スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田貫湖

記事本文へ

田貫湖(たぬきこ)は、富士宮市猪之頭にある灌漑用人造湖。周囲4km、水深8m。雄大なパノラマを展開する富士山を望み、晴れて風のない日は湖面に逆さ富士を映す。「静岡の自然100選」。

  1. 田貫湖の沿革
  2. 田貫湖の伝説
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献
灌漑・発電のため沼を拡張

天子ヶ岳の東麓、古富士泥流によって形成された標高670mの台地にあり、もとは「田貫沼(狸沼)」「長者ヶ池」と呼ばれた沼地だった。昭和10~11年、農業用水確保と発電のため沼を拡張。同24年8月、「田貫湖」に改称した。その後も拡張工事を行い、水深8m、東西1km、南0.5km、周囲4kmの規模となった。

湖畔にキャンプ場、ボート乗り場、ヘラブナ釣り場があり、整備された周遊道路は散歩コースとして人気。北畔には尹良親王と田貫次郎(あるいは弾南長者)をまつる田貫神社が鎮座している。

富士山のビューポイントとしても知られ、晴れて風のない日は逆さ富士を水面に映す。また4月20~27日、8月16~22日ごろ、山頂から太陽が昇る「ダイヤモンド富士」や、それが水面に映る「ダブルダイヤモンド富士」が見られ、カメラマンらで賑わいをみせる。

富士山
富士山
逆さ富士
田貫湖の伝説

田貫湖は伝説に彩られている。

主な伝説に「吉野長者の娘」「炭焼き松五郎」「弾南長者」「尹良親王と田貫次郎」がある。いずれも田貫湖に関わった長者たちを描くが、その源流には雨乞い信仰が息づいている。「吉野長者の娘」には田貫湖の竜神が現れ、そのほかは天子ヶ岳とリンクして独特な雨乞い信仰を伝えている。

伝説は資料ごと差異あるが、主な話を編集し、ここで紹介する。

  1. 吉野長者の娘
  2. 炭焼き松五郎
  3. 弾南長者
  4. 尹良親王と田貫次郎
  5. 雨乞い
1.吉野長者の娘

天間村(富士市天間)に「吉野長者」という夫婦がいた。ひろびろとした田畑を持ち、不自由のない日々を送っていた。ただひとつ、子宝に恵まれなかったが、村の氏神に一心に願ったところ、ついに愛らしい女の子を授かった。夫婦はその子に手巻(たまき)と名付け、たいそう可愛がった。

天満宮
天間の地名由来とされる天満宮

月日は流れ、手巻が18歳になった年のこと。あたり一帯はたいへんな日照りとなった。田は干上がり、稲は枯れそうで、みな途方に暮れた。それを見た手巻、なにやら考え込む日々。しだいに元気を失い、ついには伏してしまう。

ある日、手巻は「白糸の滝のそばにある大きな池を見たい」と長者夫婦に頼んだ。夫婦は容体を心配したが、たっての願いなのだからと聞き入れた。池についた手巻は、従者の静止も聞かず、かごから降りた。そして、引き寄せられるように池へ近づき、そのまま身を投げた。

にわかに天が黒くかげり、大雨が降りだした。やがて水面に波紋がひろがり、金の竜がぬっと半身をもたげた。

「わたしはもともとこの池の主です。浮世恋しく、娘に姿を変えていたのです。長いあいだお世話になりましたが、池に帰らねばなりません。長者夫婦のご恩は忘れません」

こう告げて竜は池の中に消えていった。

これを聞いた長者夫婦が手巻の寝床を調べたところ、まばゆい金の鱗が3片輝いていた。

以来、池を「長者ヶ池」と呼ぶようになり、日照りで困ったときは、池に祈念すると雨に恵まれたという。

天間界隈で吉野の姓はめずらしくないという。また天間と接する山本(富士宮市)は、吉野冠者源重季の後裔を称する吉野一族の本拠地。この吉野氏は南北朝期に大和国から移住、中世は高原関所などを支配した。この一党から山本勘助が出たとされる。

