スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鬚神社

記事本文へ
名称
白鬚神社しらひげじんしゃ
所在
滋賀県高島市鵜川215
主神
猿田彦命(別名:比良明神、白鬚明神)
創建
伝:垂仁天皇25年
例祭
5月3日 9月5~9日
敷地
4,019坪
神紋
左三つ巴
社格
国史見在社 旧県社
備考
本殿(国重文)
神徳
延命長寿、縁結び、子授けほか
交通
JR湖西線近江高島駅より徒歩25分 駐車場有

白鬚神社の根本社
本殿は豊臣秀頼の再建

大鳥居
湖中に丹塗りの大鳥居

琵琶湖西岸の明神崎に鎮座。全国に約300社ある白鬚神社の本社にして、近江最古の社と伝えられる。祭神は猿田彦命で、古くは比良明神、白鬚明神とも呼ばれた。その名から、延命長寿の神として崇敬されている。

神域は琵琶湖の畔。背後に比良山系から続く丘陵が迫り、湖との間のわずかな平坦地に社殿と社務所、丘陵斜面に境内社を祀る。白砂の境内には松の大木がそびえ、国道を隔てた湖中に浮かぶは丹塗りの大鳥居。ひっきりなしに通る車に目をつむれば、一幅の浮世絵のような、情趣ある景色。

入母屋造の本殿(重文)は、拝殿と一体化して権現造のよう。関ヶ原の戦いから3年後の慶長8年(1603)、豊臣秀頼の命により再建されたというから、築400年をこえる。檜皮葺きの厚く、大きな屋根をゆったりと広げ、重厚感あるすがた。拝殿は明治期再建だが、存外古色を帯び、本殿と並んでも違和感はない。

拝殿
二の鳥居からのぞむ拝殿

創祀は詳らかでないが、社記は垂仁天皇25年(前5)倭姫命が社殿を再建し、白鳳2年(674)天武天皇の勅旨により比良明神の号を賜わったと伝える。式社ではないが、『三代実録』に載る国史見在社で、貞観7年(865)に従四位下の神階を授けられた。

中世は武将からあつく信奉された。天文9年(1540)、近江守護六角義賢が社殿造営。また豊臣秀吉の遺命により、豊臣秀頼が片桐且元を奉行に境内整備を行い、慶長8年(1603)に本殿ほか、若宮社、伊勢両宮、八幡三社を造営。絵馬殿(旧拝殿)は寛永元年(1624)、大溝藩初代藩主分部光信によって建立された。社領は慶安元年(1648)、幕府から朱印地100石を受け、のち189石余となった。

祭神は猿田彦命。天降った邇々杵尊を先導した国つ神である。

ただ、もとは背後の比良山系を祀っていたとも、朝鮮渡来人が祀った神だったともいわれる。境内裏手に古墳群があり、境内社の岩戸社は石室(古墳)を奉祀している。また一帯は、海人族である安曇族が居住していた地でもある。

伝説によれば、猿田彦命は邇々杵尊を先導したのち、伊勢国より巡行して近江国に至り、琵琶湖の風光をめでて、この地に留まった。白鬚の名は、神が白鬚の老翁のすがたで示現したことに由来するという。また、この神は近江の地主神で、琵琶湖水が変じて7度まで葦原になるのを見たとされる。

大鳥居
昭和56年再建。観光客に人気
大鳥居
高さ12mの両部鳥居
社頭
社頭風景
二鳥居
二の鳥居と拝殿
灯籠
灯籠ならぶ
手水舎
手水舎と社殿
狛犬
常夜灯と狛犬
拝殿
重厚な拝殿。明治12年造営
崇敬
延命長寿の神として信仰あつめる
歌仙
拝殿内に歌仙
社殿
入母屋造りの本殿と拝殿
本殿
両殿とも檜皮葺
本殿
本殿は慶長8年(1603)再建
裏山
本殿後ろに境内社群
境内
境内風景
社殿、絵馬
本殿・拝殿と絵馬殿(旧拝殿)
絵馬殿
絵馬殿は寛永元年(1624)造営
社務所
社務所

