スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵日山千光寺

記事本文へ
名称千光寺せんこうじ [山号:恵日山]
所在静岡県富士宮市精進川2830
宗派曹洞宗本尊千手千眼観世音菩薩
創建応永年間(1394~1428)開山天外清輪大和尚
本寺青見先照寺寺紋丸に揚羽蝶 五七の桐
備考富士横道観音霊場第7番札所
交通JR西富士宮駅より北7km 駐車場有
  1. 由緒
  2. 境内概要
  3. 写真
  4. 関連リンク・参考文献

本尊は秘仏・千手千眼観音

丸に揚羽蝶
五七の桐

水田と山林のみどりに包まれた精進川・大倉地区で古くから法幢をかかげてきた曹洞禅刹。60年に1度開帳される秘仏の本尊・千手千眼観音像にちなみ、「大倉の観音さん」と親しまれている。

平家の落人伝説

本尊の千手千眼観音は、最澄が唐から持ち帰り、比叡山の補陀落堂に安置した像という。のちに平重盛、維盛父子(重盛は平清盛の嫡男、維盛は嫡孫)の手にわたり、守り本尊として崇められたと伝えられる。

平維盛は、通説では寿永3年(1184)に没した。この年の2月、源氏に追われて都落ちした平氏一門の陣中から離れ、高野山で出家したのち熊野を詣で、3月末、那智の浦で入水したという。

ところが千光寺縁起では、維盛は入水せずに駿河国に落ちた。そこで旧知の僧以典(平貞能)と再会。彼のすすめで富士郡上野に草庵をむすび、千手千眼観音像と高野山で得た毘沙門天像、それに以典所持の地蔵像を安置した――千光寺の草創である。

蝶紋
丸に揚羽蝶

維盛は山ひとつ越えた上稲子に隠棲し、同所で亡くなったという。上稲子の棚田のなかに、「平維盛の墓」が守り伝えられている。また維盛は、精進川から上稲子に至る道ぞいの上柚野延命寺に父重盛の牌を納めたともいう。延命寺は重盛ゆかりの寺であった。

先照寺2世が開山

やがて室町期の応永年間(1394~1428)、青見先照寺2世天外清輪が曹洞宗寺院として開山した。天外清輪は先に触れた上柚野延命寺の開山でもある。その後、武田信玄の駿河侵攻時に兵火で全焼したというが、無事再建を果たして洞家の法幢をかかげてきた。

江戸期の諸地誌は「因智山千光寺」と載せ、『駿河記』は「傳云此観音は小松内大臣平重盛公守本尊にて、初め御堂原と云所にあり。後世此寺に移て本尊とす」と紹介している。山号を改めた時期は知らないが、大正期『上野村誌』ではすでに「恵日山」だった。

寺の規模は、明治中期『皇國地誌』が「東西56間 南北120間 面積1町9反17歩」と所載。このころは広い寺域だったことが分かる。

江戸期の石地蔵・石神のこる

ところは精進川の大倉地区。芝川にかかる観音橋の西詰めに、千光寺の伽藍は建っている。寺は濃い山林を負い、一帯は見渡すかぎり水田と山林のみどり。いわゆる典型的な田舎風景だ。門前の道は県道だが、それすら交通量はまばらで、まことのどかな里である。

水田風景
門前風景

寺域を隔てる塀や垣根などはなく、赤い屋根が印象的な山門と本堂が、密な山林を負って建っているのみ。開放的なたたずまいだ。山門に入ると、古く小さな仁王さんが1対、寺を護っている。仁王像を有する寺は、富士地域では割とめずらしい。

山門を抜けると短い石段が設けられ、中ほどに石造物がならぶ。左手に姿のよい六地蔵(文化2年)、右手に庚申塔2基と石祠。ことに青面金剛が彫られた庚申塔は延宝8年製と古く、像容は一面二臂、上に日月、下には二猿。損傷激しいが、秀逸な石造物である。

仁王
仁王像
六地蔵
文化2年(1805)の六地蔵

本堂は古びた入母屋造。昭和7年以前の建築だという。なるほど、風雨に打たれた木肌は干し柿のように浅黒く染まり、経た月日の長さを感じさせる。兎の毛通しにカラフルな鳳凰の彫刻があり、扉ガラスには揚羽蝶の紋があしらわれていた。揚羽蝶は平氏ゆかりの紋。

本堂
本堂
境内風景
観音橋
観音橋から見下ろす芝川
寺号
寺号標と境内
戒壇石
文化4年(1807)の戒壇石
仁王門
仁王門
仁王
仁王
仁王像
仁王
参道
境内風景
庚申塔
延宝8年(1680)の庚申塔(中)
羅漢
羅漢たち
もろもろ
もろもろ

より大きな写真で スライドショー を表示
写真一覧 を表示
参考文献 廣國山先照寺縁起、駿河記、駿河国新風土記、駿河志料、皇國地誌、上野村誌、富士宮市の伝統建築、富士横道観音霊場を巡る、角川日本地名大辞典、日本歴史地名体系
(フォト最終撮影日:平成24年9月1日)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。