スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山世界文化遺産の構成資産神社

記事本文へ

ユネスコの諮問機関イコモスが先ごろ、富士山を世界文化遺産に登録するよう勧告した。これにより、6月の世界遺産委員会で富士山の遺産登録が正式決定される見通しとなった。

この機会に、富士山の世界文化遺産「構成資産」となっている浅間神社をまとめた。

  1. 浅間神社の沿革
  2. 浅間神社の分布
  3. 富士山・世界文化遺産の構成資産神社
  4. 関連リンク・参考文献
浅間神社の沿革

わが国が世界に誇る富士山は、古くから神聖視された存在だった。この霊峰を「神」と崇める信仰を浅間信仰(富士信仰)といい、その神を祀る社を「浅間神社」という。お膝元の駿河・甲斐両国には、総本宮の富士山本宮浅間大社を筆頭に多くの浅間神社が鎮座している。

浅間神社の史料上の初見は『文徳実録』。仁寿3年(853)7月5日条に「駿河国浅間神預於名神」とあり、駿河国浅間神、つまり富士山本宮浅間大社が名神(特に霊験が著しい神に対する称号)に列している。さらに直後の13日条に「特加駿河国浅間大神従三位」とあり、富士山本宮浅間大社は従三位を授けられた。

続いて『三代実録』の貞観元年(859)条で正三位へ昇叙し、貞観6年(864)の富士山噴火の項では、「富士郡正三位浅間大神大山火」「駿河国大山。惣有暴火」と載っている。これらの記述から察するに当時、富士山は駿河国に属すると認識され、それを鎮める官社として富士山本宮浅間大社が祀られていたようだ。

富士山本宮浅間大社

翌年の貞観7年(865)になると、甲斐国にも浅間明神が祀られた。経緯は『三代実録』に詳しく、概略すると貞観6年の富士山大噴火の原因を占ったところ「富士山本宮浅間大社の祢宜や祝(神職の名)の斎敬怠慢のせい!o(*≧д≦)o」とでたため、甲斐国にも浅間神社を建てて祀ることになった――と述べられている。

この時、八代郡と山梨郡に1社ずつ祀られた。該当社と目されるのは河口浅間一宮浅間などである。いわば北口における根本社といえ、河口浅間は明治以前、「富士山北口本宮極位浅間神社」「富士山北室本宮」などと称した。延喜式では「駿河国富士郡浅間神社(=浅間大社)」と「甲斐国八代郡浅間神社」が名神大社に列している。

河口浅間神社

甲斐国に2社祀られたのは、まず富士山そば(八代郡)に1社祀って山霊をなだめ、さらに国府そば(山梨郡)にもう1社祀って万全を期したのだろう。駿河国においても延喜元年(901)、醍醐天皇勅願により富士山本宮浅間大社の分霊が国府に祀られ(富士新宮=静岡浅間神社)、爾来代々の国司があつく尊崇していた。

下って平安末期ごろになると、富士山は遥拝だけでなく、登拝対象にもなった。修験者や修行僧たちによって各地に登山道が開かれ、その起点に浅間神社が祀られていった。村山口の村山浅間神社、須山口の須山浅間神社、須走口の冨士浅間神社、吉田口の冨士御室浅間神社北口本宮冨士浅間神社などである。

北口本宮冨士浅間神社

また官や宗教家以外の、富士山を日々遥拝している一般人の間にも浅間信仰は浸透し、人々は産土神としてこれを各郷に祀った。やがて時代が下るにつれ浅間信仰は全国へ広まり、室町期ごろには盛んに富士登拝が行われていたという。ことに江戸期、関東圏で富士講が大流行すると、浅間神社は数多く祀られるようになった。

浅間神社の分布

昭和初期の『浅間神社の歴史』によれば、全国の浅間神社は1,316社で、畿内3、東海道943、東山道345、北陸道3、山陰道4、山陽道1、南海道1、西海道14、北海道2。

1位の東海道は全国総数の7割2分に及び、2位の東山道は2割6分余りを占め、この2街道で全体の9割8分に達している。

東海道を都道府県別にみると、三重25、愛知57、静岡150、山梨66、神奈川33、東京60、埼玉185、千葉257、茨城109。意外なことに1位は千葉、2位は埼玉となり、静岡、山梨は3位と5位。

一方、これらを郷社以上に絞ると、三重0、愛知1(郷1)、静岡12(官国2、県2、郷8)、山梨7(官国1、県3、郷3)、神奈川0、東京2(郷2)、埼玉0、千葉0、茨城0となる。社格の高い神社は、そのほとんどが静岡・山梨両県に鎮座している。

つまり、富士山のお膝元たる静岡・山梨両県は古社を抱えているため、自然と社格の高い神社が多い。一方、神奈川・東京・埼玉・千葉・茨城などの浅間神社は、そのほとんどが江戸期の富士講流行で祀られた。これらは歴史浅く小規模なため、社格はふるわないが、爆発的に数を増やしたことがうかがえる。

富士山・世界文化遺産の構成資産神社

富士山の世界文化遺産「構成資産」となっている浅間神社は次の各社。「山頂の信仰遺跡」をのぞく9社は富士の裾野に鎮座しており、お山をぐるりと周るかたちで巡拝できる。車ならちょうど1日くらい。

【御朱印メモ】富士山本宮浅間大社、冨士浅間神社(須走浅間)、冨士御室浅間神社、北口本宮冨士浅間神社は神職常駐でほぼいただける。河口浅間神社は時おり。山宮、村山、人穴、須山はさほど望めず。御朱印帳は富士山本宮浅間大社、冨士浅間神社(須走浅間)、北口本宮冨士浅間神社にあったと記憶。

