スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔社寺探訪〕増川を歩く

記事本文へ

平成24年11月10日(土)

増川妙蓮寺の法燈継承式を見学し、ついでに増川の神社仏閣を訪ね歩いた。

時計をみると10時30分前。稚児行列は12時30分、法燈継承式は14時からだが、事前に境内のようすを写真に撮りたかったし、周辺社寺も参拝したかったから、早めに到着。本堂や七面堂は幕や幟で飾り付けられ......
  • 探訪リスト
    • 法経山妙蓮寺→八幡宮(増川)→浅間神社(増川)・浅間古墳→圓通山福聚院→法経山妙蓮寺法燈継承式

この日は増川妙蓮寺で「法燈継承式」、岩本実相寺で「お会式」があり、どちらに行こうか悩んだ。結局、法燈継承式はそうそうあるものではないし、また稚児行列に知人の孫が参加することを聞き、増川妙蓮寺を参詣することにした。

岳鉄
境内
太鼓

足は電車を選んだ。吉原の勤め先に車を止め、吉原本町駅から岳南鉄道に乗り込み、終点の岳南江尾駅で降車。そこから歩いて妙蓮寺をめざした。本当はひとつ前の駅で降りた方が近いのだけど、久しぶりの岳鉄だったことから、なんとなく終点まで乗りたくなったのだ。

狭い根方街道を10分ほど歩いて妙蓮寺へ。時計をみると10時30分前。稚児行列は12時30分、法燈継承式は14時からだが、事前に境内のようすを写真に撮りたかったし、周辺社寺も参拝したかったから、早めに到着。

本堂や七面堂は幕や幟で飾り付けられ、境内は僧や役員、檀信徒で賑わっていた。一角には「鮎壺太鼓」の姿もあり、なかなか小気味良い音を響かせていた(長泉町で活動しているらしい)。

写真をほどほどに撮り、どことなくそわそわした境内の雰囲気を味わったところでいったん妙蓮寺を辞し、周辺の社寺めぐりへ。

鳥居
拝殿
墓苑

妙蓮寺墓苑の北辺に鎮座している八幡宮。東増川の産土神。

創祀年月は詳らかでないが、『神社明細書』に寛文2年(1672)再建とあり、他史料を孫引くと同3年の社寺帳に名が記されているらしい。

立地環境から、最初は「妙蓮寺が鎮守として祀ったのか」と想像したけれど、妙蓮寺は延享~寛延年間(1744~50)ごろ神谷から移転してきたから、その線はない(八幡宮の別当は修験大福院だった)。ただ、日蓮系寺院と八幡神はなにかと関わりが深いから、妙蓮寺が移転した際、八幡宮の存在を考慮して場所をきめた可能性はあるかもしれない。

参拝は3年7か月ぶり。ご無沙汰だったが、境内にこれといった変化はみられない(やや木立が薄くなったかな)。ただ、社のすぐ前まで妙蓮寺墓苑が迫っている。おぼろげながら、以前よりも墓石が増えた気がしなくもない。ますます寺の鎮守風なたたずまいになってきた。

遠景
鳥居
社殿

八幡宮の50m後ろに、高速道路が東西に横たわる。古い方の東名だ。これを越えて西へ5分ほど歩いた場所に、浅間神社浅間古墳(国史跡)が茶畑に囲まれて鎮座。西増川の産土神である。

付近一帯は古墳の密集地域で、浅間古墳はそれらの中で最大最古。内部は未発掘のため詳細は明らかになっていないが、4世紀後半~5世紀初頭の築成と推定され、年代・規模から古代珠流河国の王墓と考えられている。

浅間神社は墳上に鎮座している。創祀年月は不明ながら、正當山大福院が増川の産土神として勧請したと伝えられる(『神社明細書』)。大福院については八幡宮項で触れた。

ふと思ったのだけど、古墳上にはなにかしら祀られることが多いだろうか。少なくとも富士地域ではそう。富士市の場合、ぱっと思いつくだけで、浅間古墳、琴平古墳、山の神古墳、伊勢塚古墳、庚申塚古墳、天神塚古墳…。小高い地形が、神仏をまつるにふさわしいのかしら。

本堂
ドラえもん
ピカチュウ
ゴジラとウルトラ

浅間神社の南――東名高速の向かい――に福聚禅院がある。根方街道に面し、東名高速を負っている。本尊は秘仏の準提観音(33年ごと開帳)で、駿河一国観音霊場や駿河・伊豆両国横道観音霊場、富士横道観音霊場などの札所。

ここは石像物の宝庫。

まず街道ぞいに霊場道標や石碑、道祖神、某ネコ像が並ぶ。そこからやや奥まった場所に石段があり、階下で某ネズミ像が参詣者を迎え、上りきったところに江戸期奉納の石仏・巡拝碑が整列。奥に古風な本堂がしずかに建ち、前庭には干支地蔵や羅漢、布袋、宇宙人、怪獣などが所狭しと鎮座。まこと賑々しい。

数百年後、風化したかれら(ネコやネズミ、宇宙人怪獣など)はどう見られるのだろう。固有名詞で認識されるのだろうか。あるいは、路傍の道祖神や地蔵と同じ扱い――信仰対象――になっているかもしれない。ひどく気になる。

神社仏閣めぐりをしていると時おり正体不明な石造物を見つける。もしや、あれはわれわれが知らない、往時の「はやりモノ」を彫ったものだったりして……。

稚児
稚児
記念撮影

詳しくは個別エントリーを参照されたい。 >>法経山妙蓮寺 法燈継承式

以下、メモ書き。

稚児行列/狭い根方街道を歩いた。短距離かつ歩くペースが早かったため、ひどく慌しかった。違う道を通ればもっと美しい行列になったかもしれない。いまさら詮無いけれど、もったいなかった。

法燈継承式/祝辞は貫名県中部宗務所長と伊藤宗務顧問。先月の本照寺法燈継承式と同じ。伊藤宗務顧問の話はユーモアに富み、まことおもしろい。

法燈継承式/妙蓮寺の本尊、『日蓮宗寺院大鑑』や『富士市の仏教寺院』を引くと「一尊四士」となっている。けれど、みたところ「一塔両尊四士」だった。新造したのだろうか。

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。