2.炭焼き松五郎

むかし、富士山西麓に松五郎という炭焼きがいた。たいそうな働き者で、日々炭を焼いて過ごしていた。風のない日は、炭を焼く煙がどこまでも立ち昇り、とおく都からも見えたほどだった。煙はときに紫色にも映り、みな不思議に思った。

天子もこれを気にかけ、あるとき占い師に問うた。すると「皇女の婿となる人が立てる煙」という。そこで皇女ははるばる富士の裾野をたずね、松五郎と出会った。

皇女は松五郎に対面のしるしとして小判を与えた。しかし価値を知らぬかれは、長者ヶ池を案内中、水鳥にそれを投げつけた。皇女はこの振る舞いをひどく気に入り、間もなく松五郎と結婚する。ふたりは「炭焼長者」と呼ばれ、日々なごやかに暮らした。

月日は流れ、皇女は病に伏した。松五郎の懸命な看病のかいなく、日に日に重くなった。やがて皇女は死に臨み、

「長らくお世話になりました。わたしが世を去りましたら、冠とともに都がみえる山の頂に埋葬してください」

と頼み、しずかに息を引きとった。松五郎は遺言のとおり、山の頂に亡がらを葬り、瓔珞のついた立派な冠を添えた。

皇女を埋葬した山は、いつしか「天子ヶ岳」と呼ばれるようになった。また山頂に瓔珞をおもわせる美しい花を咲かせるツツジが生え、人々はこれを「瓔珞ツツジ」とよび大切にした。

天子ヶ岳
佐折からの天子ヶ岳

天子ヶ岳(1,316m)は田貫湖の西方、南北に連なる天子山地(天守山地)にある山。田貫湖からだと山塊となって分かりづらいが、より南方から眺めるととがって見える。

瓔珞(ようらく)ツツジの花は白く小さく、それが鈴なりで下向きに咲く。俗に「風鈴ツツジ」とも呼ばれ、里人は訛って「ユーラクツツジ」と呼ぶらしい。

3.弾南長者

都のある身分の高い家に、富士姫という姫がいた。幼少のころから病弱であった。ある日、夢枕に白髪の老人がたち、「そなたの名が富士山と似かよっているため、富士の神がお招きしている。かの地におもむき、煙がひときわ高くあがっているところを訪ねなさい。さすれば病は治まるだろう」と告げた。

姫は富士山の西麓を訪ね、長者ヶ池に迷い込んだ。そこで炭焼きの藤次郎と出会い、やがて結ばれた。ふたりは、姫が持参した黄金を元手に池のまわりの沼地を開墾し、家は「弾南長者」と呼ばれるまでに富み栄えた。姫もおおいに働き、病弱だった体はいつしか本復していた。

※中略(『炭焼き松五郎』同様、姫臨終~瓔珞ツツジの挿話)

ふたりは心根やさしく、近在の人々の面倒をよく見たことから、村人たちから慕われていた。やがてふたりが亡くなると、村人は遠照寺住職と相談のすえ、炭焼き小屋跡にふたりを祀る社を建立した。こんにちの田貫神社である。

遠照寺
本極山遠照寺

さて、長者夫婦には息子がいた。2代目藤次郎である。この人は親に似ず、たいそうな怠け者で、かつ強情だった。その性格が災いし、やがて悪いことが続き、とうとう気がふれて亡くなった。以来、池畔の大屋敷は空き家となり、狸が住まうほど荒れた。里人は誰ともなく長者ヶ池を「狸沼」と呼ぶようになった。