境内社

裏山
境内社

境内社は11社。

白鬚神社本殿の斜め後ろに若宮神社があり、背後の丘陵に「上の宮」と呼ばれる10社(高良神社、八幡神社、加茂神社、天照皇大神宮、豊受大神宮、天満神社、稲荷社、寿老神社、鳴子弁財天社、岩戸社)が鎮座。

若宮神社横の階段を上ると、高良神社・八幡神社・加茂神社、天照皇大神宮、豊受大神宮が並び、その後ろに天満神社、稲荷社、寿老神社、鳴子弁財天社が並ぶ。さらに斜面を上れば岩戸社が鎮座。岩戸社は、古墳を奉祀している。

若宮
若宮神社
八幡
八幡三社(高良社、八幡社、加茂社)
内宮
天照皇大神宮
外宮
豊受大神宮
天満
天満神社
稲荷
稲荷社
寿老
寿老神社と鳴子弁財天社
岩戸
岩戸社
岩戸
岩戸社
大岩
岩戸社横の大岩

由来端緒

全国に300余社分布する白鬚神社の根本社。近江最古の神社と伝えられる。祭神は猿田彦命で、古くは比良明神、白鬚明神とも呼ばれた。社名から、延命長寿の神として崇敬されている。国道161号を隔てた琵琶湖中に丹塗りの鳥居がたち、「近畿の厳島」とも称される。謡曲『白鬚』のモデルとなった神社でもある。

現祭神は猿田彦命だが、もとは背後の比良山系を祀っていたとも、朝鮮渡来人が祀った神だったともいわれる。境内裏手に白鬚神社古墳群があり、境内社の岩戸社は、石室を奉祀している。また一帯には、海人族である安曇族が居住していた。

伝説によれば、猿田彦命は天降った邇々杵尊を先導したのち、伊勢国より巡行して近江国に至り、琵琶湖の風光をめでて、この地に留まった。白鬚の名は、神が白鬚の老翁姿で示現したことに由来するという。また、この神は近江の地主神で、琵琶湖水が変じて7度まで葦原になるのを見たとされる。

神社創祀は判然としないが、社記は垂仁天皇25年(前5)に倭姫命が社殿を再建し、白鳳2年(674)天武天皇の勅旨により比良明神の号を賜わったと伝える。

『延喜式』神名帳に記述はないが、『日本三代実録』の貞観7年(865)正月18日条に「授近江國無位比良神従四位下」とある国史見在社。元慶2年(878)8月、清和天皇の勅により封戸を加付され、後冷泉天皇の永承4年(1049)に舎利1粒を納められたと伝えられる。

中世は武将の崇敬あつく、近江守護の六角義賢は天文9年(1540)、津田権内高光を奉行に社殿造営。また豊臣秀吉の遺命により、豊臣秀頼が片桐且元を奉行に境内整備を行い、慶長8年(1603)に本殿、若宮社、伊勢両宮、八幡三社を造営。絵馬殿(旧拝殿)は寛永元年(1624)、大溝藩初代藩主分部光信が建立した。神領は、慶安元年(1648)幕府から朱印地100石を受け、のち189石余となった。旧県社。

例祭は5月3日と9月5・6日。秋の例祭は白鬚祭とよばれ、「なる子まいり」が行われる。数え年2歳の子どもがお参りし、本名とは別の名を神から授かり、その名を3日間よべば、無事健康に育ち一生幸福の守護を受けるという。



参考文献 由緒書、境内掲示板、国史大系 日本三代實禄、明治神社誌料、日本社寺大觀神社篇、全国神社名鑑、神道事典、神社辞典、社寺縁起伝説辞典、神詣で、日本神名辞典、日本神祇由来事典、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典、滋賀県百科事典

トラックバック

富士おさんぽ見聞録 - 2011年02月25日 12:52

近江観光

9月25日(土)。曇りのち晴れ。 1日かけ、滋賀県をぷらぷら。名所観光、神社参拝、地酒あさり――予定をたてず、行き当たりばったりで。神社は3社参拝。湖中の大鳥居、多宝塔、伊香式鳥居と、いずれも特長的な建造物がある神社。白鬚神社は5年ぶりの参拝だった。 ...

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。