スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山本宮浅間大社 江戸期の社家・社僧

記事本文へ

浅間大社神職は、明治5年の職制改革で大幅に改められた。それまでは独自の社家・社僧が勤めていたが、改革により神官職員規則に則ったメンバーへ一新。長らく社務を遂行してきた社家・社僧は追われるように社を去った。この頁では江戸期の社家・社僧をまとめた。

  1. 江戸期の社家・社僧
  2. 社家一覧
  3. 社僧一覧
富士山本宮浅間大社の社家・社僧

浅間大社神職の史料初見は『日本三代実録』。貞観6年(864)8月5日条に「駿河國富士山火(中略)浅間名神禰宜祝等」とみえる。浅間大社は当時、正三位に叙せられた官社だったから、複数の社人によって祭祀されていたのは間違いない。

時代が下ると、「大宮司」が神職の長官(+社の代表者)となった。孝昭天皇後裔を称する富士氏が世襲し、厳島・熱田の宮司とともに「日本三大宮司」と称された。中世は国人領主の側面も持ち、信仰・地域行政の両面で大きな力を持っていた。

大宮司は戦国期、社家・社僧の中で突出した権限を握った。しかし武田信玄の駿河侵攻のさい軍事的に敵対したことから、信玄が駿河を手にして以降、数年間中絶。その間、武田氏によって浅間大社の職制改革が行われ、大宮司の権限は弱まった。

江戸期、社務の遂行は長官の大宮司、次官の公文・案主、それに別当を加えた四家合議制(多数決)だった。大宮司は神職の長であり、社の代表者だが、公文・案主も相応の勢力をもち、社僧の長である別当は大宮司と「牛角の職分」と認められていた。

社家

江戸期の社人は、長官・次官・総社家で組織された。長官は大宮司、次官は公文と案主で、その下に総社家と呼ばれる神職が連なった。総社家は、本宮の祭礼を遂行するとともに、境内末社、さらには富士郡に点在した境外摂社の神主を兼務した。

大宮司

社の代表者。職は、孝昭天皇後裔を称する和邇部姓、富士氏の世襲。系譜によれば、和邇部17代の和邇部豊麿が富士郡大領となり、延暦20年(801)4月、浅間大社の祭祀を司った。豊麿から数えて27代の富士直時(南北朝期)から史料に現れ、以降維新まで本宮に勤仕した。(40代から大西氏の系)

