スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本 猿田彦神社

記事本文へ
名称猿田彦神社さるたひこじんじゃ
所在静岡県富士宮市山本字鶴巻160
主神猿田毘古神
創建伝:慶安5年(1652)例祭2月11日
社格旧無格社神徳家内完全・商売繁盛ほか
交通JR富士根駅より南西600m 駐車場無

慶安5年建立の庚申塔をまつる

境内
 

市南部の山本に鎮座している。祭神は猿田彦命。庚申塔を崇拝対象とし、地元では「庚申さん」で通り、地図にも「庚申堂」と載る。昔から盗難にあった時はここに願かけし、庚申塔を左縄で縛ると犯人が捕まると伝えられる。

明治8年に改称

庚申信仰の起源は、中国の道教。

道教いわく、人の体内に「三尸」という3匹の虫がいる。この虫は60日ごとやってくる庚申の日の夜、人が眠っている間に体から抜け出し、宿主の罪科を天帝に報告、寿命を縮めてしまう。これを防ぐため、庚申の日の夜は眠らぬよう説かれた。

日本では当初、貴族層に広まり、庚申の日の夜に遊宴を催すかたちで定着した(庚申にかこつけて……ということらしい)。15世紀になると、僧が仏教的解釈を加え、庚申の主尊を青面金剛や観音などとした。やがて修験道や民間信仰の影響も受け、豊作や大漁など現世利益の霊験を加味。庶民にも広く普及し、各地に庚申講が組織された。なお、仏教系の庚申は青面金剛、神道系は猿田彦神を主な崇拝対象とした。

庚申塔
りっぱな庚申塔

山本の猿田彦神社はどうか。

祀っているのは高さ2mの庚申塔で、資料によれば表面に「青面金剛」、側面に慶安5年(1652)11月22日の銘がある。富士地区有数の古塔である。これが江戸期、どのように祀られていたかは手元資料にないが、昭和初期の『富士郡神社銘鑑』は「元ハ庚申ト唱ヘシヲ明治八年改称ス」と所載。つまり古くは庚申堂で、明治期に猿田彦をまつる「神社」になったと考えていい。

『富士郡神社銘鑑』を引くと、当時は「猿田毘古神社」の字をあて、境域19坪に1間半×2間の雨覆があった。本殿に関する記述はないから、このころも庚申塔を祀っていたようだ。そのほか、旧社格は無格社、例祭は陰暦9月20日、崇敬者51名と載っている。

平成3年に社殿新築

境域は高原山のふもと、鶴巻という字にある(道向かいは山本勘助誕生の地とされる吉野本家)。ごく小さな境域に変哲もない平屋が建ち、なかに庚申塔が鎮まっている。鳥居や社号標、狛犬といったものはなく、社殿もいわゆる集会所といった雰囲気。神社というより、どちらかといえば辻堂といった方がしっくりとくる。

現在の社殿は平成3年5月に落成。旧社殿が老朽化したため、昭和55年に再建発起人会を発足、有志の寄付により総工費350万円かけて再建した。いまは庚申会が2月11日に例祭を行ない、12月第2日曜日には祭礼と忘年会を開催。また会の婦人たちが毎月1日と15日に集い、お参りと茶話会を催しているという(『山本区誌』)。

これを防ぐため、庚申の日の夜は眠らぬよう説かれました。(起きてさえいれば、三尸さんは抜け出せない)。人々は庚申講を組織、対象の日になると皆で集い、おしゃべりに興じ、夜を明かしたそうです。親睦会も兼ねていたのでしょうね......
眺望
境内からの眺望
眺望
境内からの眺望
境内
境内風景
社殿
寄棟造りの社殿
注連縄
注連縄。唯一神社らしさを感じさせる
梅
境内に梅の木

より大きな写真で スライドショー を表示
参考文献 富士郡神社銘鑑、大宮町誌、岳南朝日、山本区誌、神道事典

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。