スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西比奈 春日神社

記事本文へ
名称
春日神社かすがじんじゃ
所在
静岡県富士市比奈字蔵屋敷966
主神
天児屋根命 武甕槌命 経津主命 比賣神
配神
級長津彦神 級長津姫神 菅原道真 尺地神 大山津見命 大己貴命 稲蒼魂命 保食神 太田命 大宮姫命
創建
不詳
例祭
10月16日 節分:節分祭
敷地
322坪
神紋
下がり藤
社格
旧村社
摂末
八坂神社
備考
カヤノキ イチョウ タブノキ(市保存樹林)
交通
岳南鉄道比奈駅より徒歩5分 駐車場無

西比奈の産土神
節分に盛大な豆まき

社頭
社頭風景

節分の豆まきで知られる社。昔から西比奈の産土神として親しまれている。

祭神は、春日四神を主神に、古くから別殿で祀ってきた風神社、明治40年に合祀した山神社・尺地神社・玉梅天神社の神々を配祀している。

根方街道から100mばかり南へ下った路地に、いくばくかの高木に守られて鎮座。周辺は製紙工場の集積地。春日神社は、それら製紙会社から社殿や玉垣など寄進され、小柄ながらも端然とした佇まいをみせる。

短い参道のさきに拝殿がたち、一段高くなった背後に本殿。本殿は木製の流造り。さほど古い建物ではないが、木肌はいいあんばいに黒ずみ、精悍な印象。本殿前には岩石1対があり、神使(鹿)とモミジの葉が浮き彫りで彫刻されている。鹿は、身動きできず困っているような愛嬌ある表情。発掘中の化石の風にも見えておもしろい。

本殿
流造りの本殿

春日信仰の本源は、奈良県・御蓋山ふもとの春日大社。藤原氏が奈良期、氏神の鹿島神(武甕槌命)と香取神(経津主命)、祖神の天児屋根命・比売神を勧請して創祀した。

いわば藤原氏の氏神だが、藤原氏が皇室の姻戚となったため、皇室や国家の守護神としても崇められた。中世以降は、伊勢・八幡・春日の三社託宣や春日講が広まり、春日信仰は全国に普及。分社は3,000社ともいわれる。

ところが富士地域に限れば、春日神社はとても珍しい。法人登記社はここ西比奈春日神社だけで、未登記社まで範囲を広げても――わたしの知るかぎり――田子浦の防風林に1社鎮座するのみ。春日信仰は、富士地域に根付かなかったらしい。

西比奈春日神社の創祀は判然としない。

県神社庁の『神社明細書』は永禄年間(1558~69)とする一方、地元では「源頼朝が参拝した」と伝える。治承4年(1180)富士川の戦いのとき、武器・兵糧を春日社、諏訪社御崎社に置き、各社に軍米1石を献じて戦勝祈願。さらに建久4年(1193)富士の巻狩りのさいにも献穀した――と。

棟札によれば、幕末の文久3年(1863)11月に社殿を再建している。神名は「春日大明神」、祭主は芙蓉山多門坊だった。地誌類に目を移すと、江戸後期『駿河国新風土記』などに「除地1石2升4合 社地長26間横14間」。明治中期『皇國地誌』に「村社々地東西14間南北28間面積1反2歩 村の西南方にあり」と載る。

社頭
社頭風景
境内
境内風景
拝殿
大昭和製紙奉献の拝殿
境内
境内風景
神使
神使の鹿
神使
神使の鹿
本殿
流造りの本殿
蟇股
本殿蟇股

合祀社および境外社

合祀社

明治40年、近隣の山神社、尺地神社、玉梅天神社を合祀。いずれも旧無格社(残る合祀社の風神社は、古くから別殿に祀られていた)。

山神社=字御崎戸1066。祭神は大山祇神。創祀不詳。92坪の境内地に、1間×1間半の拝殿と1尺3寸×1尺の石製本殿があった。

尺地神社=字西障子816。祭神は尺地神。俗に「おしゃもっつあん」。江戸後期の『駿河記』は「石神祠」、『駿河国新風土記』は「シャゴジ 社地1畝許」、『駿河志料』は「左口司社」と所載。105坪に1尺2寸5分×1尺の本殿があった。

玉梅天神社=字蔵屋敷941。主祭神は菅原道真、配祀神に稲荷五社。比奈に住んでいた甲田氏の屋敷神に始まると伝えられる。慶応3年(1867)の棟札に「玉梅天満宮」。70坪に1間×1間5寸の覆屋、2尺1寸×3尺3寸5分の本殿があった。

境外社
八坂

春日神社から西へしばらく歩いたところに、八坂神社が鎮座している。もとは独立社だったが、戦後社有地の消滅にともない、春日神社の境外社となった。境内に市保存樹木のモチノキとエノキ。

比奈字西障子842。主祭神:須佐之男命、旧社格:無格社。口碑によれば寛政年間(1789~1801)創祀。文久2年(1862)6月に再建、棟札に「奉再建 牛頭天王社 壹宇之收 文久二戊年六月吉日 高門場」とある。高門場は多門坊のこと。

幕末の『駿河国新風土記』『駿河志料』に「牛頭天王社 除地1畝歩 西にあり」。明治中期の『皇國地誌』は「八坂神社 雑社々地東西9間南北11間面積3畝9歩 村の西方にあり 祭神素戔鳴命 祭日6月15日」と所載。

春日神社の西隣に、子安神社が鎮座している。諸資料を見るかぎり、春日神社の境内社ではないようだが、ひとまずここに記しておく。祭神は木花之佐久夜毘売命。地域の婦人が子安講を組織し祀っている。

八坂
八坂神社本殿
子安
子安神社


参考文献 境内石碑、保存樹林案内板、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌、吉永村史稿、吉永地区神社の歴史、富士郡神社銘鑑、富士市の神社、吉永村の沿革史、吉永の郷土誌、富士市のまつり、静岡県宗教法人名簿、神道事典

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。