スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔社寺探訪〕矢川撮影

記事本文へ

平成24年9月8日(土)

朝一、富士市東部で歴史さんぽ。矢川の撮影を目的とし、あとは思いつくままぶらぶらと。

でも、この類の神社祭神はとても複雑。界隈では間竿や測量に用いた丈量の縄、あるいは杓文字を祀ることが多いけれど、その実信州諏訪発祥の神といわれたり、石神とされたり......
  • 探訪リスト
    • おしゃもっさん(江尾)→矢川(船津)→浅間神社(船津)→山神社(荒田島)

今年の大河ドラマは「平清盛」。

清盛自身は、富士地域とさほど関わりのない人。なれど、「平氏」という大枠でとらえれば「富士川の戦い」がある。これは現富士市を舞台とした源平の戦で、わが国の情勢を大きく動かした一大決戦。

これをブログで活用しない手はない。遅ればせながら、ドラマ放映前に伝承地を紹介しておこうと思い立ち、現在、鋭意作業中。

この日は、伝承地のひとつである矢川の写真撮影を第一目的とし、あとは思いつくままぶらぶらと神社をめぐった。

江尾のおしゃもっさん(おしゃごっさん)
おしゃもっさん

まず、富士市江尾で寄り道。根方街道よりやや奥まった路地裏に鎮座している「おしゃもっさん」をお参りした。1坪ほどの土地にごく小さな祠が建てられ、その下から清水が湧き出している。

ここは間竿(検地に用いられた竿)を祀っているとのこと。・・・でも、この類(おしゃもっさん、おしゃごさん、社宮司神社)の祭神はとても複雑なのよね。界隈では間竿や測量に用いた丈量の縄、あるいは杓文字を祀ることが多いけれど、その実信州諏訪発祥の神といわれたり、石神とされたり。

お杓文字奉納
お杓文字

例を挙げると、同市岩本で祀られているおしゃもっさんには「お杓文字」が納められている。歯が痛むとき、そのお杓文字で痛い場所をさすると傷みが治まる、と伝えられている。

また同市横割本町には社宮司神社が鎮座。こちらは江戸期の『駿河記』などに「石神社」「石神祠」と記述され、石神として信仰されていたようすがうかがえる。

矢川
矢川
矢川

おしゃもっさんの次は、目的地の矢川。富士市と沼津市の境そばを流れている小川だ。ここには「富士川の戦いの際、源頼朝が矢を洗った」という、まことにたいそうな伝説がある。

風景的にこれといって特筆すべきところはないが、水は浅く、よく透き通っており、でっかい鯉が這うように泳いでいた。水の清らかさをかんがみれば、よほど水源に近いのかもしれない。

下の写真は矢川で祀られている水神さん。

浅間神社(船津)
旧本殿
新本殿
神木

矢川を辞し、次に向ったのは船津浅間神社(船津字浅間原619)。船津の産土神である。祭神は木花開耶姫命。

ぐるりと境内を見渡すと、本殿が改築されていた(写真中)。いつの間に・・・。去年参拝したときは古い社殿だったのだけど(写真上)。そばに寄ると、新しい木材独特の香りがつよく漂ってきた。

御神木のクス

船津浅間神社のシンボルは、なんといっても御神木のクスノキ。富士市の指定天然記念物。

掲示板によれば樹高30m、目通り4.05m、枝張は東西20m、南北10m。太い主幹をまっすぐ伸ばし、たくさんの葉を茂らせている。樹勢はすこぶる旺盛。

御神木を間近でゆっくりと眺めるべく近くへ寄った。すると、そんなわたしに蚊の大群がわらわらと――。多勢に無勢。あまりの攻勢に心折られ、写真を数枚撮っただけですごすごと退散。無念なり。この時期の神社はこれがきつい(´・д・`)

船津浅間神社をお参りしたのが7時30分ごろ。暑くなってきたし、出社時間(休日出勤・・・)も迫ってきたため、ここで神社めぐりを切り上げ、会社のある吉原へ向うことに。

ただ、そのまま出社するには時間が早い。よって、会社付近で1社参拝することとし、荒田島の山神社を選択。

山神社(荒田島)
社殿

荒田島山神社は、昨年火事で社殿を失い、今春に本殿、今は拝殿を再建中。もう落慶まぢかといったところ。

旧社殿と火事の詳細はこちら。再建している社殿は、おおむね旧観に復する感じのようだ。

晴れて落慶なったら、弊ブログも個別エントリーで紹介しようと思っている。

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。