スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三保 御穂神社

本殿
〈市文の本殿〉
名 称
御穂神社
所 在
静岡県静岡市清水区三保1073
主 神
大己貴命(三穂津彦命) 三穂津姫命
創 建
不詳
祭 礼
筒粥祭:2月14~15日 例大祭:11月1日
敷 地
5,000坪
神 紋
子持剣花菱
社 格
式内社(小) 駿河国三宮 旧県社
備 考
糸巻太刀(重文)、本殿附棟札2枚 狛犬1対 御簾2張(市文)

景勝地・三保の産土神

社頭
社頭風景

白砂青松を絵に描いたような名勝「三保の松原」。かつては三保半島全体のことを指し、万葉のころから数多くの和歌・俳句に詠まれてきた景勝地である。この地に、祭神・大己貴命と御穂津姫命が降りたったのは上代のこと。新婚旅行で訪れ、200mほど離れた「天神の森」に鎮座した。これが当社の起こりだという。

『三代実録』に「御廬神」とみえ、延喜式神名帳に「御穂神社」、当国神名帳では「従二位三保明神」とある。中世以降は「三保大明神」と称され、諸武将から崇敬された。徳川家康は慶長年間(1596~1615)に壮大な社殿を再建、神領も寄進している。江戸期は朱印高106石、除地371石余のほか、海上1里を領有して漁獲高の7分の1を神領としていた。

神の道
松並木の参道「神の道」

600mほど離れた海岸で枝をひろげるクロマツは、世阿弥の謡曲で有名な「羽衣の松」。祭神はこの老松に降臨し、当社へつづく風雅な松並木「神の道」をとおって鎮座する。その社殿は江戸中期の造営。家康再建の社殿が焼失ののち仮宮として建てたもので、広葉樹に囲まれ、松景色とは異なった趣のたたずまい。

祭礼は、伝統芸能の巫女舞「羽衣の舞」が奉納される例大祭のほか、2月14日深夜から15日未明にかけて行われる「筒粥祭」が有名。大釜で米と竹筒を炊き上げ、竹筒のなかに入った粥の量で、その年の農業・漁業の吉凶を占うもの。創建以来つづくとされる、古式ゆかしい伝統神事である。また、宝物として糸巻の太刀(重文)や、天女羽衣の欠けら「羽衣の裂」などを所蔵している。

舞殿 拝殿
拝殿前の舞殿。屋根に三葉葵紋 木造入母屋造りの拝殿
狛犬 狛犬 灯籠
本殿手前の狛犬 舞殿前の灯籠
灯籠 灯籠 灯籠
表参道の灯籠
風化し刻字は読めず
表参道の灯籠
天保7年(1836)
裏参道の灯籠
弘化3年(1646)

境内社および神馬

境内社は9社。境内左手に子安神社と神明社・八幡神社・八雲神社合殿、右手に磯前神社・呉服之神社・産霊神社・胡夫大夫神社・稲荷神社合殿がある。また、5社合殿の隣りでは、神馬をまつっている。

◆子安神社=祭神:須佐之男命、稲田姫命。木造明神鳥居のうしろに流造りの社殿。底に穴をあけた柄杓を奉納し、「水がつかえないような楽なお産を」との安産祈願が盛ん。◆神明社・八幡神社・八雲神社合殿=神明社祭神:天照大神、八幡神社祭神:応神天皇、八雲神社祭神:須佐之男命。三間社神明造り、外削ぎ千木。

◆磯前神社・呉服之神社・産霊神社・胡夫大夫神社・稲荷神社合殿=磯前神社祭神:少彦名神、呉服之神社祭神:長白羽命、産霊神社祭神:高皇産霊神・神皇産霊神、胡夫大夫神社祭神:事代主命、稲荷神社祭神:宇迦之御魂神・大宮姫命・大田命。

◆神馬像。安永2年(1773)の駿府大火のおり、静岡浅間神社から2頭の神馬が逃げ延びてきた。1頭は浅間神社へもどり、のこった1頭をまつっている。北原白秋作詞の民謡「ちゃっきり節」の第2節に、「賎や賎機、浅間さまの、しろいお馬よ、三保へお馬よ、なぜ逃げた」と謡われている。

