スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田貫神社

記事本文へ
名称田貫神社
所在静岡県富士宮市猪之頭字長者原2931
主神不詳(尹良親王・田貫次郎、あるいは弾南長者)
創建不詳例祭3月15日(陰暦)
社地200坪神紋十六菊
社格旧無格社神徳不詳
交通JR富士宮駅より北19km 駐車可能
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献

田貫湖伝説の長者をまつる

菊花

富士宮市猪之頭、富士山の雄大なパノラマを望む田貫湖のほとりに鎮座している。田貫湖伝説に登場する「某長者」を祀っていると伝えられ、「長者神社」「長者さん」とも呼ばれている。

昭和63年に社殿改修

祭神は諸説あるが、どれも伝説のたぐいだ。主に「尹良親王、田貫次郎(長者さん)」や「弾南長者」とする説が挙げられ、『上井出村誌』や『富士郡神社銘鑑』(神職会富士郡支部編纂)は、祭神不詳としながらも「尹良親王、田貫次郎」の話を付記している。

一方、立地環境をかんがみれば、田貫湖(往古は沼地)の神(竜神)を祀ったことに端を発する、とも想像できる。田貫湖には金竜や雨乞いの伝説がありながら、それを祀る社はない。あるいは、当社がその役割を担っていたのではないだろうか。

昭和初期の『富士郡神社銘鑑』によれば、当時は境内200坪、雨覆兼拝殿2間×3間、本殿2間×3尺、崇敬者127名の規模。その後、昭和29年ごろ社殿を新築し、同63年3月に改修している(『ふるさと上井出村800年誌』)。

尹良親王

尹良親王は、宗良親王の第2皇子(後醍醐天皇の皇孫)。生年不詳-応永31年(1424)8月15日。ただし、史料的な裏付けは乏しく、実否は不明とされる。

尹良親王の事績を記した書に『浪合記』があり、おおむね次のような話が記されている。

「尹良親王は遠江国飯谷の館で誕生された。母は飯谷井伊介道政の娘。井伊介道政は延元元年(1336)、尹良親王の父・宗良親王を主君と崇め奉り、遠江国へ迎えて旗揚げ、京都の将軍に挑んだことがあった。尹良親王は大和国吉野で元服後、正二位中納言一品征夷大将軍兵部卿となられ、元中3年(1386)8月8日に源姓を受けられた。

応永4年(1397)、新田・小田・世良田・桃井氏や遠江・三河の宮方勢力が相談し、尹良親王を吉野から上野国へ移し奉った。道中、井伊介道政、秋葉の天野民部少輔遠幹など西遠江の兵が守護し、まず駿河国冨士谷の宇津野(富士宮市内野)に移り、田貫の館に入られた。

館の主は田貫次郎という。冨士浅間(富士山本宮浅間大社)の元神主で、職を嫡子左京亮に譲り宇津野に閑居していた。次郎の娘が新田義助の妾だったよしみで宮を迎え入れたのだ。冨士十二郷の者は、新田義助に厚恩を受けており、鈴木越後守正茂、同左京亮正武、井出弾正正弼正房、下方三郎、宇津越中守らが宮のもとへはせ参じた。

宮は翌年春、宇津野を出御され上野国に向われた。途中、鎌倉勢の襲撃にあい、十二郷の兵が柏坂で防戦した。宮は鈴木越後守の館・丸山に入られ――(後略)」

尹良親王は各地を転戦し、応永31年(1424)8月15日、上野国から三河国に向かう途中、信濃国で敵軍(北朝方)に囲まれ自害されたという。

親王の御墓は長野県下伊那郡阿智村浪合にあり、宮内庁管轄となっている。隣には親王を祀る浪合神社が鎮座している。

尹良親王と天子ヶ岳

伝承によれば、親王の訃報を伝え聞いた富士12郷の者たちは悲しみ、天子ヶ岳の頂に祠を建て、親王を祀った。

また田貫次郎に延菊という美しい娘がいて、親王が滞在中、かいがいしく側で仕えていた。訃報を聞いた延菊はふかく嘆き、形見の冠をだいて長者ヶ池(田貫湖)に身を投げた。人々はその心をいじらしく思い、亡がらを親王の祠の隣に埋葬したという。

天子ヶ岳
天子ヶ岳

田貫湖畔に鎮座

神域は田貫湖の北畔。眼前に湖をひかえ、背には鬱そうとした桧林を負う。素朴な社殿のほか、社号標と灯籠、それに狛犬が湖を眺めて座っている。極めて地味なたたずまいではあるが、むしろこのくらいの方が昔話のにおいを感じさせ、雰囲気としてふさわしい。

社殿
神域
社殿

社号標の側面に「彈南長者無一院殿唯日乗大居士 彈南長者無二院妙乗日唯大姉」とある。祭神とされる弾南長者の戒名らしい。また、社殿や灯籠に十六菊をあしらう。同じく祭神とされる尹良親王に由来しているのだろう。(弾南長者=長慶天皇という伝説もある)

蟇股
社殿蟇股

参拝をすませ、神域の写真を撮っていたら、軒下から猫がすがたを見せた。茶地に黒しまの雉猫2匹。親子らしい。わたしを警戒しながらも、ゆったりとした動作で階段を上り、のんびり日向ぼっこ。

( ̄ー ̄ )。oO(いつか狸も見られるかもね・・・)

猫
境内風景
田貫湖
田貫湖
田貫湖
田貫湖
神域遠景
神域遠景
社号標
社号標
灯籠
灯籠
境内
境内風景
社殿
社殿
狛犬
狛犬。平成9年生まれ
千社札
千社札
供物
供物
狛犬
狛犬
猫

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 浪合記、遠江國風土記傳、駿河記、駿河國新風土記、駿河志料、上井出村誌下書、上井出村誌、富士郡村誌、富士郡神社銘鑑、ふるさと上井出村800年誌、季刊わがまち、郷土資料辞典、富士宮と富士山、伝説富士物語、ふじのみやの昔話、富士宮の昔話と伝説、富士山麓伝承の旅、史話と伝説、長者伝説と猪之頭、西富士100の素顔、角川日本地名大辞典
(フォト最終撮影日:平成23年12月4日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。