スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岳南鉄道

記事本文へ

岳南鉄道は、富士山南麓の富士市で活躍しているローカル私鉄。全長9.2km、静岡県下で最も短い鉄道である。市民の通勤・通学、買い物の足として親しまれ、また製紙関係の貨物輸送が盛んな路線として知られている。

静岡最短のミニ鉄道

起点の吉原駅は、JR吉原駅の北側に駅舎とホームを構えている。ローカル私鉄らしい小ぢんまりとした駅舎だ。自動券売機はなく、窓口で切符を求めると、駅員さんが厚紙の硬券を取り出し、改札鋏でパチンッ。今どきめずらしい昭和レトロな一幕。

改札をぬけ、電車に乗り込み、席につく。ジリジリジリジリジリ―――発車ベルがけたたましく鳴り響き、電車がゆっくりと動き出した。所要20分、のんびり旅の始まりだ。

吉原中心街へ

吉原駅を発した電車は、まず富士市吉原の中心街を目指す。というのも、岳南鉄道が担う重要な役割に、「東海道本線吉原駅(在所は鈴川本町)と吉原中心街を結ぶこと」がある。

ジヤトコ前駅手前
ジヤトコ前駅手前

吉原は東海道の宿場として賑わった町だが、明治22年の東海道本線開通のさい、そのコースから外れた。一説に吉原が、「東海道本線が通ると、徒歩の旅人が寄り付かなくなり、町がさびれてしまう」と危惧し、誘致に消極的だったという。東海道本線は、3kmほど離れた鈴川に鈴川停車場(現吉原駅)を置いた。

結果、吉原は近代化の流れから取り残され、やがて衰退が顕在化。鉄道の必要性を強く認識し、これを欲するようになった。

昭和21年、駿豆鉄道(現伊豆箱根鉄道)が沼津駅を起点に吉原へ至る路線免許を申請。対し吉原など地元は、鈴川駅(現吉原駅)を起点とするよう陳情を重ねた。その結果、「鈴川起点、吉原経由」に計画変更となり、同23年2月に免許がおりた。

同年12月、岳南鉄道(株)を設立。同24年、鈴川駅(現吉原駅)~吉原本町駅を開業した。当時の運賃は大人片道5円。同25年吉原駅(現本吉原駅)、同26年岳南富士岡駅までのばし、開業4年後の同28年に岳南江尾駅まで全線開通した。

ちなみに名称候補には「富士鉄道」や「吉原鉄道」、「根方鉄道」もあったが、富士山(富岳)の南ろくを走ることから岳南鉄道に決まった。

製紙工場地帯へ

吉原中心街を過ぎた電車は、根方街道と並走するように東へ走る。市街地から徐々に離れ、岳南原田駅辺りからは、地場産業である製紙の工場地帯に。そそりたつ煙突を見上げ、銀色の大きなタンクの脇をぬけ、ごちゃごちゃとした配管の下をくぐる。そこかしこに工場への引込み線が分岐し、長々と連なった貨車が点在。富士市らしい風景であり、岳鉄のハイライトシーンでもある。

工場地帯
工場地帯

岳南鉄道は、旅客輸送のほか貨物輸送という役割も担う。

沿線には豊かな湧水を利用した製紙業が発達し、日本大昭和板紙をはじめ多数の工場が林立している。それら製紙会社が製品や原材料、従業員輸送の重要手段として鉄道敷設を強く要望した経緯があり、岳鉄開業のさいも、大昭和製紙(現日本製紙、日本大昭和板紙)が出資した(ほかの出資者は駿豆鉄道と地元自治体。駿豆鉄道は出資金の半分を担い、車両・レール・変電所などで現物支給)。

連なるワム
連なるワム

貨物輸送は、最盛期の昭和44年には約100万㌧に達した。しかし現在はトラック輸送が主流となり、貨物輸送の取扱量は激減している。

終点、岳南江尾駅

比奈駅を過ぎた辺りで工場地帯は終り、以降は愛鷹山を眺めつつ、変哲もない住宅地をゆく。岳南富士岡・須津・神谷の各駅を過ぎ、赤淵川・須津川をわたり、新幹線の高架下を通過すれば、ほどなく終点の岳南江尾駅。岳南鉄道はここで折り返し運転となる。