合殿 合殿
3社合殿 5社合殿
子安 神馬 神馬
子安神社 大火から逃げのびてきた神馬をまつる

由来端緒

創建年代は定かでないが、延喜式神名帳の駿河國廬原郡3座のうち「御穂神社」に比定される古社で、駿河国三宮。もとは200mほど離れた「天神の森」に鎮座していたが、大永2年(1522)10月に細川弾正忠孝範の兵火にかかり、現在地に遷座している。

享保6年(1721)に静岡浅間神社神主・志貴真澄が記した『三穂社記』は、大己貴命(三穂津彦命)と御穂津姫命が羽車にのって新婚旅行に三保を訪れ、天神の森に鎮座したことが起こりだとする。当社から700mほど離れた「羽衣の松」は、海の彼方から訪れる祭神が降臨する憑代であり、そこから「神の道」と称される松並木をとおって当社へ鎮座する仕組み。そのほか、島根県松江市美保関町の三保神社より遷座したとか、勅を奉った日本武尊が社領を寄進して駿河三宮とした、または富士山の神となった日本武尊の御子の神命によって社を建立した、などの伝承もある。

『三代実録』によると、貞観7年(865)に従五位下から従五位上、元慶3年(879)に正五位下へ陞叙しており、駿河国神名帳には「従二位三保明神」とみえる。中世から近世にかけては「三保大明神」と称され、今川・武田・豊臣・徳川など諸武家に崇敬された。天正5年(1577)、武田氏は太田喜三郎を神主職に補任し、大明神御供免松原浦などを安堵したほか、三保浦船3艘分の諸役を免除。徳川家康は慶長年間(1596~1615)、三保・折戸・別府3村から神領を寄進し、壮大な社殿を再建した。この社殿は寛文8年に落雷で焼失、のちに仮殿として建てられたのが現在の社殿である。江戸期は朱印高106石、除地高271石4斗1升5合。明治6年に郷社、同31年に県社へ昇格。

参考文献 由緒掲示板、公式リーフレット、静岡縣神社志、日本社寺大觀神社篇、全国神社名鑑、東海道名所図会、駿國雑志、日本歴史地名体系、角川日本地名大辞典
(フォト撮影日:平成17年3月4日、18年6月3日、19年5月12日)

トラックバック

URL :

ブログ内検索
エントリーリスト
最新のエントリー
富士地域 神社・仏閣名鑑


参加中
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
特集ぺーじ
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
富士横道観音霊場 浅間御子
三股淵 田貫湖
備忘録
過去ログ

2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【3件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【11件】
2012年 12月 【8件】
2012年 11月 【12件】
2012年 10月 【16件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【8件】
2012年 05月 【1件】
2012年 03月 【1件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【11件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【3件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【8件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【3件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【5件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【8件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【6件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【10件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【8件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【9件】
2008年 11月 【14件】
2008年 10月 【13件】
2008年 09月 【16件】
2008年 08月 【11件】
2008年 07月 【11件】
2008年 06月 【12件】
2008年 05月 【9件】
2008年 04月 【12件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【8件】
2007年 10月 【10件】
2007年 09月 【8件】
2007年 08月 【9件】
2007年 07月 【8件】
2007年 06月 【8件】
2007年 05月 【8件】
2007年 04月 【14件】
2007年 03月 【91件】

リンクサイト
プロフィール
Author:やそば

  • 富士地域(静岡県富士市、富士宮市)の神社仏閣メグラーです。身近な歴史遺産たる「神社仏閣」を介し、郷土の歴史を掘り下げています。
    富士おさんぽ見聞録
    備忘録
    twitter (bot
    画像倉庫
  • 文章・写真などの無断転載を禁じます(必要でしたらご一報ください)。出典を明らかにした上であれば、引用は構いません。
  • お問い合わせは以下からお願いします。
    メールフォーム
    twitter
Twitterもやっています
 
富士山 岳鉄でめぐる神社仏閣
富士横道観音霊場 浅間御子
村山大日堂と富士山興法寺 富士山東泉院と下方五社
三股淵 田貫湖
備忘録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。