやすい。喧騒のただ中にある。

往来を背に、東に開かれた山門から境内に入ると、石畳の参道が伸びている。13~14歩さき、フジホワイトホテルを背にする鐘楼堂の前で北へ角度をかえ、小さな石橋をわたると白基調の瓦葺き本堂が端然とたつ。さほど広い寺域ではないが、砂利敷きの境内は清涼感があり、手入れされた植栽の緑もさわやかで心地いい。

遠景
遠景。左が金正寺、右は栄立寺
山門
東向きの山門
観音
山門隣に観音堂
境内
境内風景
鐘楼
鐘楼堂
鐘楼
鐘楼堂下に地蔵や鎮守
本尊
築山に十二支守り本尊
境内
境内風景
本堂
入母屋造りの本堂
住宅
旧松永家住宅(市指定文化財)
⇒ 画像倉庫

民話「金正寺の猫」

むかし金正寺で飼っていた三毛猫が、中島のカヤツンバ(茅積場)に近在の猫たちを集めて夜な夜なダンスパーティーを開いた、という話。詳細は市のHPをどうぞ。

中島地区は金正寺の北西にあたり、茅積場は中島天満宮の東方にあった。文字通り茅を積んでいた広場だったらしく、戦前は伝染病の隔離病棟が建ち、また大相撲の興行が行われたりしたらしい。猫たちは鷹岡や片宿など遠方からも集ったといい、主な猫に金正寺の三毛猫のほか、本市場常諦寺、柚木蓮盛寺の猫がいたそうだ。

ロペティー

平成21年、「金正寺の猫」をモチーフとした愛らしいキャラクターが生まれた。名は「ロペティー」。富士第一小学校6年生と富士本町商店街振興組合が連携し、富士本町商店街のPRツールとして考案したもの。

ロペティーは左手を上げた招き猫すがた。潤んだ瞳とピンク色のほっぺがチャーミングなゆるキャラである。市の特産品である紙を服、お茶を耳に採用し、市の花であるバラを頭と服に飾っている。ネーミングはローズ(バラ)、ペーパー(紙)、ティー(茶)を組み合わせて名付けられ、胸に名札をつけている。

猫
境内のネコ
ロペティー
ロペティー。富士本町商店街で会える♪
参考文献 駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、富士郡田子浦・加島・岩松村誌、加島村誌、興法山成安寺誌、富士市の寺院、富士市の仏教寺院、静岡県仏教会名鑑、月の輪、歩く史跡めぐり、駿河の大地主 松永家の百年、かじまの春秋、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。