スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔社寺探訪〕青木巡拝

記事本文へ

平成24年10月20日(土)

しばらく訪ねていなかった富士宮市青木の神社・仏閣を思いつくまま再訪した。

怪訝に思いつつ祠を避けて石段を上がった。すると、この石段が存外きつい。1段の幅が狭く、しかも急で、手すりはついているものの、気をぬけば反りかえりそうで怖い。階下の石祠は、参拝の便......
  • 探訪リスト
    • 妙栄山法典寺→上行山安立寺→八幡宮(下耕地)→十頭森八幡宮→日吉神社(下条)→八幡宮(西ノ山)→林正山妙善寺→八幡宮(明善谷戸)→妙覚山大泉寺

妙栄山法典寺(富士宮市青木)の移転計画を知った。いまのうちに現在のようすを撮影しておこうと思い立ち、法典寺を含めた青木の神社・仏閣を訪ねることにした。

ちなみにこの辺りは日蓮宗強勢につき、日蓮宗寺院と八幡宮ばかりなり。

妙栄山法典寺
法典寺

まずはお目当ての法典寺(日蓮宗/玉沢妙法華寺末)。11時45分。江戸の昔からここで活動してきたお寺だが、現在、市内山本への移転を計画している。

いまの境域は西ノ山のすそにあり、「急傾斜地崩壊危険区域」「土砂災害特別警戒地区」に指定されている。

堂宇はひどく荒れているものの、上記の理由により改築はかなわないため、こたび移転することになったという。(参拝前に移転予定地も見てきたが、まだ着工はされておらず)

上行山安立寺
安立寺

お次は安立寺。法典寺からやや南へ下ったところにある。11時56分。こちらも日蓮宗寺院で、旧本寺は西山本門寺

本堂は元文5年(1737)建立。富丘地区における最も古い建造物とされる。明治期は小学校「新曦舎」の校舎としても用いられていた。

実に5年ぶりの参拝。なれども境内に変化はなく、ほっと一安心。本堂前で一礼し、一通り写真を撮り直し。

八幡宮(下耕地)
八幡宮

続いて安立寺隣の八幡宮を参拝。12時8分。祭神は天照大御神、応神天皇。

口碑いわく、古くは西ノ山2113に鎮座していたが、慶長10年(1605)に遷座してきたという。現在、旧地には大山祇命を祀った石祠が建てられ、「古氏神様」と呼ばれ崇敬されているらしい。

こちらも5年ぶりの参拝。ごくささやかな社だが、青い竹林に抱かれていて、妙に趣がある。

十頭森八幡宮
十頭森八幡宮

八幡宮(下耕地)を辞し、字見崎原鎮座の八幡宮へ。12時19分。こちらは、昔風にいえば青木村の村社にあたる。

江戸後期の諸地誌に「十頭森八幡宮」などと載り、古老はいまでも在地を十頭森(とうどのもり)と呼ぶそうだ。・・・由来は残念ながら知らない。

ここも久々なれど、これといった変化なし。シンボルである社殿屋根の神使(鳩)も健在。なお、手水舎に柿などが沈んでいた。イタズラなのか、はたまた意味(風習など)があるのか。分からないので、そのままにしておいた。

日吉神社(下条)
日吉神社

続いて西ノ山八幡宮にいくつもりだったが、その前に下条日吉神社浅間大社の旧摂社/旧郷社)へ寄り道。翌日が例祭なので、なにかそれらしい景色を撮影できれば、と考えて。12時44分。

思惑通り、まつりの準備は万端といったところ。幟や幕、きれいにならされた土俵などの写真をGET♪。いつか例祭本番の写真も撮りたい。

続いて字西ノ山の八幡宮へ向う。この社は大石寺の参詣に使われた古い道ぞいに鎮座しており、その道の方々には道しるべや道祖神、題目塔が点在している。(写真左の道しるべには「左大石寺道」「右馬見塚村道」とある)

道しるべ 題目塔 道祖神
道しるべ 題目塔 道祖神
八幡宮(西ノ山)
八幡宮

13時3分、西ノ山の八幡宮に到着。祭神は応神天皇。旧社格は無格社。

古くから青木・坂下集落と馬見塚・小屋敷集落によって祀られ、こんにちの氏子は青木12戸、馬見塚12戸だという。

道ばたの鳥居をくぐって暗い林の中の石段を上がると社殿がある・・・のだが、大きな石祠が石段を塞ぐように建っている。祠は今月建てられたばかり。なぜ??。

怪訝に思いつつ祠を避けて石段を上がった。すると、この石段が存外きつい。1段の幅が狭く、しかも急で、手すりはついているものの、気をぬけば反りかえりそうで怖い。

階下の石祠は、参拝の便――石段を上がることができない人のこと――を考えたのかもしれないな、とふと思った。

林正山妙善寺
妙善寺

続いて妙善寺。13時27分。ここもやはり日蓮宗である(身延久遠寺末)。

室町期の永正11年8月、久遠寺13世日伝の弟子林正院日躰が開創したとされる。現在の本堂は昭和56年改築。

境内に市内最大のシダレザクラがある。まぁ、この時期は変哲もない風景なのだけど。寺域はやや小高い場所にあり、視界の開けた駐車場からは富士山を一望できる……はずなのだけど、わたしが参拝するときはいつも雲の中。無念。

八幡宮(明善谷戸)
明善谷戸

お次は字明善谷戸の八幡宮。13時39分。「八幡宮」「須度神社」「須度八幡宮」などと称されているらしい。

西ノ山より遷座した社らしいが、手もとの史料乏しく、また詳しい縁起も伝えられていないことから、「なにも分からない」のが実情。

青木めぐりの最後は、青木寄合の熊野神社を参拝予定だった。しかし、境内に人が大勢いたため、この日は泣く泣く回避。

その後、図書館を経て野中大泉寺へ向うことに。今月27日(土)に行うお会式の詳しいスケジュールが分かれば、と。

妙覚山大泉寺
建設
現在
旧山門
在りし日の山門

大泉寺(日蓮宗)に着いた途端、ひどく驚かされた。山門がない。跡形もなく、それはもう、きれいさっぱりと消えていた。どうやら建て替えらしい。

山門は万治3年(1660)建立で、同寺最古の建造物だった。平成になって本堂は改築されたものの、山門はそのままだったから、てっきり大切に保存していくものと思っていたのだけど…。華やいだ少女のようにかわいい門だっただけに、個人的にはかなり残念。

ま、こうなったら新たな山門に期待。基礎や案内板を見るかぎり、木造の四脚門だろうか。立派な本堂に負けない建築となりそうで、こと景観のつり合いに関しては、旧山門よりも優れそう。

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。