朱印帳 北口 河口
名称 所在地
山頂の信仰遺跡 富士山山頂(浅間大社奥宮、久須志神社)
富士山本宮浅間大社 静岡県富士宮市宮町1-1
山宮浅間神社 静岡県富士宮市山宮740
村山浅間神社 静岡県富士宮市村山1151
人穴富士講遺跡 静岡県富士宮市人穴529(人穴浅間神社)
須山浅間神社 静岡県裾野市須山722
冨士浅間神社 静岡県駿東郡小山町須走126
河口浅間神社 山梨県南都留郡富士河口湖町河口1
冨士御室浅間神社 山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3951、3953
北口本宮冨士浅間神社 山梨県富士吉田市上吉田5558

より大きな地図で 富士山・世界文化遺産の構成資産神社 を表示
富士山本宮浅間大社

浅間神社の総本宮。富士山を神体山とし、山頂に奥宮が鎮座。太古、富士山麓で創祀され、山宮を経て大同元年(806)に現在地へ遷座。朝廷・武家から崇敬され、現社殿は徳川家康の再建。◆所在地/静岡県富士宮市宮町1-1。主祭神/浅間大神。社格/式内社、駿河国一宮、旧官幣大社。 【個別エントリー】

【✓】本殿(浅間造/国重文)、他社殿(県文)、湧玉池(国天然)

浅間大社
山宮浅間神社

浅間大社の旧鎮座地。同社の「神跡」として尊重され、以前は年2度、本宮から祭神が里帰りする御神幸が行なわれた。本殿を備えず、遥拝所から神奈備たる富士山を仰ぎ、祭祀を行なう古い形態。◆所在地/静岡県富士宮市山宮字宮内740。主祭神/木花之佐久夜毘売命。旧社格/村社。 【個別エントリー】

【✓】遥拝所、榊の古木、鉾立石

山宮
村山浅間神社

富士山表口の旧登山道・村山口に鎮座し、「富士根本宮」と号する。江戸期まで表口登山道と山頂大日堂およびその付属地を支配した富士山興法寺(本山派修験)の主要堂社のひとつ。神仏分離により神道へ復した。◆所在地/静岡県富士宮市村山1151。主祭神/木花之佐久夜毘賣命。旧社格/県社。 【個別エントリー】

【✓】杉(御神木/県天然)、所蔵仏像(市文)、碑伝

村山
人穴富士講遺跡(人穴浅間神社)

富士山西麓の溶岩洞穴「人穴」にあり、通称人穴浅間神社。富士講の始祖・長谷川角行が修行滞在し、正保3年(1546)当地で入寂。以降、富士講の聖地とされ、「西の浄土」と呼ばれた。境内に富士講の碑塔が林立している。◆所在地/静岡県富士宮市人穴529。主祭神/木花佐久夜毘賣命。旧社格/村社。

【✓】人穴、富士講碑

人穴
人穴富士講遺跡(人穴浅間神社)
須山浅間神社

須山口の起点に鎮座し、「南口下宮」と号する。景行天皇御代(71~130)日本武尊が奇瑞により創祀。欽明天皇13年(552)に再興、天元4年(961)に修理されたとする。戦国期は武田氏、江戸期は小田原藩が崇敬。◆所在地/静岡県裾野市須山722。主祭神/木花開耶姫命。旧社格/郷社。 【個別エントリー】

【✓】杉の社叢(御神木/市天然)

須山
冨士浅間神社(須走浅間神社)

須走口の基点にあり、「東口本宮」と号する。社伝によると、延暦21年(802)富士山噴火時に鎮火祭事が行われた跡地に、大同2年(807)社殿が造営された。一方、江戸期は空海開闢と称し、「弘法寺浅間宮」とも号した。◆所在地/静岡県駿東郡小山町須走126。主祭神/木花開耶姫命。旧社格/県社。 【個別エントリー】

【✓】社殿(町文)、ハルニレ(県天然)、根上がりモミ(町天然)

須走
河口浅間神社

『三代実録』で官社に列した「浅間明神祠」および『延喜式』所載「浅間神社」の論社。歴代領主から信奉され、江戸期は将軍家祈祷所に。周辺に100軒をこす御師坊が連なり、富士登拝の拠点として賑わった。◆所在地/山梨県南都留郡富士河口湖町河口1。主祭神/浅間大神。社格/式内論社、旧県社。 【個別エントリー】

【✓】参道の杉並木(町天然)、七本杉(県天然)、本殿(町文)

河口
冨士御室浅間神社

富士山2合目に本宮、河口湖畔に里宮が鎮座。本宮は文武天皇3年(699)、里宮は天徳2年(958)創建と伝える。戦国期は「御室」「富士山北室」などと称し、武田氏歴代から祈願所として厚遇された。◆所在地/山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3951、3953。主祭神/木花咲耶姫命。旧社格/県社。 【個別エントリー】

【✓】本宮本殿(国重文)

御室
北口本宮冨士浅間神社

北口(吉田口)の起点にあり、富士講から崇敬された。社記曰く日本武尊が富士山を遥拝して大鳥居を建て、後里人が小祠を建てた。他方『甲斐国志』は二合目の冨士御室浅間から勧請したと紹介。◆所在地/山梨県富士吉田市上吉田5558。主祭神/木花開耶姫命・瓊々杵命・大山祇神。旧社格/県社。 【個別エントリー】

【✓】東宮本殿 西宮本殿 本殿(国重文)、太郎杉(県天然)

北口

須山浅間のエントリーブラッシュアップ、人穴浅間の新規掲載も計画中。…たぶん、いやきっと。

あと、構成資産から漏れている名社の特集もやりたいなぁ。静岡浅間や富知六所浅間、一宮浅間や小室浅間などなど。もったいないよなぁ。

参考文献 各社頁と同じ
(フォト最終撮影日:各社頁と同じ)
ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。