スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩淵・松岡・星山・山本を巡る

記事本文へ
 

3月5日(土)。晴天。

間近に迫っていた新豊院の大観音大祭、大悟庵の観音開帳にあわせ、各エントリーのブラッシュアップを計画。久しぶりに両寺を詣で、差し替え用の写真を撮影した。

  • 参拝リスト
    • 光福山 新豊院
    • 福寿山 瑞林寺
    • 円証山 涼月院
    • 明星山 大悟庵
    • 倭文神社
    • 猿田彦神社
    • 石之宮神社
    • 山神社 (上高原)
光福山 新豊院
山門
石観音

正治元年(1199)真言寺院として開かれ、天文4年(1535)藤枝心岳寺3世が曹洞宗に改めた。当時は「光明山心包院」と号し、寛文8年(1668)銘の鐘には「駿州菴原郡神原庄中之郷岩淵町光明山心包禪院」とみえる。現山寺号に改めたのは延宝7年(1679)のこと。山門・聖観音像・薬師如来像は旧富士川町文化財。◆所在地/富士市岩淵字会下328。宗派/曹洞宗、本尊/釈迦牟尼仏。 >>詳細はこちら

久しぶりの参詣。江戸期の石仏が多く残り、ひとつひとつ巡るうち、あっという間に時間が過ぎてしまう。蠱惑的。そのうち主な石仏をサブブログで紹介しようと思う。

福寿山 瑞林寺
山門
本堂

天正年間(1573~92)の富士川洪水で流失した寺を、古郡重政が正保2年(1645)に再興し天岳寺と号した。延宝2年(1674)荒廃した天岳寺を古郡重年が再建、鉄牛を招いて瑞林寺に改めた。本尊は治承元年(1177)作で国重文。◆所在地/富士市松岡489。宗派/黄檗宗。本尊/地蔵菩薩。 >>詳細はこちら

大悟庵に向かう道すがら、参詣したくなったので寄ってみた。ここも久しぶり。黄檗宗独特の山門や鐘楼堂など、付近の寺院と一線を画す景観がいい。

円証山 涼月院
入口
境内

貞享4年(1667)、即湛が駿東郡大岡荘の郷士江藤氏の援助を受けて、同所で開創。師である瑞林寺の竜岡を開山と仰ぎ、自身は2世となった。明治33年、瑞林寺隣接地に移転。同38年、瑞林寺末の高月院を合併した。◆所在地/富士市松岡508-1。宗派/黄檗宗。本尊/観世音菩薩。

瑞林寺と隣り合っている小寺。普通の人家と変わらないたたずまいのため参詣ははばかられ、境内に足を踏み入れたことはなし。いつも外からこっそりとお参り。

明星山 大悟庵
堂宇
地蔵

「明星山福興寺」と称した真言寺院だったが、兵火で荒廃。元亀2年(1571)甲斐深向院3世了月が武田家臣跡部大炊助に請われ、福興寺跡に伽藍を再建し、改宗・改号した。天正18年(1590)豊臣秀吉が朱印地9石を安堵。◆所在地/富士宮市星山9。宗派/曹洞宗。本尊/十一面観音。 >>詳細はこちら

岩本から山本を通り、星山の大悟庵へ。ここもやっぱり久しぶり。けれど、境内風景、境内からの眺望のいずれも変わったようすはなく、なんだか無性に安心。

倭文神社
参道
拝殿

機織の神を祀る式社。「嶽王子」「星山大明神」とも称した。浅間大社元摂社。天正5年(1577)『富士大宮御神事帳』に「嶽王子御神事」とみえ、祭費は大社大宮司の知行地が負担。江戸期も同社から配分を受けた。◆所在地/富士宮市星山字坊地1。主祭神/健羽雷神。社格/式内社、旧村社。 >>詳細はこちら

大悟庵の隣に鎮座している式社。富士地区に式社は3社しかないから、その面でとても貴重。個人的には、本殿がないところに惹かれている。御神木のスギもいい。

猿田彦神社
社殿
庚申塔

慶安5年(1652)11月22日創建と伝わり、元は庚申と称したが明治8年に改称した。現在の社殿は平成3年5月19日に落成。内部に庚申塔が祀られている。例祭は2月11日。12月第2日曜日には祈りと忘年会。◆所在地/富士宮市山本字鶴巻160。主祭神/猿田彦命。旧社格/無格社。

倭文神社を辞したのち、山本地区の神社を思いつくままに巡ることにした。古い記憶を頼りに枝道へ入り、ちょっと迷ったすえに猿田彦神社へ。神社というより辻堂。

石之宮神社
遠景
神体

往古より社殿は設けず、大岩そのものを祭祀している磐座信仰の社。創建不詳ながら、永禄12年(1569)北条氏政判物に「石宮」の地名がみえ、神社の存在がうかがえる。幕末の『駿河志料』は「社地1畝歩」と所載。◆所在地/富士宮市山本字石之宮902/主祭神。石之宮神。旧社格/無格社。 >>詳細はこちら

続いて石之宮。ここは発電所のそばなので分かりやすく、さして迷わずに到着。大きく枝葉を広げた樹下に、大きな岩がぽつん。神社に立派な社殿などはいらない。

山神社
社殿
眺望

高原一区公民館と隣り合う小社。碑文によれば、文化6年(1809)吉野茂兵衛源信忠氏が鎮祭し、昭和42年、吉野本家より境内地57坪の寄進を受け、神域を整備した。一方『富士郡神社銘鑑』は「創建年月不詳」と記す。◆所在地/富士宮市山本字高原306。主祭神/大山祇神。旧社格/無格社。 >>詳細はこちら

鎮座地へのルートをすっかり忘れ、さんざん迷ったすえにようやく到着。……神社というより、公会堂のおまけといったたたずまいだけど、れっきとした旧無格社。

トラックバック

富士おさんぽ備忘録 - 2011年04月13日 12:05

掲載-岩淵・松岡・星山・山本を巡る

メインブログに『岩淵・松岡・星山・山本を巡る』を掲載しました。 3月5日の参拝記録です。 ちょっと、いやだいぶ時間は経ってしまいましたが。(汗) 猿田彦神社と上高原山神社はメインブログ初登場かも。 いま両社のエントリーを作成中ですので、 そのうち(...

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。