スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法王山妙松寺

記事本文へ
名称妙松寺みょうしょうじ [山号:法王山ほうおうざん
所在静岡県富士市北松野字山田1184
宗派単立本尊十界大曼荼羅
創建康応元年(1389)開基荻次郎左衛門尉氏誉
開山日什上人本寺京都妙満寺
寺紋日蓮宗橘
備考木造愛染明王坐像 山門一棟(旧富士川町文化財)、山門前の桜(旧富士川町の古木)
交通JR富士川駅より8km・JR芝川駅より3km 駐車場有
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献

荻氏の菩提寺

日蓮宗橘

室町前期に開かれた日蓮系の古刹で、開山は顕本法華宗などの祖・玄妙阿闍梨日什。この人の系統は「日什門流」と称され、妙松寺は富士地域唯一の同門流寺院にあたる。

室町前期に開創

開創年は諸説あるが、どうやら康応元年(1389)あるいは明徳2年(1391)のことらしい。松野の国人・荻次郎左衛門尉氏誉が日什を開山に招いたと伝えられる。荻氏誉は日蓮法華の熱心な信者であり、妙松寺は荻氏代々の菩提寺となった。

伝承によれば、氏誉は元中5年(1388)京で日什と出会い、かれに弘道の援助を申し出た。しかし「貴殿とわたしは(同じ日蓮法華でも)派が異なるから」と丁重に断られた。そこで氏誉は帰依の証として子宮松の弟子入りを願い、上人はこれを許したという。

妙松寺は当初、北方の「おやしき」「おがみばし」と呼ばれる在所にあったが、戦国期の弘治元年(1555)宇佐美善左衛門から屋敷地および鶴根山の寄進を受けて現在地へ移転したとされる(『富士川町史』)。地図を広げると、在所の字(山田)の北隣が「尾屋敷」という字だから、旧地はさほど遠くないようだ。

下って江戸期は朱印地10石2斗を領有。当時の地誌『駿河記』『駿河志料』などには、塔頭として大乗坊・本光坊・日圓坊・合掌院の名がみえ、相応の規模を誇っていたことがうかがえる。文政12年(1829)12月、火災で伽藍や古文書・宝物を焼失。天保年間(1830~43)に本堂や庫裏、山門などを再建した。

-開基檀越- 荻氏

荻氏は清和源氏の支流で、室町前期、氏誉が3代将軍足利義満から松野の地を与えられて土着。北松野の儘下に館を、城山に北松野城を築き、ここを拠点に松野や内房一帯を支配した。

戦国期は駿河守護今川氏に属する国人として、甲斐との国境に近い所領を守った。5代慶徳は大永元年(1521)、今川氏親と武田信虎との戦に今川方として従軍し、甲斐一条原で戦死。永禄11年(1568)武田信玄が駿河を侵した際は、7代清誉が応戦している。

やがて武田氏が駿河を手にすると武田一族の穴山氏に仕え、同氏断絶後は徳川家康に属し、江戸初期に水戸へ移住した。

荻氏の墓所

富士地域指折りのサクラ情景

妙松寺は集落の西端にあり、南北に長い丘陵を負っている。市道から境域に入って傾斜のきつい石段を上りつめるとやがて平坦地となり、そこに山門や本堂などが甍を並べる。高台の境内からは松野の家並みと霊峰富士を一望でき、まさに佳景の地である。

眺望
境内からの眺望

参道のはてに小ぶりな山門が建つ。上層に梵鐘をさげた鐘楼門で、屋根瓦を除き熟れたトマトのように赤い。文政12年(1829)に焼失後、天保年間(1830~43)に再建されたといい、古くは茅葺きだったが昭和6年に瓦葺きへ改められた。(旧富士川町文化財)

山門前の両脇には老桜2本が配されている。推定樹齢200年のエドヒガン(雑種)だ。幹は太く厳めしく、寺を護る仁王のごとく風格あるたたずまい。そのくせ花弁は白く清楚で、門とのコントラストが抜群にきれい。どこかはかなげな美しさは、市屈指の桜情景といっていい。

山門
山門
山門とサクラの老木

山門をぬけると、大きな本堂が山のみどりを借景に建つ。銅板葺きの入母屋造りで、山門とは異なり落ち着いた色彩。鳳凰や竜、獅子など多彩な彫刻が向拝を飾っている。本堂の南側は墓苑となり、慶長2年(1597)の一石輪塔など江戸初期の石塔が多数残されている。

本堂
本堂
境内風景
寺域遠景
寺域遠景
眺望
眺望
題目塔
寛保2年の題目塔
題目塔
天保2年の題目塔
参道の石段
参道の石段
参道風景
参道風景
塔中
参道ぞいに塔中跡
山門
山門とサクラ
山門
山門
風景
境内風景
風景
境内風景
灯籠
万治4年の灯籠
灯籠
寛文2年の灯籠
本堂向拝
本堂向拝
本堂彫刻
本堂彫刻
本堂手挟
本堂手挟
墓碑
境内に古い墓碑が林立

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 境内掲示板、駿河記、駿河志料、静岡縣庵原郡誌、庵原郡松野村誌、松野村郷土誌、富士川町史、庵原のあゆみ、北松野の民俗、ふるさと富士川、日蓮宗寺院大鑑、全国寺院名鑑、鎌倉・室町人名事典、日本仏教史辞典、旧富士川町文化財報告書、角川日本地名大辞典、日本歴史地名体系
(フォト最終撮影日:平成23年4月2日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。