スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西山本門寺

記事本文へ
名称本門寺ほんもんじ [山号:富士山ふじさん] (通称:西山本門寺にしやまほんもんじ
所在静岡県富士宮市西山671
宗派単立寺格本山
本尊大曼陀羅創建康永3年(1344)
開基日代上人寺紋十曜、鶴の丸
塔中3か坊鎮守正八幡宮
備考法華證明鈔1巻 日蓮遷化記録1巻 紺紙金字法華経10巻 紙墨法華経8巻(以上国重文)、本堂厨子(県文)、ヒイラギ(県天然)、梵鐘(旧芝川町文)、イヌマキ(旧芝川町天然)
交通JR芝川駅より北へ4km(黒門) 駐車場有
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 塔中・末寺
  5. 年中行事
  6. 関連リンク・参考文献

興門八本山、富士五山の一

富士山本門寺は、日興の高弟日代日蓮の孫弟子)が室町初期に開いた古刹。西山にあることから「西山本門寺」と呼ばれる。日蓮を宗祖、日興を派祖とする日興門流の主要本山(興門八本山、富士五山)のひとつで、旧芝川町随一の由緒を伝えている。

十曜
鶴の丸
  1. 開創
  2. 江戸期
  3. 維新後
1.開創

開基は、日興の高弟日代。学識に優れた僧だったらしく、日興が没すると重須本門寺を継承した。しかし、重須地頭石川実忠や宗徒と対立し、康永2年(1343)に子弟を引きつれ重須を離山。

日代は、西山領主大内安清に招かれて西山へ移り、同3年に大内氏から寺領・堂宇の寄進を受けて1寺を開いた。これが西山本門寺である。重須と同じく「本門寺」を称し、以降、正嫡・寺号相承をめぐり、重須と長らく相論を続けることとなった。

養運坊
日代が開いた養運坊重須本門寺塔中)
13世日春と武田氏

西山本門寺は戦国末期、駿河国を手にした武田信玄のあつい保護を受けて隆昌した。武田氏以前の領主今川氏は、どちらかといえば重須本門寺を優遇したが、それが一転したかたちである(時の西山貫主13世日春は武田氏の出身とされる)。

天正9年(1581)3月17日には、日春が武田氏の奉行増山権右衛門や興国寺奉行衆とともに重須へ押し入り、重宝100余点を略奪。寺家門前を闕所とする事件も起きた。

大詮坊
日春が開いた塔中大詮坊
2.江戸期
家康と江戸幕府

武田氏滅亡後に駿河国を手にした徳川家康は、西山・重須の双方に配慮。西山には天正11年(1583)10月、寺内諸役などを免除し、武田氏ほどではないものの保護している。

江戸期は幕府の保護を受け、西山に21石6斗8升の寺領をもち、年頭御礼に江戸参府の資格を有した。また20世日圓が水戸徳川家の出身という縁もあって、とりわけ同家から外護された。

江戸期の境内

堂塔は、慶長10年(1605)の火災でその大半を失ってしまったが、中興16世日映の代に再建。旧観に復した。

このころは広大な寺域に、総門・中門・鐘楼・経蔵・宝蔵・天王堂・垂迹堂・客殿・大庫裡・下庫裡・書院・位牌堂・祖師堂・本尊堂・開山堂・裏門などが甍を並べた。盛時は塔中30余坊を数え、天明8年(1788)の時点では塔頭26軒、末寺21か寺を数えている(『法華宗勝劣派西山本門寺寺院本末帳』)。

日映堂
日映堂(16世日映御墓所)
常子内親王の帰依

18世日順の代、京の末寺・一条上行院を通じ、後水尾天皇の皇女常子内親王の深い帰依を受けた。

親王が両親の尊牌を西山本門寺に納められたため、本門寺は下馬下乗の札をたてることを許された。また親王は天和3年(1683)両親菩提のため親筆の法華経を奉納し、夫の近衛基熙が関白になった折には、書写した祈祷経を納め、西山本門寺を祈祷所に定めている。

娘の近衛熙子(天英院)が6代将軍徳川家宣に輿入れするため江戸に下向した際は、江戸の末寺・上行寺の住職日衆(日顕)が、老齢の師日順の名代として上京、一行に随従した。