線路の終わり
線路の終わり

当初は、岳南江尾駅から延伸してJR沼津駅に乗り入れる計画があったものの、残念ながら幻に終った。実現していた場合、路線距離は倍近い17kmになったらしい。いま、線路のはてには、立ちふさがるように家が建っている。どこか物悲しい風景。

また、旧左富士信号所(ジヤトコ前駅南方)からJR身延線入山瀬駅をむすぶ計画もあり、路線免許も持っていたが、こちらも実現せず。のち免許も失効した。 >>「岳鉄でめぐる神社仏閣」

在籍車両

電車5両、電気機関車4両(1両休車)が在籍している。いずれも他線で活躍していた中古車である。電車は、京王電鉄井の頭線で使用されていた3000系。機関車は、松本電気鉄道や上田温泉電軌、豊川鉄道からやってきた。

モハ7000形(7001・7002・7003)
モハ7001

かつて活躍していた5000形の後継車両。元京王電鉄3000系の中間電動車デハ3100形を両運転台式に改造。前面および側面一部を赤く塗装しており、「赤がえる」と親しまれた5000形に対し、「新赤がえる」と呼ばれている。

8000形(モハ8001・クハ8101)
モハ8001

京王電鉄井の頭線で使用した3000形を改造し、平成14年入線。片運転台、1両付随車の1M1T車(2両編成)で、前面および側面一部を緑色に塗装。富士市民からの公募により、「岳ちゃんかぐや富士」の愛称で親しまれている。

ED40型(402・403)
ED402

松本電気鉄道が東京電力梓川水系ダム工事用に新造した車両で、ダム完成で不要になったものを昭和47年に購入。以来、主力機関車として活躍している。ED403は、荷主の日本大昭和板紙の協力によりオリジナル塗色。

ED501
ED501

昭和3年、上田温泉電軌東北線にデロ301として登場。昭和15年に三河鉄道へ譲渡され、翌年名古屋鉄道との合併により、501となった。昭和45年、岳南鉄道に入線。岳南原田~比奈間の小区間本線運転などで、いまだ現役。

ED291
ED291

昭和2年日本車輌製、豊川鉄道(現JR飯田線)でテキ52号として使用された。同18年国鉄に買収、同27年の改番でED291となる。同34年3月廃車となり、同年9月に岳南鉄道に入線。現在は岳南富士岡駅に留置されている。

岳鉄風景

富士山麓を走るだけに、全区間で富士山を見ることができる。ただ、先に触れたように市街地~工場地帯~住宅地を走るため、眺望がひらけたところは存外少ない。おススメは吉原駅~ジヤトコ前駅の直線部分。富士山をバックに走る電車を順光で見ることができる。工場地帯を走る岳南原田駅~比奈駅もおもしろい。


より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
富士山と
吉原~ジヤトコ前
吉原駅
吉原~ジヤトコ前
吉原~ジヤトコ前
須津駅
 
本吉原~岳南原田
 
車両風景(1)
吉原~ジヤトコ前
江尾駅
神谷そば
比奈駅
本吉原~岳南原田
 
廃車
 
車両風景(2)
本吉原駅で
須津川
501
吉原~ジヤトコ前
工場と
浅間古墳から
吉原~ジヤトコ前
 
線路と
夜に
 
車内&車窓風景
児童の絵
プレート
比奈駅で
乗客
車窓風景
 
運賃箱
 
駅舎ほか(1)
吉原駅で
須津駅で
吉原本町駅で
吉原本町駅で
須津駅で
 
比奈駅で
 
駅舎ほか(2)
比奈駅で
比奈駅で
比奈駅で
旧日産前
踏み切りで
 
江尾駅で
 
駅舎ほか(3)
江尾駅で
須津駅で
吉原~ジヤトコ前
木のベンチ
踏み切りで
岳南富士岡駅で
踏み切りで
 
吉原本町駅で
 
江尾駅で
 
ねこ
富士岡駅で
富士岡駅で
富士岡駅で
富士岡駅そば
須津駅で
富士岡駅で
江尾駅で
参考文献 岳南鉄道の歩み、日本のローカル私鉄2000、しずおかの文化、アイラブ岳鉄、角川日本地名大辞典
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。