公文・案主、総社家

次官は公文と案主。和邇部姓、富士氏が世襲した(公文は鷹野氏、案主は大宮司家が再興)。それぞれ相応の勢力をもち、幕府より朱印地を受け、独立性を認められていた。

長官・次官以外の社家たちは、総社家と呼ばれた。大宮司領から配分を受けたことから、大宮司の配下にあったといえる。

福石神社
公文富士氏の屋敷神だった福石神社
維新後

明治5年、神官職員規則に従い職制改革が行われ、神職は宮司1人、権宮司1人、禰宜2人、権禰宜1人、主典4人に改められた。社家の大部分は、罷免され、本宮を離れた。

社家一覧
職名 配当および備考
大宮司 長官 和邇部姓
富士氏
朱印領867石9斗1升
(社人分を除くと301石7斗3升)
公文 次官 和邇部姓
富士氏
朱印領80石6斗2升
案主 次官 和邇部姓
富士氏
朱印領44石6斗2升
正鎰取 総社家首席 鎖是氏 25石2斗。内記坊を抱え、道者坊を兼ねた
権鎰取 総社家 鎖是氏 10石9斗。一時道者坊を兼ねた
後権鎰取 総社家 鎖是氏 26石9斗6升2合。道者坊を兼ねた
山宮太夫 総社家 山田氏 4石9斗4合。中世、一時村山の伝京坊を管掌
一宮仕
(一和尚)
総社家 宮崎氏 清長坊とも称した。26石5斗2升2合。慶仙坊を抱え、道者坊を兼ねた
四宮仕
(四和尚)
総社家 宮崎氏 春長坊とも称した。44石3斗1升3合。常林坊を抱え、道者坊を兼ねた。また三宮仕を抱えた
所司太夫 総社家 宮崎氏 18石9斗5升6合
二宮仕
(二和尚)
総社家 須藤氏 6石
三之宮禰宜 総社家 井出氏 15石
福地太夫 総社家 山田氏 8石6斗3升
大禰宜 総社家 山田氏 5石6斗7升4合
幸太夫 総社家 前島氏 10石6斗4合
木之行事 総社家 前島氏 7石2斗7升5合
祝子 総社家 鈴木氏 3石9斗7升6合。江戸末期に七之宮禰宜を抱えた
七之宮禰宜 総社家 鈴木氏 7石7斗6合。江戸末期は祝子の抱え
甘葛太夫 総社家 深澤氏 9石1斗4升
上野山王禰宜 総社家 四條氏 4石
行事太夫 総社家   36石。案主の抱え
二之酌 総社家 中村氏 3石1斗2升
小見職 総社家 小見氏 4石8斗。御炊坊を抱え、道者坊を兼ねた
大工職 総社家   7石9斗
鍛冶職 総社家   3石1斗2升
三宮仕
(三和尚)
総社家 池田氏 四宮仕から配分を受けた
獅子頭 総社家 井出氏 7石1斗7升6合
山作 総社家 鹿園氏 4石4升8合
米之宮禰宜 総社家 錦織氏 19石7斗9升
加島山王禰宜 総社家   3石8斗5升
社僧

浅間大社は神仏習合の社だった。境内に大日堂や三重塔、護摩堂など仏教施設が建ち並び、本地仏として大日如来を崇めた。従ってこの方面の専門家(=僧)も勤め、神前で仏事を勤行した。彼らを社僧という。江戸期は1院・7坊・1寺で組織した。

寶幢院

社僧の長は「別当」。室町中期に亡跡となったが、戦国期に再興され、富士山玉湧寺寶幢院(真言宗)がつとめた。江戸期は社家の長たる大宮司と「牛角の職分」と認められ、「富士山大別当」などと称した。歴代住職は、多くが寶積寺(大宮司家の菩提寺)を経て住したが、今泉東泉院などから転住した者もいた。

供僧、末寺

別当の下に、供僧がいた。別当の朱印地より配分を受けた。構成メンバーは変遷を経て、江戸期は清泰院・閼伽井坊・金蔵坊・乗蓮坊・法泉坊・蓮蔵坊・大圓坊の7坊となった。

また寶幢院の末寺に大蓮寺と薬米寺(米之宮浅間神社別当)があった。こちらは、社僧ながら大宮司より配分を受けていた。

稲荷
大蓮寺で祀られていた稲荷神社(現在は浅間大社境内末社
維新後

明治初年の神仏判然令によって還俗、社僧は廃された。神職に転じて浅間大社にとどまった者もいたが、ほどなく社人の職制改革が行われ、大部分は浅間大社を去った。

社僧一覧
名称 配当および備考
寶幢院 別当 朱印領136石2斗余
(供僧分を除くと76石5斗)
清泰院 供僧主席 13石7斗5升5合
閼伽井坊 供僧次席 5石7斗3合
金蔵坊 供僧 5石7斗3合
乗蓮坊 供僧 13石7斗6升1合
法泉坊 供僧 5石7斗3合
蓮蔵坊 供僧 7石5斗4升3合
大圓坊 供僧 7石5斗4升3合
大蓮寺 寶幢院末 1石8斗7升2合(※社家の大宮司から配分を受けた)
薬米寺 寶幢院末 米之宮浅間神社別当。山院号は米穀山医王光院。7石5斗(※社家の大宮司から配分を受けた)
参考文献 富士山本宮浅間大社頁と同じ
(フォト最終撮影日:各神社頁と同じ)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。