正八幡宮
日順が寛文3年(1663)に勧請した正八幡宮
3.維新後
日興門流の変遷

明治9年、西山本門寺をふくむ日興門流の8本山(西山本門寺、上条大石寺重須本門寺下条妙蓮寺小泉久遠寺、伊豆実成寺、京都要法寺、保田妙本寺)および関連諸山は、日蓮宗興門派となる。同32年(1899)、日蓮宗興門派は本門宗へ改称。昭和16年、本門宗は日蓮宗・顕本法華宗と三派合同を行い、日蓮宗を結成した。

昭和32年、西山本門寺は塔中・末寺の一部とともに日蓮宗を離れ、単立寺院となった。

文化財

数多くの重宝を所蔵しており、中でも法華證明鈔1巻(日蓮筆)、日蓮遷化記録1巻(日興筆)、紺紙金字法華経10巻、紙墨法華経8巻(常子内親王筆)は国重文。本堂厨子は県文、ヒイラギは県天然、梵鐘は旧芝川町文、イヌマキは旧芝川天然。

県天然記念物のヒイラギは推定樹齢500年。樹下に、織田信長の首が埋められたと伝えられている。

ヒイラギ
ヒイラギのもとで信長公供養祭(信長公黄葉まつり

四季折々のうつくしい風景

JR芝川駅の北方4km。田畑と山林ばかりの農村地域に西山本門寺はある。広大な寺域は老杉・老桧に覆われ、幽邃森厳の気がただよう。その南端、聖俗の境に黒塗りの「黒門」が力強くたち、門前に下馬札がたかだかと掲げられている。

黒門
黒門

黒門から本堂まではおよそ1km。幅10~15mの広やかな参道がひたすら続く。両側を深い森が縁どり、足もとは高い石段と土であり、うっすらと苔むした道の上を、草や落ち葉が彩っている。簡勁な美が古格な味わいを漂わせ、まことに好ましい。

表参道
表参道

しばらく歩くと両側に塔中(や塔中跡)が現れ、つづいて左手の開けた土地に鐘楼や本堂、庫裡などがみえる。本堂前には、枝ぶりみごとな大イチョウが2本。樹齢300年、晩秋になると小さな葉を黄金色にそめ、やがて落ち葉を境内に積み重ねる。

参道
参道。正面建物は本堂(旧客殿)
晩秋
晩秋の境内風景

参道をさらにゆくと、杉林の中に御影堂、本尊堂、開山堂の跡がある。これらは本門寺の中心建物だったが、安政の大地震で失われ、その機能を客殿(現本堂)へ移した。堂跡の後ろには歴代墓所があり、かたわらに大檀越大内安清も眠っている。

境内風景
下馬札
下馬札
黒門
黒門
表参道
表参道
表参道
表参道
境内
境内風景
境内
境内風景
鐘楼堂
鐘楼堂
大イチョウ
大イチョウ
水屋
水屋
本堂
本堂(旧客殿)
御宮殿
御宮殿(県文)
尊霊殿
尊霊殿
御宝蔵
御宝蔵
御影堂跡
三堂跡(写真は御影堂跡)
大内安清墓所
大内安清墓所
墓所
三師塔(日蓮、日興、日代)

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示

塔中

盛時は30余坊を数えたが、こんにちは浄圓坊・大詮坊・妙圓坊の3か坊のみ。いずれも本山と同じく単立寺院となっている。

末寺

江戸中期は21か寺を数えた。こんにちも10余寺が存続しており、宗派は日蓮宗あるいは単立となっている。

主な年中行事
日付 行事名
元旦(午前0時~) 元旦祝祷会
4月18日(正午~) お虫干し
11月中旬 信長公黄葉まつり
11月23日(終日) お会式
大晦日(午後6時~) 越年会
参考文献 境内掲示板、公式リーフレット、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌、静岡縣富士郡誌、富士郡芝富村誌、芝川町誌、富士門流の歴史重須篇、日本社寺大觀寺院篇、日蓮宗寺院大鑑、日蓮宗辞典、日蓮正宗富士年表、芝川町の史跡と伝説、芝川町の文化財、かわのり、本門寺並直末寺院縁起、静岡大百科事典、郷土資料辞典、全国寺院名鑑、日本名刹大事典、古寺名刹大辞典、角川日本地名大辞典、日本歴史地名体
(フォト最終撮影日:平成23年10月29日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。