弾南長者=長慶天皇とする説もある。長慶天皇が病気療養のため富士の裾野におもむき、そこで没したという伝説があり、それが弾南長者と結びついたようだ。

本極山遠照寺は猪之頭にある日蓮宗寺院。(紹介した伝説とつじつまはあわないが)慶長5年(1600)開創とされ、「長者の子孫が建てた」という話もある。

4.尹良親王と田貫次郎

室町初期、宇津野(富士宮市内野)に隠居人がいた。田貫次郎実長という。富士山本宮浅間大社の元神主で、神職を嫡子左京亮にゆずって宇津野に隠居、沼のほとりに館を構えていた。人々はかれを「長者さん」と呼び、沼を「田貫沼」、あるいは「長者ヶ池」と呼んだ。いまの田貫湖である。

応永4年(1397)、尹良親王(後醍醐天皇の皇孫、宗良親王の皇子)が南朝復興を図るため、吉野から上野国へ下向。途中、宇津野へ寄り、田貫次郎の館に逗留された。親王来訪を伝え聞いた富士12郷の者どもははせ参じ、親王を護衛した。また田貫次郎に延菊というかれんな娘がいて、親王滞在中、かいがいしくそばで仕えた。

翌5年春、尹良親王は宇津野を発たれた。やがて各地を転戦し、応永31年(1424)信濃国で北朝方に囲まれ、自害された。訃報を知った富士12郷の者たちは嘆き、天子ヶ岳の頂上に祠を建て、親王を祀った。

延菊もまた悲嘆にくれ、ついには形見の冠をだいて長者ヶ池に入水した。人々はその心をいじらしく思い、亡がらを親王のとなりに埋葬した。翌年、墓所からツツジが生え、瓔珞のような花を咲かせた。人々は延菊を想い、瓔珞ツツジと呼び大切にした。

田貫湖ほとりの田貫神社は、尹良親王と田貫次郎を祀っているという。(一説に尹良親王が父・宗良親王を祀り、のちに田貫次郎が合祀されたとも)

田貫神社

尹良親王の来訪は『浪合記』に詳しく載っている。その話に「延菊」を付会した伝説なのだろう。『浪合記』の詳細は田貫神社項を参照していただきたい。

雨乞い ~田貫湖と瓔珞ツツジ~

天子ヶ岳の頂に、瓔珞を思わせる美しい花を咲かせるツツジがある。「瓔珞ツツジ」という。枝を折ったりすると、姫の怒りに触れ、たちまち空が曇り、強風や大雨が起きるという。

日照りが続いたとき、ふもとの人々は田貫湖から水藻をとってくる。水藻をとることで池の竜神を怒らせ、雨を降らせるのだ。それでも効果がない場合、水藻を浅間大社御手洗川(神田川)にひたし、神前の狛犬を川に投げ込み、さらに雌雄の竜を作って水につけ、

「天子ヶ岳の黒雲、雨下したまえ」

と唱える。これをいくども繰り返すと、雨が降ったという。成就したら水藻は池に返された。

もし、それでも験のない場合にかぎり、禁忌を犯す。つまり、天子ヶ岳に登り、瓔珞ツツジの枝を折るのだ。『富士山麓伝承の旅』によれば、最近では昭和39年に富士宮市大岩の人々が行い、51ミリの雨をえた記録が残っているという。

風景
富士山
 
畔
 
紅葉
 
紅葉
 
周遊
 
田貫湖
 
水鳥
 
逆さ富士
 
黄葉
 
周遊
 
かも
 
畔
 
ボート
 
太公望
 

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 浪合記、遠江國風土記傳、駿河記、駿河國新風土記、駿河志料、上井出村誌下書、上井出村誌、富士郡村誌、富士郡神社銘鑑、ふるさと上井出村800年誌、季刊わがまち、郷土資料辞典、富士宮と富士山、伝説富士物語、ふじのみやの昔話、富士宮の昔話と伝説、富士山麓伝承の旅、史話と伝説、長者伝説と猪之頭、西富士100の素顔、角川日本地名大辞典
(フォト最終撮影日:平成23年12月4日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。