スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今泉 十王子神社

記事本文へ
名称
十王子神社じゅうおうじじんじゃ
所在
静岡県富士市今泉字呼坂1894
主神
十王子神
創建
不詳
例祭
10月11日
敷地
1,003坪
社格
今泉村総社・一宮 旧村社
摂末
山神社 曽我神社
備考
クス イチョウ(市天然記念物)、クスノキ イチョウ エノキ(市保存樹林)
神徳
不詳
交通
岳南鉄道本吉原駅より徒歩11分 駐車場無

今泉の総社および一宮
境内に市天然記念物のイチョウとクス

狛犬
狛犬。背景は中学校の校庭

岳南鉄道本吉原駅から緩やかな坂道を上ること10分。吉原第二中学校の東隣りに十王子神社が鎮座している。往来の激しい市道に面するが、豊かな木立を残し、境内は存外落ち着いた雰囲気。隣接するグラウンドから、部活に励む学生のかけ声が聞えてきた。

石鳥居をくぐり、神池にかかる太鼓橋をわたると、昭和15年再建の木造社殿が建つ。くすんだ色合いが渋く、木立の緑といいあんばいになじんでいる。とりわけ千鳥破風をつけた拝殿は重厚感があり、向拝下の絵馬や竜の透かし彫りも見どころ。

そして十王子神社のシンボルはイチョウクスの大木。いずれも市天然記念物だ。

社頭のイチョウ(高25m)は端正な風姿の老木。樹勢回復を図るため先ごろ枝打ちされ、甲斐あってか葉をたくさん茂らせ、健在ぶりを示す。クス(30m)は本殿の後ろ。たくましい幹をまっすぐ伸ばし、空で枝を四方にうねらせ、枝葉の傘を広げている。

拝殿
拝殿は入母屋造り。昭和15年再建

十王子神社は今泉の総社および一宮である。江戸期は領主の武運長久や村内安全、五穀豊穣を願う風祭が村をあげて行なわれ、また付近4社(稲荷、神明、神明、天満)と持ち回る特別神事(2年交代、隔年開催)でも、十王子神社の当番は全村で執行された。

神社記録をみると、現存最古は「万治二乙亥年(1659)二月吉祥日駿州善福寺十王子」と刻まれた鰐口。当時、今泉は善徳寺村といったから、善福寺は善徳寺の誤りだろう(3年後の寛文2年に今泉村へ改称)。

50年後の宝永6年(1709)に社殿再建、享保12年(1727)に修造し、棟札にそれぞれ「奉造營十王子宮 別当禪教」「奉修造十王子宮 別當凉雲」とある。元文3年(1738)には神祇管領より「正一位十王子神社」の宣命と幣帛を下賜された。

祭神は十王子神。

いかなる神かは諸説乱れる。古書を引いて大戸之道尊・大苫辺尊2柱を挙げる説、三股淵伝説に登場する巫女6人説(『駿河記』)、『駿河国神名帳』に列する「正三位浅間第十御子明神座富士郡」説――。

大戸之道尊・大苫辺尊説と巫女説は、数が「十」と符合しない。『神饌幣帛料供進上申書』はこれを疑問視、造化三神から数え10番目の大苫辺尊1柱が正しいと主張。

一方、幕末の『駿河志料』は浅間御子明神説を推す。『駿河国神名帳』に列する正三位浅間御子明神18柱のうち、第十御子明神をあてる。

正解は分からない。ただ「王子神社」は本宮筋の御子神を祀ることが多く、三股淵伝説に関わる諸社は浅間大社とも関わりをもつ。浅間御子説が濃厚に感じられる。

社号
社頭。社号標「今泉一之宮 十王子神社」
鳥居
市道を渡ると明神鳥居
境内
参道風景
神池
神池をわたる。池中に鯉や亀
拝殿
手前に拝殿、奥に境内社
拝殿
拝殿
絵馬
拝殿にかかる大絵馬
境内社
境内社(山神社、曽我神社)
彫刻
拝殿の透かし彫り。本市場の板倉聖峰彫刻師作
イチョウ
社頭に大イチョウ(市天然)
本殿
本殿とクス
クス
本殿後ろにクス(市天然)


参考文献 市天然・保存樹林看板、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌編輯、富士郡今泉村神饌幣帛料供進に関する上申書、今泉村誌、富士郡神社銘鑑、富士市の神社、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。