スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍王神社(三四軒屋)

記事本文へ
名称龍神社りゅうじんじゃ [通称:龍王神社りゅうおうじんじゃ
所在静岡県富士市宮島字三四軒屋1391
祭神八大龍王(大海祇命 上津海祇命 底津海祇命 速秋津彦命 速秋津姫命 水速女命 瀬折津姫命 富士沼宇胡龍神)
創建不詳例祭8月23日
社地20アール社格旧無格社
神徳漁業・海上安全、大漁満足ほか
交通JR富士駅より南へ3.2km、新富士駅より南2km 駐車場無
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献

三四軒屋の氏神

駿河湾に面する三四軒屋に鎮まっている。正しい社名は「龍神社」だが、八大龍王を祀ることから「龍王神社」と呼ばれることが多い。八大龍王は水にまつわる神々で、界隈の漁師たちから漁業安全、大漁満足の社として信仰されてきた。

祭神は水の神・八大龍王

三四軒屋は、宮島字三軒屋と五貫島字四軒屋が昭和15年に合併した区。両区はそれぞれ別の龍神社(龍王神社)を祀っていたが、両社を昭和61年8月10日に合祀し、三四軒屋の氏神とした。現在の境内地は、旧三軒屋龍神社の境内にあたる。

創祀年代は、両社とも詳らかでない。

境内の由緒掲示板は「創建は慶応3年」と明記しているが、その年の棟札に「再建」と書かれていることから、よりさかのぼることは間違いない。もっとも、『駿河記』など江戸期の地誌には載っておらず、ごく小さな祠(あるいは個人持ち)だった可能性が高そうだ。

棟札を詳しくみると、三軒屋龍神社のものが多く残っている。

現存最古は先に触れた慶応3年(1867)の棟札で、神名は「八大龍王子姫宮御所大権現」。威と華を感じさせるいい神名だ。

この棟札には、八大龍王に該当する大海祇命、上津海祇命、底津海祇命、速秋津彦命、速秋津姫命、水速女命、瀬折津姫命、富士沼宇胡龍神も列記されている。八大龍王は仏教系の竜神を祀ったケースが多いものの、ここは幕末には神道系の神を祀っていたらしい。

また、同日付の棟札がもう1枚あり、「宮嶋辨才天 倉稲魂姫命」と書かれている。こちらは相殿に合祀した神で、弁才天は江戸期の地誌に「宮島 弁才天祠」「宮島加島 辨天祠」などと載る。

八大龍王の棟札には「秋山虎之介殿知行所」、弁才天・倉稲魂姫命の棟札には「松浦桂之進知行所」との記述もある。宮島村は旗本秋山氏と松浦氏の相給地だったから、八大龍王と弁才天・倉稲魂姫命はこのころ異なる場所で祀られていたようだ。

下って明治15年、三軒屋龍神社が再建された。同17年の『神社調上申書』を引くと、16坪の境内地に雨覆および本殿を備えただけのささやかな神社だった。ちなみに『神社調上申書』は「竜宮社」という雅やかな名で載せている。

昭和初期の『富士郡神社銘鑑』は「龍神社」と載せ、境内規模は変わらず、崇敬者は145人と付記されている。

駿河湾に面して鎮座

武骨な防潮堤を隠すように松林が生い茂り、その中に細い道が通じている。市道新浜三四軒屋線という。枝葉が日差しをほどよく遮り、舗装路ながらけっこう清々しい雰囲気。その沿線に松林が長方形に切り開かれた一角があり、そこが龍神社の神域だ。

社頭
社頭風景

古い記録に「境内16坪」とあるが、今はそれなりに広く、ゆったりとしたたたずまい。合祀の際、熱意をもって事にあたったに違いない。鳥居をくぐると、整った参道が社殿までのびている。灯篭4対が整然と並び、外に小ぶりな松の植栽が植えられ、ミニ庭園さながらの趣。

境内
境内風景

社殿は平入りの拝殿と流造の本殿で、どちらも華美さはないものの姿がよく、茶系の落ち着いた色で統一されている。ゆえに、周囲の松林へ違和感なく溶け込んでいる。本殿前には狛犬が2対座り、これらも社殿に対してちょうどいい大きさで、総体的に品がいい。

本殿
本殿
狛犬
狛犬
境内風景
駿河湾
三四軒屋の海
市道
市道新浜三四軒屋線
遠景
神域遠景
社号標
社号標と鳥居
道しるべ
かたわらに古い道しるべ
力石
境内に力石
手水舎
手水舎
境内風景
境内風景
狛犬
狛犬
本殿
本殿

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 境内掲示板、駿河記、修訂駿河国新風土記、駿河志料、神社調上申書、富士郡神社銘鑑、富士市の神社、ききょうの里、田子浦の郷土誌、角川日本地名大辞典、日本歴史地名体系
(フォト最終撮影日:平成24年9月15日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。