スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富豊七神社

記事本文へ
名称富豊七神社とみとよしちじんじゃ
所在静岡県富士市南松野字粒良野3400付近
主神不詳
創建不詳例祭7月、秋
備考スダジイ(旧富士川町天然記念物)
交通JR身延線沼久保駅より約6.3km 駐車場無
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献

粒良野の氏神

富豊七神社は南松野の山あい、粒良野(つぶらの)という字面のきれいな集落で祀られている。わずか数戸の集落は山々のあふれる緑に抱かれ、そのおだやかな景観は字面に輪をかけて美しい。喧騒から遠い、まことに静かな山里の氏神である。

「伊勢神明」か

詳細不詳。資料がまったく集まらず、縁起はおろか、祭神すら分からない。ただし御神木は県有数のスダジイの巨樹であり、富士川町時代は町天然に指定され、秘かに知られた存在である。

そばで農作業をされていた男性に、神社についてうかがった。

「祭神?・・・なんだろう(苦笑い)。部落の氏神さんとして祀っていてね、氏神さん、氏神さんって呼んでいるからねぇ」

「お祭りは年2回ね。7月と秋祭り。部落の軒数が少なくなってね、幟を立てるのもたいへんになってきてねぇ」

・・・地元の人も詳しいことは分からないらしい。それでも「氏神さん」と敬愛し、こと御神木は「自慢の存在」だという。

御神木と稲葉家

御神木は、「粒良野の大家」と呼ばれる稲葉家が植えた、と伝承されている。いわく慶長5年(1600)、稲葉家の兄弟2人が関ヶ原の戦いに参加したさい、家族は無事を願い、朝夕氏神に祈った。そのかいあって兄弟は無事帰郷。稲葉家は「氏神様のおかげ」と感謝し、スダジイを植えた。(『ふるさと富士川』)

これを参考にすると、神社は400年以上前には在ったことになる。一集落の氏神なのだから、なんら不思議はない年代だ。

余談だが、北松野妙松寺の山門建立のとき、南松野の稲葉氏がケヤキ材を寄進したと伝えられている。また武田氏が蒲原城の北条氏を攻めたさい、松野六人衆と呼ばれる南松野(漆野、池野、水の口、根方、中沢、粒良野)の郷士たちが武田勝頼の道案内をしたという伝承も。6人は望月(2人)、佐野、木伏、上野、稲葉の各氏。

これら稲葉氏と、「粒良野の大家」稲葉氏は一党なのだろうか。

『南松野村諸神々御社諸寺々寺内目録』

史料の観点では、『南松野村諸神々御社諸寺々寺内目録』に「粒良野 山神」「同所 地神」「同所 山神」「同所 伊勢神明」と載っている。おそらく、そのいずれかなのだろう。

4社のうち、規模が最も大きいのは「伊勢神明」で、「20間、15間」の規模。富豊七神社周辺を見渡したところ、「山神」と思しき小さな石祠があったのみで、広い境内や社殿をもつ社は見当たらない。「伊勢神明」が該当社の可能性は高そうだ。

粒良野の大猿

ほかに、『ふるさと富士川第二集 昔ばなし伝説』に、

「(要旨)昔、粒良野に悪さをする大猿がいて、村人に目を射ぬかれ、殺された。以後、粒良野には目を患う人が次々と出た」

という伝承が載っている。その猿がねぐらにしていたのが「お宮さん」。いずれの神社なのかは記されていないが、富豊七神社と考えて構わないだろう。猿といえば日吉や浅間、庚申などだが、果たして祭神と関わりはあるのだろうか。

以上、思いつくままつらつらと書いたが、全然まとまらず。資料が集まったら、編集し直す予定。( ̄  ̄;)

御神木はスダジイの巨樹

北松野原方の白鬚神社脇から林道粒良野八棟線へ入り、林間の薄暗い一本道をうねうねと登っていくと、やがて視界が開ける。そこが粒良野の集落。白鬚神社から約3.2km、最寄り駅のJR身延線沼久保駅からは、およそ6.3kmといったところ。

粒良野
粒良野の里

御神木の案内板が道端にたっている。が、そこから神社は“見えない”。じつは真後ろの林が神域なのだが、一見ただの林にしか映らず、入口も分かりにくい。およそ参道らしからぬ野道を辿って林へ入ると、足場の悪い斜面に御神木と社殿が寄りそっている。

御神木の古びようはまことに美しい。

根回り7mに達するスダジイの大木が、林の斜面に爪をたてたように力強く根をはっている。たくましい幹は重ねたタオルを固く絞ったようにねじれ、その精悍なフォルムは、スポーツ選手の鍛えぬいた肉体美に近い。おもわず見惚れてしまう。

御神木

社殿は平入りの木造建築。“木こりの山小屋”といった風な簡素な造りで、御神木に比べ存在感は薄い(だからこそ御神木が引き立っているのだろう)。周りはスダジイの再生林と杉林が静謐に広がり、石祠がひとつ積もった落ち葉にまぎれて鎮座していた。

石祠
石祠
境内風景
神域遠景
神域遠景
参道
参道
祠
参道脇に朽ちた建物
社殿
やがて社殿が見えてくる
御神木
御神木のスダジイ
スダジイ
根回り7m、樹高13m
社殿と御神木
社殿と御神木
再生林
スダジイの再生林

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 スダジイの説明板、庵原郡松野村誌、ふるさと富士川
(フォト最終撮影日:平成23年5月14日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。